特集 特集

オールスクリーン&ガラス素材採用でデザインを一新!

[Design]iPhoneの“未来”がここから始まる

iPhoneが向かう先

iPhone 8/8プラスがこの10年間のiPhoneの集大成だとしたら、iPhone XはこれからのiPhoneが向かう先を指し示す、まったく新しい創造物です。

本体の隅々にまで広がったオールスクリーンの5.8インチディスプレイはどこまでも滑らかで、両面が美しさと強さを兼ね備えた耐久性のあるガラス素材を採用しています。ホームボタンすら取り除かれたディスプレイは、シンプルになったぶん上部にある黒いタブのような切り込み部分が目を引きます。ここは「センサハウジング」と呼ばれる部分で、フロントカメラをはじめ各種のセンサが集約されています。具体的な機能については後述しますが、iPhone X以降のシリーズではこの部分が外観上の特徴となることでしょう。

デバイス全体が1つのディスプレイとなったiPhone Xですが、これを実現するために専用設計のOLED(有機EL)スクリーンを採用しています。このOLEDは従来の液晶ディスプレイと異なりバックライトを必要とせず、1つ1つのピクセルが自ら発光します。そのためスクリーン自体を薄型化して折り曲げることも可能で、四隅の曲面部分にまで表示エリアが行き渡っています。さらに、光源となるRGB各色をサブピクセルアンチエイリアスという処理で解像感を高め、歪みの少ない表示を可能としています。

このような、これまでに例を見ない新しいディスプレイの表示性能を引き出すには、アプリ側のレイアウトも最適化する必要があります。オールスクリーン対応アプリの普及が期待されるところです。

 

オールスクリーンを採用

  • a426fd1942c74b4ae12ec5e055077327.jpg

iPhone Xは、5.8インチのオールスクリーンディスプレイというこれまでのiPhoneとは一線を画したデザインを採用。前面と背面はいずれも耐久性のあるガラス素材で挟まれ、本体色はシルバーとスペースグレイの2種類となっています。特にスペースグレイ仕上げはステンレススチール製フレームとガラスの色がなじむように物理蒸着処理が施されています。また、サイズは高さ143.6ミリ、幅70.9ミリ、厚さ7.7ミリとiPhone 8 PlusとiPhone 8の中間のような大きさ。重量も174グラムとiPhone 8 Plusよりも軽いのが特徴です。

 

滑らかに曲がるディスプレイ

  • fa1a44c2ef5513a0ad20e5e70a680ea1.jpg

側面から見るとディスプレイはデバイスの曲面に沿って、丸いコーナー部分へと滑らかに連続しています。周囲は医療グレードのステンレススチール製のバンドで継ぎ目なく囲まれ、強度を確保しています。

 

OLEDパネルを採用

  • 20de5a93884051d0f079f20461d49aff.jpg
  • 83cb2598d1c9874538a167b8c518aec6.jpg

ディスプレイの四隅は丸みを帯び、スクリーンはその先端にまで隙間なく広がっています。これは折り曲げが可能なOLEDパネルの採用によって初めて実現しました。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

iPhone Xの全貌
顔認証、OLEDディスプレイ、ワイヤレス充電…、新テクノロジー満載の次世代スマホを先取り解説

<<

「iPhone Xの全貌」の目次