Command+Eye Command+Eye

ただモノを売るだけでリアル店舗は生き残れない

明暗分かれる米小売り業床面積売上高でAppleトップ独走

文●山下洋一

ただモノを売るだけでリアル店舗は生き残れない

デパートやアパレルチェーンを中心に米小売業の大規模な店舗閉鎖が相次いでいる。テナントを失ったショッピングモールがそのまま潰れてしまうケースも珍しくない。そうした店舗型小売りの不振をよそに、Apple Storeは過去数年と変わらない圧倒的な水準の床面積売上高を維持している。

 

大型モールが廃墟に

米小売店舗の床面積売上高でアップルストアがトップという調査結果が出ても、ここ数年は大きな話題になっていなかった。2位以下を大きく引き離した状態が長く続いてニュース性がなくなっていたためだが、今年は違った見方で再び注目されている。米国における店舗型小売りの不振である。

不動産リサーチ会社コスター(CoStar)の分析によると、十数年前は375ドル近かった床面積売上高の平均がここ数年で325ドル前後に減少。ショッピングモールやデパートから客足が遠のき、店を閉めたテナントのあとを埋められず、そのまま廃墟化したモールが「デッドモール」と呼ばれて社会問題化している。そうした中、アップルストアは好調な売上を維持しながら、世界中に店舗を拡大し続けている。

市場調査会社イーマーケター(eMarketer)が収集する小売データによると、アップルストアの2016年の1平方フィートあたりの売上高は5194ドルだった。好調だった一昨年の5942ドルから数字を落としたものの、2016年の米小売市場の景況を反映した範囲であり、この夏時点の過去12カ月の数字は5435ドルと回復している。2016年二位のマーフィーUSAは3338ドル。過去10年の間にトップ10の二位以下の順位や顔ぶれは変わり続けてきたが、アップルストアの圧倒的な首位は変わらない。

 

2016年の1平方フィートあたり平均売上高トップ5(eMarketer調査)

1. アップル : 5194ドル
2. マーフィーUSA : 3338ドル
3. ティファニー&Co : 2683ドル
4. バークス・グループ : 1555ドル
5. ケイト・スペード&Co : 1523ドル




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧