Command+Eye Command+Eye

世界最大のインパクトで地球環境を守る取り組み

Appleのクリエイティブな地球の守り方

文●松村太郎

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Appleは世界最大規模の時価総額を誇り、四半期ごとにもっとも多くのスマートフォンを販売するブランドとして知られている。そうした企業が率先して取り組んでいるのが、気候変動や地球環境への対処だ。Apple Parkに拠点を移した同社の取り組みを追った。

 

エコの象徴アップルパーク

アップルの本社所在地は2018年に入り、長らく使われてきた「1 Infinite Loop」から「1 Apple Park Way」へと変更された。2017年4月から新本社であるアップルパーク(Apple Park)が使われはじめ、およそ1年をかけてなお、緩やかに引っ越しが続いている。2017年9月のiPhoneイベントは、小高い丘にあるスティーブ・ジョブズ・シアターで開催され、メディア向けにアップルパークを公開する最初の機会となった。それから5カ月後の2018年1月、5つのセクションについての供用が始まり、残りの部分についても順次使用が開始される。

円盤は直径およそ450メートル。外周を1周すると、1キロ弱の距離となる。内部は全部で12のセクションに分かれており、ちょうど時計と同じと考えればしっくりくる。つまり1セクションあたり角度30度分が割り当てられており、各セクションにはロビーが用意され、建物のもっとも内側の部分にはエスプレッソも楽しめるカフェが備わっている。

真逆のセクションへ行くには、円盤の中庭を歩くのが最短距離になる。ただ、すでに入居している従業員の多くはきまって、建物のもっとも内側に用意されたセクション間を結ぶ廊下を、好んで歩いている様子が見受けられるという。すれ違う人とコミュニケーションを取りつつ、アップルウォッチ(Apple Watch)のリングを完成させることができる、ヘルシーなキャンパスそのものだ。ちなみに、メインビルの外周、あるいはそのほかの施設への移動には、用意されているシルバーの自転車を自由に活用して素早く移動することができる。

アップルパークは、巨大な建造物であると同時に、巨大な発電所でもある。キャンパス全体で17Mwhもの発電量を有しており、建物の屋根のほとんどにはソーラーパネルが敷き詰められている。メインビルディングのセクションロビー部分はガラスの天井から空が見え、ソーラーパネルが設置されていない唯一の箇所となっていた。

また、魅力的なのは中庭だ。広い正円の庭園ながら植生は建物の外部以上に密になっており、常緑樹が青々と茂り、まるでオアシスのような風景が拡がっていた。ちらほらと果樹の白い花もほころびはじめており、夏から秋にかけて、イチジクやプラムなどを従業員とその家族で収穫するイベントも企画されるという。

 

  • dccd2c93bddf8f76f3716b9d44a15614.jpg

Apple Parkのメインビルディングは4階建ての円形。12のセクションがあり、地下は従業員用の駐車スペースとなっている。

 

 

アップルは「夢の仕事」

ティム・クックCEOをはじめとする役員の執務室があるのは、メインビルのセクション6だ。ここはちょうど「1 Apple Park Way」の付近あたり、アップル新社屋の表玄関にして中枢といえる場所だ。

同じセクション6にオフィスを構えているリサ・ジャクソン氏は、アップルで環境・政策・社会イニシアティブを担当するバイスプレジデントを努めており、アップルの環境への取り組みを統括している。同氏はペンシルバニア州フィラデルフィアで生まれ、テューレーン大学とプリンストン大学で化学工学の学位を修めた科学者で、米国環境保護局などで長年にわたり、気候変動に対する政策に関わってきた。2009年から2013年のアップル入社まで、米国環境保護局の長官を務め、アメリカという国が気候変動にどのように対処し、持続可能な発展を遂げるかというテーマに取り組んできた。

ジャクソン氏がアップルでの仕事を、「夢のような仕事」と語る理由は、そのスケールの大きさにある。一国家を超えて、世界中で愛されるテクノロジー製品を作り出すアップルでの環境対策の仕事は、これまで以上に大きな影響を作り出すとの確信があったそうだ。

アップルに誘われた際、クック氏はジャクソン氏に「アップルの製品を使い人々が暮らすことと、地球を守ることは同義であるべきだ」と語ったという。ジャクソン氏はアップルでの仕事を通じて、製品の設計から環境への配慮を盛り込むことができる点に気づき、また膨大なアイデアを盛り込むことができる意味で、「夢の仕事」と語ったのだ。

 

  • 0597598db7a1d42b5d2b60f48f7f0c0c.jpg

環境、政策およびソーシャルイニシアチブ担当バイスプレジデントのリサ・ジャクソン氏。同氏は2009年から2013年まで、バラク・オバマ大統領によってアメリカ合衆国環境保護庁長官として活躍した。【URL】https://www.apple.com/leadership/lisa-jackson/




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧