Command+Eye Command+Eye

これからのARは多彩なアプローチで現実を“拡張”させる

Appleも力を入れる「AR」CES 2018の注目展示を追う

文●らいら

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

米ラスベガスで2018年1月9日~12日(現地時間)に開催されたCES 2018。AR技術関連のエリアでは、世界中から集結した企業がさまざまな最新製品をアピールしていた。ARによって、これからの映像体験はどのように進化するのだろうか。AppleのAR戦略を占ううえでも、最新の動向から目が離せない。

 

  • ae636a880d3b881bffa73242ab5802ba.jpg

 

 

「没入感」がキーワード

IT業界の新年は「CES」とともに明ける。「CES」(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)とは、米ラスベガスで毎年1月に開催される世界最大級の家電見本市だ。誕生したばかりのスタートアップから、インテル、ソニー、サムスンといった大企業まで、世界中のIT企業が集結し、新製品の発表や最新技術の展示を行う。2017年には約4000社が出展し、18万4000人以上が来場したという超巨大イベントだ。

今回はその中でも、アップルが近年力を入れているAR(拡張現実)技術関連のブースに注目した。アップルは2017年のWWDCで、開発者向けのARフレームワーク「ARキット」を発表。iPhoneやiPadが、世界最大のARプラットフォームになると強調した。またCES 2018ではアップル関係者が、ARヘッドセット製品のサプライヤーと密かに会談する様子が目撃されたと海外メディアが報じている。アップルのAR関連の発表には今後も期待したいところだ。

CESに話を戻そう。ARといえば、「ARグラスやヘッドセットを装着して、現実世界を融合させる3D映像を体験する」というイメージがあるかもしれない。しかしCESでは、デバイスにとらわれない多彩なアプローチで、現実を“拡張”させるAR技術が多く展示されていた。

たとえばフルフェイスのヘルメットに小型ディスプレイを搭載し、ARで情報を表示できるものや、おもちゃのガンの上部にスマートフォンを装着し、ディスプレイ上のARの映像を見ながら遊べるシューティングゲームなど、デバイスにとらわれないAR技術の活用が広がっている印象だ。もちろん従来のARグラスやヘッドセットなども進化しており、より軽量で安価な製品の開発が進んでいる。

ARの展示ブースやセッションで気になったのが、しきりに登場する「immersive」(没入できる)というフレーズだ。イマーシブ・メディア、イマーシブ・エクスペリエンスなど、ARによっていかに没入感のある映像体験が実現できるかを強調していた。もともとARやVR技術におけるキーワードのひとつではあったが、今後は没入感をより高めるための広い視野角、リアルな映像、インタラクティブな操作などが、さらに重要視されるようになるだろう。今回のレポートでは、それらを具現化しており、なおかつ来場者の目を引いていた展示を紹介していく。

なおグリーンライト・インサイツの調査によると、今後AR産業は、2019年に36億ドル、2023年には360億ドルに増加すると同時に、ARヘッドマウントディスプレイは出荷台数が190万台から3000万台に増加するという。市場が急速に拡大していく中で、アップルはどんな戦略を取るのかにも注目したい。

 

スマートヘルメットでバイクを運転

米SKULLY Technologie社が展示していたのは、バイク向けARヘルメットの「SKULLY FENIX AR」。180度のリアビューカメラを搭載し、視界の右下部分に設置されたヘッドアップディスプレイに映像を映し出す。カメラの映像には、AR技術によってGPSのナビゲーション情報などが重ねて表示され、運転しながらさまざまな情報を受け取ることが可能だ。

前身のSKULLY社は、クラウドファンディングで目標の約10倍もの出資を集めながらも、製品化を前に破産。2017年にSKULLY Technologieとして再出発し、今回新製品のプロトタイプを発表した形だ。SKULLY Technologie社は、「スマートヘルメット技術によって、ライダーの安全性とコネクティビティが向上する」としている。

 

 

  • 4bf97da78c9a5ea437ec8d183a19a936.jpg

ヘルメット内部の右頬に近い位置に、小型のヘッドアップディスプレイを搭載。一般的なバイクでは、バックミラーの狭い範囲でしか背後を確認できないが、このディスプレイでは180度リアビューカメラの映像を見て運転できる。さらにARでナビや速度などの情報も映し出される。

 

 

  • 0607e6eb7bc00b946cf9189b5c0d4f0a.jpg

運転中はボイスコントロールによって、音楽のストリーミング再生やハンズフリーでの通話も可能。今夏出荷開始を予定しており、ライダーたちからの期待も大きい製品だ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧