レクチャー ソフトのチカラ

ショートカットキーを使わずにスクリーンショットを撮影したい !

文●早川厚志

Mac標準でできないことをシャキッと解決!

 

ショートカットキーを使わずにスクリーンショットを撮影したい!

SnapNDragで解決!

 

  • 6f06668864b9ba5c10944bd55fb34737.jpg

 

6121ab6fdca8b922b48f326a0ee290b2.jpg

SnapNDrag

【開発】Yellow Mug Software
【価格】無料(プロ版は240円)
【URL】http://www.yellowmug.com/

 

 

専用ブラウザで賢く管理

Macでスクリーンショットを撮る方法として、もっともオーソドックスなのが、[コマンド]キー+[シフト]キー+[3(または4)]キーを同時に押す方法です。ただ、ゲームのプレイ中など両手が塞がっている場合はショートカットキーを押しづらいことも…。[ユーティリティ]フォルダにある「グラブ」のタイマー撮影機能を使う方法もありますが、保存時に場所を指定したり、ファイル名をわかりやすく書き換えたりと、少し手間がかかります。

そこで、スクリーンショットを頻繁に撮る人におすすめしたいのが、「スナップンドラッグ(SnapNDrag)」です。ウインドウ上部のボタン、またはメニューバーから撮影方法(選択範囲、ウインドウ、画面全体、時間調整可能なタイマー)を選んで撮影すると、ウインドウ内に撮影したスクリーンショットが並びます。その中から必要なサムネイルをデスクトップなどにドラッグ&ドロップすることで書き出せるので、デスクトップが散らかりません。書き出す際に、画像フォーマットを変換することも可能です。ウインドウに並ぶスクリーンショットは、表示方法(サムネイル/リスト)を変更して閲覧したり、フォルダを作って分類したり、フローティングウインドウやクイックルックで拡大表示したり、あるいは検索や複製したりできます。

 

4つの撮影モードを用意

  • 4b60bcc64d1244e4ea528870e36e7857.jpg

撮影エリアは、選択した範囲、ウインドウ、画面全体の3つから選べます。タイマー撮影(デフォルトは5秒後)にも対応しています。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧