アラカルト ケチの美学

野呂エイシロウの「ケチの美学」第6回

文●野呂エイシロウ

人気放送作家が語るケチとアップルの交差点。

残された時間をケチること、そして夢や目標は忘れない。

毎朝起きて必ずすることがある。それは、「マイリスト」という名の表をiPhoneで見ることだ。風呂やトイレでチェックをしている。アップルのナンバーズ(Nubmers)という表計算ソフトで作成した。

このことについては、最新刊の『考えなくてもうまくいくひとの習慣』(ワニブックス)にも書いた。現在の夢や目標を確認するために使っているのだ。

その中身は、「テスラのイーロン・マスク氏と仕事をする」などといった具合で、現在137項目の夢が書かれている。そして、そのために努力をすること、その下には叶ったこと(数百項目)も並んでいる。

人は夢を忘れてしまう。少なくともボクはそうだ。どんどん忘れてしまう。だから、ボクはリスト化したのだ。忘れないように。向かう方向を明確にするために。

年収のこと、手に入れたいモノのこと、仕事すべき会社のこと、成し遂げた成果のことなど大量に書いてある。中には、ベストセラー小説の作者になるということも。そして、その横にはそのために行動に移すべきことが書かれている。「企画書を作る」「メールをする」「ランチを一緒にする」「○○さんに相談をする」などのように330項目以上があり、そこにはやって駄目だったこともたくさん入っている。

ボクには、今日時点で夢が137項目もある。書籍でも触れたが、夢を覚えておくのは、実は大変なことなのである。だから、それは何度も思い出すために文字にしておかなければならない。

「何をするんだっけ?」と毎回、思い出すのは時間の無駄である。手帳でもスケジュール帳でも何にでも、やりたいこと、やるべきことはどんどん書き込めばいいのだ。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧