WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年6月号

低予算で大きな効果を生む、リサーチ&リアクション ビジネスのヒントはユーザーが知っている

BtoC、BtoBを問わず、商品やサービスの改善はビジネスの基本。その裏付けとなる「ユーザーの声」に耳を傾ける最良の方法のひとつが、アンケート調査などのリサーチです。効率的な実施と活用のヒントを探ります。

petgo_02.jpg
黒澤弘
ペットゴー株式会社 代表取締役社長 https://www.petgo.jp/


petgo_03.jpg
落合真衣
ペットゴー株式会社 ビジネス推進部

アンケートの目的は「仮説検証」「お客様への啓発」「広告」

愛犬・愛猫用の食事療法食やサプリメント、動物用医薬品などを扱い、自社サイト、Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場などさまざまなプラットフォームでECビジネスを展開するペットゴー(petgo)。

2005年にECサイトをオープンした同社がメールを通じたアンケート調査をはじめたのは、2011年。以来、オンラインアンケートツールの「SurveyMonkey」を使い、1,000回以上ものアンケートを実施しています。現在は犬猫それぞれのユーザー別や、幼犬・成犬・老犬といったペットのライフステージ別、過去に購入した商品、商品到着後アンケートなど、さまざまなタイミング、セグメントに分けて、月に2~6回配信し、1,000人以上から回答が得られることも少なくありません。代表取締役社長の黒澤弘さんは、アンケートの目的は大きく「仮説検証」「お客様への啓発」「広告」の大きく3種類に分けられると言います。

「1つは、ある商品やサービスにニーズがあるのではないかという『仮説』を立てて、実際に開発やサービスを始める前に、そのニーズを『検証』するため。2つ目の『お客様への啓発』とは、例えば、毎年春先に実施している『ノミ・マダニ対策』に関するアンケートなど、お客様の実態を把握できると同時に、お客様にそういう時期が来たとお知らせして、商品の販促にもつなげる目的。3つ目の『広告』とは、『ペットゴー』の認知度調査などを外部に依頼してオープンなリサーチを行うことで、広くブランドやサービスを知っていただきたいという目的があります」(黒澤さん)

主なアンケート方法は自社サイトや各ECプラットフォームを通じたメールで実施するほか、「広告」の目的も担ったオープンな調査は外部に依頼。グループインタビューやDMによるサンプル送付なども行っていますが、ビジネスとの相性の良さから、メールマガジンを通じたアンケートが調査の中心になっています。

 

アンケートそのものをビジネスに活用

当初は自社のために始めたアンケート。しかし39万人もの会員を擁するECサイトに成長した今は、アンケートそのものもビジネスに成長しています。

同社ではペットの飼い主の情報やペットに関する多様なデータを「ペットデータ」として活用し、ペットフードメーカーやペット関連団体からのリクエストに応じたアンケートも実施。それらをフィードバックすると同時に、改善策なども提案することで、アンケートそのものがビジネスに大きく貢献しています。

「エンドユーザーである犬や猫の“声”を直接聞けるわけではないため、ペット業界はメーカーとユーザーとの距離が、ほかのBtoCビジネスと比較して遠いように感じます。だからこそ、私たちのようなEC(小売)がお客様の声を聞き、それをビジネスにも活かしやすい側面もあると思います」(黒澤さん)

ペットゴーでは、実際にどのようなフローで調査を行い、活用しているのでしょうか。アンケート作成のコツと回答の活用方法を次ページで具体的に見ていきましょう。

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年6月号

Web Designing 2020年6月号

2020年4月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

緊急特集【テレワーク】/世界のリサーチ結果をプレゼンやビジネスの武器にしよう!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■ Web Designing 6月号(4月17日発売)特集 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【緊急特集】テレワーク
リモートワーク・ビデオ会議の質を高めるための実践テクニック


世界の大規模なリサーチデータを集計して徹底分析!
Webビジネスの最新動向

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<概要>

--【テレワーク】-----------------------------------------------------------------------
・リモートワークが余儀無くされる状況下、何からどう取り組めばいいか困っている人へ、
 企業として長くリモートワークに取り組んできた2社のノウハウを紹介。

・どんな機器、ツール、体制がおすすめ?
・円滑に、質の高いリモートワークを実現させるための実践ポイント



-【Webビジネスの最新動向】-----------------------------------------------------------------------
・公的機関をはじめ民間企業の独自調査など、90以上の世界中のリサーチ結果を見やすく整理。
 社内外の提案などで参考資料として使える資料集。

・ツール選定などの参考資料にもなります。

・リサーチ結果から各業界のプロが現在~近未来の潮流を優しく解説。

・Webマーケティング編(マーケティング全般、SNS、動画、ECなど)
 最新テクノロジー編(AI、RPA、IoT、VR、5Gなど) 
 採用&働き方編(テレワーク、採用、キャリア育成、組織改革など)
 
・目的なくして調査の意味はない! ユーザーリサーチの心得
・「調査屋」ではなく「戦略パートナー」にする! プロにリサーチを依頼するメリットとは?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【Web Designing 6月号を読んだメリット】

・いますぐリモートワーク、Web会議などを整備するために必要な現場のノウハウがわかる
・リモートワーク、Web会議をより快適に行うための機器やツール、運用体制の参考になる

--------

・提案・プレゼンの根拠づけなどに使える
・ツール導入などの選択基準として使える
・Webビジネスの技術・働き方の潮流が把握できる
・ビジネスの最新動向を系統立てて把握できる
・リサーチ結果の数字を読み、自分のビジネスに活かせるノウハウが身に付く
・効果的なリサーチ方法、アンケートの設問の作り方などがわかる



【こんな悩みを持つ方にオススメ!】
■大事なビジネス方針を決めるのに、たった1つの調査結果だけで大丈夫かな…?
■プレゼン資料を作るのに、色々なデータをかき集める時間がない!
■マーケティング手法もテクノロジーも目まぐるしく変わっているけど、今のポイントを知りたい
■リサーチが必要なことはわかっているけど、そんな予算もないし何をしていいかわからない
■決裁者に提案を通すために効果的な数字やその見せ方が知りたい

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています