WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年2月号

STEP3・ゴールまでを「見える化」しよう 失敗しないプロジェクトマネジメントのために

プロジェクトに関わる錯綜した情報をきちんと漏れなく整理したら、関係者全員が状況把握できるゴールまでの「見える化」が肝です。その描き方を解説します。

ゴールまでを4ステップで描く

ここまでの工程で、プロジェクトの輪郭がはっきりとしてきました。やるべきことが整理できると、ゴールまでのスケジュールが立てやすくなります。ここから、BtoBおよびBtoC問わず、汎用的に使える手順でゴールまでの予定の立て方、ツボを外さないスケジュールの組み立て方を解説します。

スケジュールは、4つのステップを踏まえて組むといいでしょう。❶縦軸に「どのような構成にするか」を、❷横軸に「各構成をどのような作業で実現するか」を用意したら、縦軸に構成要素を並べてください。例えば、UIなどのフロント部分と、インフラなどの裏側を、それぞれ別レイヤーとして並べる、ということです。次に、構成ごとに進めていくべき手順を横軸に展開していきます。こうしてプロジェクトに関わる作業要素を洗い出します。いきなりスケジュールを考えはじめるのではなく、構成と作業に関する要素を洗い出しながら、要素の抜けや漏れに注意を払います。

後は洗い出せた構成とそれぞれに対応する作業手順とがどう組み合わせていくのかを考えます。❸作業Aと作業Bがどのような関連性、依存関係があるのか。さらに構成全体が組み上がる中で、構成Yと構成Zがどういう依存関係にあるのか? その上で、❹それぞれの作業がどの程度の期間を要するのかを反映できると、要素漏れのない形で作業期間を逆算できます。

Ch03_02.jpg
プロジェクトを進めるための構成を洗い出した後、各構成を実現する作業について検討した例。4つのステップを順番に考えると、現場で機能するスケジュールがつくれる

 

まずは「構成」要素を洗い出す

4つのステップの具体例として、静的なWebサイトをつくる場合を考えると、大枠の構成要素はフロント部分とインフラ部分とに分けられます。

現場でよくありがちなのは、クライアントに「ざっくりと…」を求められたとき、インフラ部分を考慮せずフロント部分のスケジュールや予算だけを回答するケースです。例えば、制作対象のWebページをクライアントの既存サーバに相乗りしてほしい、という要件が出てきたらどうでしょうか。既存インフラベンダーとの調整が必要になりますし、結構な作業工数が必要になる可能性もあります。フロントだけでなく、すべてのレイヤーでどのような作業が発生するかを事前に整理できるかが重要です。

静的なWebサイトは、構成が比較的シンプルです。それでもフロントだけでなく、ドメイン取得や、DNSなどのネットワーク設定を考慮する必要があるなど、それなりに検討すべきことがあります。これがスマートフォンアプリや、業務システムとなると、さらに構成は複雑です。仮に1つのレイヤーが抜けてしまえば、描いていたスケジュールが途端に実現不可能な代物になります。

過去の案件について、みなさんもレイヤーで整理してみると、それぞれに作業の共通項が見い出せるはずです。そこで、会社として「図」のような構成図を作っておけば、案件ごとに新規に作業を整理する必要がなく、漏れも防げるようになり、作業計画をスピーディーに立てられるようになります。

Ch03_03.jpg
各工程が手順通りに進められているかを確認する「レビュープロセス」について、事前に誰がどう関わるかを整理。要件用とは別に、計画に関わる場合も用意できるとベター

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年2月号

Web Designing 2020年2月号

2019年12月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

効果的なコミュニケーションを生む“ベストチーム”のつくりかた

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

予定通りに進まないWeb制作の壁を突破せよ!

失敗しない
Webビジネスのプロジェクトマネジメント

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Webビジネス、ひいてはWebサイト制作のプロジェクトにおいて、「当たり前」でありながらも最大の難関と言えるのが、
「予定通りに完遂する」ではないでしょうか。

クライアントと制作サイド、どちらも大勢の人間が関わり、多くのステークホルダーが存在するWebのプロジェクトでは、
全員の共有がうまくいかなかったり、責任の所在が曖昧になったり、立ち上げ当初には思いもよらなかったトラブルが発生したりと
スムーズに進めることが難しくなってきます。

しかし、スピードが勝負のWebビジネスの世界において、プロジェクトの遅れは致命傷になりかねません。
また、万が一プロジェクトがうまくいかないと、利益の損失、機会の損失はもちろん信頼の損失にも繋がります。

そこでWeb Designing2020年2月号では、

「なぜ、プロジェクトはうまく進まないのか」

を掲げ、その原因の中でも特に重要な
「スケジュール」「コミュニケーション」にフォーカスして
機会損失・利益損失・信頼損失の事態にならず成果をあげる「失敗しないプロジェクトマネジメント」のコツを
お届けします。



【こんな方におすすめ】
◎クライアントワークで上流から関わる制作会社のディレクター、デザイナー
・企業のIT推進担当、Web担当者、マーケター


【内容(予定)】
●プロジェクトの流れを把握しよう
●失敗しない「ゴール設定」
●失敗しない「チーム作り」
●失敗しない「状況把握」
●失敗しない「内外調整」
●失敗しない「成果・評価」

●定例会議がグレードアップする「プロジェクトスプリント」
●PM担当者のための理想のPDCAサイクル
●目的が途中でブレないために「なぜ」を追求せよ

●プロジェクトを円滑に進める最強ツール活用術
Backlog/Googleスプレッドシート&Microsoft Excel/Trello/Slack/Chatwork

●Webビジネスのプロジェクトマネージャー育成/採用講座

●動画のプロジェクトマネジメント
●SNSのプロジェクトマネジメント

『Web Designing』2020年2月号の連載記事「知的財産権にまつわるエトセトラ」に誤りがございました。
下記の通り訂正し、読者ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

129ページ右段上から3行目について
(誤)市立芸大
(正)造形芸大

この記事を見た人はこんな記事も見ています