価値ある情報を幅広く紹介。将棋の「知りたい」はここで見つかる

マイナビ将棋編集部BLOG

将棋世界

上座で待ち構える糸谷竜王が表紙の将棋世界12月号発売中!

2015.11.02 | 将棋世界編集部

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。将棋世界編集部です。
手がかじかむ季節になってきました。

それでは、12月号の内容をご紹介します。

巻頭カラーはこちら。

竜王戦第1局「異次元の勝ち方」(糸谷哲郎竜王vs渡辺明棋王)

特別医療対談・伊奈川愛菓のドクター訪問「将棋も医療もコミュニケーションが大切」

主なコンテンツはこちら。

特集1・戦型予想で観る竜王戦展望「角換わりがカギを握るシリーズ」
糸谷竜王と渡辺棋王が角換わりを指したらどうなるのか、村山慈明七段にたっぷりと語ってもらいました。角換わり将棋の最前線ガイドブックとしても、非常に読み応えがあります。

特集2・対談「受けの達人」中村修九段×木村一基八段
棋界を代表する受けの達人2人が、受け将棋になった理由、受け将棋の名局、そして受けのコツなど、縦横無尽に語ります。受け将棋に向いている性格とは?

女流王座戦挑戦者・伊藤沙恵女流二段インタビュー「個性ある自分の将棋を」

かりんの将棋上り坂第11回「かりん、将棋大会デビュー」
今回はいつもの戸辺先生の授業ではなく、特別編です。伊藤かりんさんが初めて出場した将棋大会団体戦のレポートをお送りします。

そのほか将棋は

王座戦第4局「濃密な時間」(羽生善治王座vs佐藤天彦八段)


王座戦第2、3局「佐藤天、連勝で王手」

新人王戦第1局「大橋三段、最速の勝利」(菅井竜也六段vs大橋貴滉三段)

新人王戦第2局「割れた形勢判断」


女流アマ名人戦

などなど盛りだくさんです!

イメージと読みの大局観2のテーマ図はこちらでも公開しています。是非ご覧ください。
鈴木記者のチョイネタばらし12月号「イメ読み・2」のテーマなど
鈴木記者のチョイネタばらし12月号「イメ読み・2」後半のテーマ

また、今月で谷川浩司九段が出題する「懸賞詰将棋」は最後となります。
「月夜の駒音」、「コンセンの中飛車左穴熊」、「ここまでわかった! 将棋の歴史」「どっちが勝ち?」、「将棋ミニパズル」が最終回を迎えました。

付録は「二択次の一手 天国と地獄3」(編集部編)です。
皆さんも一手で形勢がガラッと変わってしまった経験、あると思います。二択形式で、正解を選べば勝ち、もう一方は負け、そんな問題を集めました。解くときは、もし自分が実戦でこの局面に直面したら、と考えながら進めてみてください。

付録電子版の購入はこちらから!

12月号の詳細なコンテンツはこちらをチェック!
 

あなたにおすすめの商品