特集 特集

スタジオ並みのポートレート撮影が可能になった

[Camera]2つのカメラの機能を「再発明」

望遠側にも手ぶれ補正

すでに完成の域に達したと思われたiPhoneカメラですが、iPhone Xではさらなる高みを目指したテクノロジーが多数搭載されています。

まず、背面カメラはiPhone 8プラスと同じく広角レンズと望遠レンズを組み合わせた1200万画素のデュアルカメラですが、内部設計が大幅に見直されて光学式手ぶれ補正が望遠側にも搭載されています。さらに、レンズの明るさも望遠側をf2.4としたことで、遠くを撮影する際にも手ぶれや補正ノイズが発生しにくくなっています。さらにそれぞれのカメラが広色域への対応や正確な露出補正など各種の自動補正機能を備え、被写体の要素を自動的に検出することでシャッターボタンを押す前に設定を最適化できるという驚きの機能を持ちます。また、2つのレンズは従来の横配置ではなく縦配置となり、横向きのランドスケープモードでもレンズに指がかかりにくくなっているのも細かな改良点です。

 

望遠側にも手ぶれ補正

  • e4929c58cee7e0880e99b621b9c22729.jpg

背面のデュアル12メガピクセルカメラは、画素数こそ据え置きですが、光学式手ぶれ補正(OIS)を広角側だけでなく望遠側にも搭載しました。レンズの明るさも広角側はf1.8ですが、望遠側がf2.8からf2.4へとスペックアップしています。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

[Display]革新的テクノロジーを集約した最強のディスプレイ

<<

「iPhone Xの全貌」の目次