特集 特集

新しいiPhoneに確実にデータを移行するためにはどうすればいい?

文●中村朝美編集部写真●黒田彰

新しいiPhoneを買ったら、まず行うのがデータ移行。バックアップ方法から、丁寧に手順を見ていきましょう。

環境をそのまま移行したい

新しいiPhoneを買ったら、まず行いたいのが前に使っていたiPhoneの環境の引き継ぎ、いわゆるデータ移行ですよね。

データ移行の前に当然必要になるのが、前環境のデータのバックアップです。バックアップ方法は2種類。iiPhone上で行えるアイクラウドを使った方法と、MacやウィンドウズPCを使った、iTunesでのバックアップ方法です。自分のやりやすい方法を選んで、確実にバックアップを取りましょう。

また、データ移行前に確認したいのが、LINEなどのコミュニケーションアプリや、ソーシャルゲームの引き継ぎ設定です。引き継ぎ設定を行っておらず、データ移行をしたけどアプリが使えない、というのはよくあるトラブルですので、頻繁に使うアプリほど、移行前に確認することをおすすめします。

ここまで準備を進めたら、データ移行の準備をしましょう。バックアップ同様に、データ移行もiPhone上で行えるアイクラウドを使った方法とMacやウィンドウズPCを使った、iTunesでのデータ移行方法の2種類があります。それぞれのメリットを理解して、確実にデータ移行を完了させましょう。ちなみに、アンドロイドユーザもiPhoneへの移行は簡単ですので、ご安心を。

 

 

 

iCloudでバックアップ

 

iPhone上で完了

アイクラウドを使ったバックアップは、iPhone上で完結させることができるため、とても手軽に行うことができます。注意点は、iPhoneをWi-Fiに接続した状態で行う必要があること。また、iPhoneに保存されているデータの容量が契約してあるアイクラウドの空き容量よりも多い場合は、すべてのデータをバックアップすることができないという2点です。

アイクラウドの容量が足りない場合は、アイクラウドの容量を増やすか、アイクラウド内のデータを整理するか、バックアップを取りたいiPhone自体のデータを整理するなどして、空きを作る必要があります。ちなみに、これらはすべて「設定」アプリ上で行うことができます。

また、事前に設定さえしておくことで、iPhoneが充電中である、iPhoneがロックされている、Wi-Fiに接続されている、アイクラウドに必要な空き容量がある、この条件を満たせば、アイクラウドに自動的にバックアップが作成されます。

 

アイクラウドでバックアップ作成

 

(1)アイクラウドの設定

  • 570bee754dbe0f1b4f49c7aea7bd89ba.jpg

「設定」アプリの[iCloud]→[バックアップ]をタップし、[iCloudバックアップ]をオンにします。確認ダイアログに答えましょう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

前のページへ

余ったiPhoneをより高く1円でもおトクに売るには?
新しいiPhoneを購入したあと、これまで使っていたデバイスはどうしましょうか? ベストな売却方法を考えてみましょう。

<<

「iPhone 7/7 Plusパーフェクト購入ガイド」の目次