WD Online

特集一覧 Web Designing 2018年8月号

自社の力で編み上げた新卒採用サイト 入社1年目の社員をプロジェクトリーダーに抜擢

自社の求人・採用サイトをつくるとき、Web制作会社に頼りっぱなしにしている企業は多いはずだ。しかし、自分たちが望む人材を本気で集めたいと思うなら、自ら内容を考え、自ら構築していくのが一番の近道ではないだろうか。

SBI証券

パートナーシップにより社内にデザイン組織をつくる

自社の採用サイトづくりを、Web制作会社に丸投げしていないだろうか? 確かに経験豊富なWeb制作会社なら採用サイトづくりの引き出しも多く、簡単なヒアリングだけでもツボを押さえたものが出来上がるだろう。しかし、そのプロセスでできた求人サイトで、企業の本当に望む人材が集まるだろうか。

企業が求める人材を集めるには、自分たちがどんな会社か、どんな人材を求めているのかをハッキリと伝える必要がある。採用サイトづくりでは、企業がその点を主体的に考えて制作会社に伝えることが望ましいが、企業の日常業務に携わっていない制作会社とのやり取りでは、話の齟齬や思いの温度差が生じてしまう懸念もある。一番良いのは、企業の理念や思いを社員自らが採用サイトに込めていくことではないだろうか。

もちろん、デザイン会社ではない一般の企業がWebサイトをつくり上げるのは、実際にはなかなか難しい。しかし、SBI証券の新卒採用サイトは、社内の社員が、しかも昨年入社したばかりの新入社員が制作の指揮に当たったという。そして、そんな採用サイトづくりのウルトラCをやってのけた背後には、UI/UXに特化したデザイン会社、グッドパッチとのパートナーシップがあった。

 

限られた時間の中で成果を出していく

話は、今年の新卒採用サイトが出来上がる数年前に遡る。前職も金融業界でマーケティングを担当していた阿部佳明さんは、3年前、SBI証券に入社する際に、「UXの共通化」という課題を託された。

「SBI証券には複数の金融商品・サービスが存在していますが、それまでは部門ごとに縦割りで開発が行われていたためデザインが共通化されていなかったのです。そこにUXデザインという『横串』を通してほしいと伝えられました」

阿部さんは、当時のデザイン担当と話し合いを重ねながらUXの共通化を図ろうとしたが、なかなか思うようにいかなかったという。悶々とする時間ばかりが過ぎていったが、そんな状況の中で出会ったのが、UXデザイン会社のグッドパッチだった。

阿部さんは、グッドパッチに協力を仰ぎながら、社内にUXデザイン組織をつくり上げたいと考えた。グッドパッチ側も「SBI証券にデザインカルチャーをインストールすることだ」と考え、協力を引き受けた。しかしパートナーシップを組むにあたって、グッドパッチから阿部さんに予想外の一言が投げかけられた。

「自律したデザイン組織をSBI証券の中につくる上で、私たちがいつまでも関わり続けるのが良いとは思いません。2年を目安と考えてください」

そこから、SBI証券とグッドパッチの怒涛の歩みが始まった。最初にとりかかったのが、SBI証券のスマートフォンサイトの構築だ。SBI証券の社内には、まだUXデザインの費用対効果に対して懐疑的な声もあり、早い段階で結果を出す必要もあった。そこで阿部さんは仮説から検証までのサイクルを約1週間という驚異的なスピードで回し、主要KPIの達成率を7.6%→9.6%に高めることに成功した。

9f8447b35a89a0b77a957ab0b8b288ca.jpg
3年前、SBI証券では複数の金融商品ごとに縦割りで開発を行っており、UXデザインがバラバラの状態だった
05ef168f6cf0bfab0da1d174cd37ce0e.jpg
SBI証券に入った阿部さんは、こうした状態に横串でデザインを管理するチームづくりを目指した
2a28ca067ebac1810b574a3381f5dad0.jpg
UXデザインの統一では、費用対効果に対する疑念から周囲の協力を得られないこともあったという。そこで阿部さんは、まずスマートフォンサイトのリニューアルに着手。5日間で実施するデザインスプリントという手法を用いて、準備から仮説検証までを短期間でやり遂げた
eb77dbc44b929852979d1179354bc2d9.jpg
リニューアルしたSBI証券のスマートフォン用サイト。主要KPIの達成率は7.6%→9.6%へと改善したという。この成果により、社内の多くの人がUXデザインの重要性に理解を示すようになり、UXデザイン室の設置へと繋がった

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2018年8月号

Web Designing 2018年8月号

2018年6月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

IT人材の採用は、将来を左右する最大の経営課題だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「売り手市場」でも採れる方法はある!
採用 最新必勝ノウハウ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こんなお悩みを抱える方、必読です!

「求人広告を出しているが、応募がない」
「雇ったのに、すぐに辞められてしまう」
「求人広告費に多額の予算をつぎ込んでいるが、成果がない」



最近、「企業が大学生どころか高校生にまでアプローチしている」という記事が新聞に載り、衝撃を受けた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
人材採用は、そこまで深刻な課題となっているのです。

そして、現場は「人手不足」が憂慮すべき問題になっています。
自社の将来を担える人、自社の成長の力となってくれる人、今のプロジェクトを成功させるためのスキルを持つ人が欲しい…職種・業種・役職は違えど、みなさんが直面している悩みではないでしょうか。

時代はデジタル全盛時代。新卒者、転職者限らず情報が身の回りに溢れ、SNSのような新たなコミュニティの文化が育っている昨今、今までの採用方法にこだわっていては望む成果は得られません。

しかし、そんな「IT時代」の「売り手市場」でも、求める人材を採用する方法はあります。その1つが「マーケティング」の知識です。
自社の存在を知ってもらい、自社のビジョンを的確に伝え、共感してもらい、
確度の高い採用候補者にアプローチし、入社してもらう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「お客様に知ってもらい、買ってもらい、ファンになったもらう」マーケティングの知識が十分に活かせます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


本特集では、IT系人材を採用するための最新ノウハウを詰め込みました。また、昨今の採用にまつわる動向、制作会社との関わり方、ダイレクトリクルーティングやHRテックの最新情報などもふんだんに掲載。

経営者、人事担当者はもちろん、マーケティングやクリエイティブ部門の方も将来の心強い新戦力を迎えるために、ぜひご覧ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●こんなことでお困りじゃないですか?「採用あるある」
1つでも「あるよなあ・・・」と思ったら、本特集を読むべし!

●なぜ、あなたの会社の採用はうまくいかないのか?

●採用はマッチング。だからマーケティングのノウハウが生きる。

●【募集要項をつくる】
 どんな人が、なぜ欲しいのかを決める。「募集要項」は採用活動のための最重要ポイントです。

●【採用マーケティング】
 採用したい「人材」に自社を「好き」になってもらうために。ペルソナを念頭に、マーケティングの観点で取り組もう

●【入社してもらう】
 自社にマッチした人材と出会い、入りたい企業だと思われるためのノウハウ

●大手就職情報サービスに聞く 売り手市場で成果を目指せ! 中途採用の現場

●[3年単位で実施して][ぐっと成果を引き寄せる!]最適なインターンシップの実現方法

●求職者の気持ちを「おっ!」と惹きつける 採用サイトに必要なクリエイティブのポイントとは

●AIが変える採用のかたち


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<こんな方にオススメです>
■応募者を募るため、とにかく広告費にお金を注いでいる
■応募があっても面談キャンセルが多い
■エントリーは多いものの、説明会後の実応募がすくない
■会社説明時、応募者に「そんな事をやっていた会社なんですね」と驚かれる事が多い
■内定者に辞退されてしまう
■求める人材像は「明るい・元気・素直」
■最終面接に残る人材のタイプがばらばら
■役員に聞いても、現場に聞いても、いま必要な人材像が見えない
■採用活動に社長は関わらない
■採用ツールに一貫性がない

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています