特集 特集

iPhone初のOLEDディスプレイを採用

[Display]革新的テクノロジーを集約した最強のディスプレイ

より鮮明に、色鮮やかに

iPhone Xの「スーパーレティナHDディスプレイ」には、iPhoneシリーズで初めてのOLED(有機EL)ディスプレイが採用されています。OLEDディスプレイは従来のiPhoneのレティナディスプレイに採用されているLCD(液晶)ディスプレイとはまったく異なる特性を持ち、アップル製品ではアップルウォッチシリーズで初めて採用されました。

従来のLCDディスプレイは、LED光源を用いたバックライトパネルの上にカラーフィルタを取り付けた液晶パネルを重ね合わせた構造になっています。つまり、スクリーン全面のバックライトからの白色光源を液晶パネルの各ピクセルの光の透過率をコントロールすることで、目的の色を表現する仕組みになっています。

これに対して、スーパーレティナディスプレイのOLEDディスプレイでは各ピクセル(有機ELセル)そのものが自ら光を放ち、その光がカラーフィルタを通して直接ユーザの眼に届く仕組みです。このため、常にバックライトが発光しているLCDディスプレイとは異なり、自己発光デバイスであるOLEDディスプレイでは画面上の黒い部分はまったく光を放たないため、その部分の消費電力はほとんどゼロに近く、バッテリ駆動時間を延ばせるのが大きな特徴です。

 

OLEDディスプレイを採用

5c18af6bfbb0c79043ccde020cc64192.jpg

iPhone XのSuper Retina HDディスプレイにはiPhone初のOLEDディスプレイが採用されており、これによってiPhoneのフロントパネルサイズいっぱいをスクリーンとすることに成功しています。

 

エッジ部分に注目

a769669acfd325ebdba008d218cefba8.jpg

iPhone Xにはしなやかなフレキシブル基板を用いたOLEDディスプレイが採用されており、フロントガラスの局面に沿うようにエッジ部分の表示エリアが折り曲げられています。

 

8 Plusを超えるディスプレイサイズ

6b362343e4e2227ab3b2fbd7eeb578f2.jpg

iPhone Xの外形サイズはiPhone 8よりわずかに大きいサイズに関わらず、同モデルのSuper Retina HDディスプレイは一回り大きなiPhone 8 Plusの5.5インチを上回る、5.8インチのディスプレイサイズを実現しています。

 

ピクセル自体が発光

c7b9401e66bfccf1157f6b917389814a.jpg

a3f97da26d9cba7a8628ce5a0bc7328e.jpg

Super Retina HDディスプレイに採用されているOLEDディスプレイは、従来のRetinaディスプレイが採用するLCDディスプレイとは異なり、ピクセルそのものが発光することで表示を実現する方式のため、構造がシンプルで薄型化に適しています。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

[Design]iPhoneの“未来”がここから始まる

<<

「iPhone Xの全貌」の目次