価値ある情報を幅広く紹介。将棋の「知りたい」はここで見つかる

マイナビ将棋編集部BLOG

将棋世界

鈴木記者のちょいネタばらし「勉強熱心な女流棋士」

2014.09.10 | 鈴木健二

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。テニスの錦織選手、惜しかったですね。将棋世界の鈴木です。

一昨日行われた竜王戦挑戦者決定戦三番勝負第3局は、糸谷哲郎六段が羽生善治名人に勝って檜舞台への切符をつかみました(七段昇段)。
森内俊之竜王との七番勝負はとても新鮮さを感じます。どんな戦いになるのか、いまからとても楽しみですね。

さて、一応、先週のクイズの答えを。
プロ棋士――淡路仁茂九段、神吉宏充七段、藤原直哉七段、千田翔太四段、竹内雄悟四段、宮本広志四段の6人。
女流棋士――香川愛生女流王将、長谷川優貴女流二段(1枚目のいちばん手前)、室田伊緒女流初段、高浜愛子女流3級の4人で、10人が正解です。

この日は船江恒平五段も控室に訪れましたが、2枚の写真には写っていません。ほかには新人王都成竜馬三段の姿もありますね。

それにしても最近強く感じるのは、女流棋士も、男性のプロ棋士に負けず劣らず勉強熱心だなあということ。下の写真は竜王戦挑決第1局の感想戦ですが、終局が遅い時間だったにもかかわらず、何人もの女流棋士が残っています。遠慮して離れた位置に座りながらも、真剣な表情で感想戦を聞いていました。

スポーツ選手、プロ棋士にかかわらず、頑張っている人にはもっともっと活躍してほしいですね。

あなたにおすすめの商品