MovableType.netがあなたのチームを救う!|WD ONLINE

WD Online

特別企画 [PR] Web Designing 2022年4月号

MovableType.netがあなたのチームを救う!

某月某日、某社の新プロジェクト企画チームは、ついに出た社長のGoサインに沸きに沸いていた。しかし、そこには思わぬ落とし穴が! どうする? 新プロジェクト企画チーム!
Illustration:國廣 稔

Webサイトの立ち上げには、通常、大きなコストと長い時間がかかります。しかもできあがったサイトを安全に運用していくのも大変です。記事の更新はできても、サーバのメンテナンスやトラブル対処まで自力でやっていくのは難しいと思っている人も多いでしょう。そんな課題を解決してくれるCMSが、そう、MovableType.netなのです。

 

なぜ「MovableType.net」が
“時間なし・知識なし・管理者なし”のチームを救えるの?

社内の新規プロジェクトの立ち上げやテストマーケティング、さらにはスタートアップ、ベンチャーなど、スモールビジネスの立ち上げに最適なCMS「MovableType.net」。その理由とはいったい…?

 

時間や予算に限りがあるスモールチームにとって、Webサイトの構築は時に悩みのタネになります。そんな場合に注目なのが「MovableType.net」。クラウドで動作するSaaS型の特性を活かし、サーバ構築の時間やコストを大幅にカットできる一方で、HTMLレベルでのつくり込みや、カスタムフィールドの活用といった本格的な機能を搭載、質の高いWebサイトを素早く、リーズナブルに構築できます。

なお、多彩なデザインテーマが用意されていたり、一度作成したWebサイトを独自の雛形として活用できる機能を備えていたりと、スピードアップのための工夫も充実。まさに“ロケットスタート”のためのCMSなのです。

 

エンタープライズ向けのCMSを、スモールビジネスでも使いやすくアレンジして搭載してきたMovableType.net。実際に更新するユーザーの声に耳を傾けて発展してきたからこそ、日々行われる更新のしやすさにこだわった機能を多数備えています。例えばブロックエディタを使うと、「装飾付きのリンク」「表組み」といった、日々の更新で頻繁に利用する要素をブロック化し、更新作業を大幅に効率化できます。また、ワークフロー機能は、運用が複雑になりがちな公開前の承認作業を誰でも手軽に行えるようにします。こうした機能が充実しているからこそ、もっとも重要なコンテンツの制作や更新に力を注げるようになるのです。

 

スモールチームが直面しがちな悩みである費用面も心配いらず。月額2,292円(年間契約の場合)ではじまるすべてのプランに、サーバやサポートの費用まで含まれているのです。サーバのメンテナンスやソフトウェアのアップデートが発生しても、さらにはトラフィックの急激な増加が生じたとしても、シックス・アパートがしっかりと対応してくれます。つまり、チームにIT管理者が不在でも滞ることなくサイトの更新、運用が可能になるのです。なお、シックス・アパートでは現在、オンライン相談会を開催するなど、「顔の見える支援」を実施中。利用中の人のみならず、これから使ってみようかと考えている人の質問にもしっかり答えてくれます。

 

企画協力:シックス・アパート株式会社

掲載号

Web Designing 2022年4月号

Web Designing 2022年4月号

2022年2月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

ヘッドレス時代のCMSトレンドは「適材適所」と「ファーストデータ収集」

サンプルデータはこちらから

Web Designing 4月号(2月18日発売)特集
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
コンテンツマーケティングが大きく変わる!
CMS新時代 2022

クッキー規制で要望高まる「自社サイトからの情報発信」。
多チャンネル時代の効率的&効果的な
運用のカギはCMSにあり!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

IT業界では現在、「クッキー規制」が取り沙汰されていますが、
今後は自社サイトへ顧客を集め、自社で得たデータを元にマーケティング活動をする 流れが確実に進んでいます。
それを効率的に行う1つのヒントが、「CMS」です。
CMS(コンテンツ管理システム)を「情報の集積場」にして、
そこからWebサイト、SNS、その他ユーザーの閲覧デバイスや求める情報に合わせて
最適な形とタイミングで情報を提供していく仕組みを作るのが近道であり、
既存のツールとうまく連携し、できるだけ運用の手間を削減するには どうすればいいでしょうか。

それを効率的に、スピード感を持って実現できる技術として注目されているのが、
「ヘッドレス」です。
Web Designing 2022年4月号では、
昨今のキーワードである「ヘッドレス」とともに、
企業の情報発信を効率的に、会社の情報資産を有効活用するためのテクニックと
それを可能にする注目CMSを紹介します。

ー<CONTENTS>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ヘッドレスCMSって要するになに? 
CMSトレンド1年生 そもそもの仕組み、用途、メリット・デメリット、
取り入れるために必要な 社内状況(事業計画や予算)などを専門家(先生)が基本のキから解説。
 
■クッキーレス時代 CMSで自社コンテンツの最適な配信方法とは
■コンテンツ配信にベストなCMSの選び方
■ワンソースマルチユース コンテンツ管理&運用の基礎
コンテンツ評価の考え方/実践編
■おすすめCMS紹介!

この記事を見た人はこんな記事も見ています