レクチャー ソフトのチカラ

Macソフトで解決!

システム環境設定を使わずにMacのスリープ機能を解除する

文●早川厚志

Mac標準ではできないことを、優良ソフトで解決しましょう。

 

システム環境設定を使わずにMacのスリープ機能を解除したい!

Coffee Buzzで解決!

 

  • a4c1fa3ec371f182ca6155c8b73395f4.jpg

e4d385003168915fc1ae96d6f6c4fe5c.jpg

Coffee Buzz

【開発】Aaron Pantling
【価格】無料
【場所】Mac App Store>ユーティリティ

 

 

Macにカフェインを注入!

Macは、操作しない状態が一定期間続いたら、自動的にスリープモードに入ります。スリープ状態のMacは、非常に少ない電力しか消費しないため、電力を節約できてありがたいですよね。でも、たとえば長い文章をじっくりと読んでいるときに不意にスリープしてしまい、イラッとしてしまうことも…。「システム環境設定」でスリープしないように設定することもできますが、元に戻すのを忘れてしまいがちです。

そんなときに役立つのが、この「コーヒー・バズ(Coffee Buzz)」です。本ソフトなら、メニューバーのアイコンから、指定した時間だけMacをスリープさせないように設定できます。Macを完全にスリープさせない「Buzz」と、ディスプレイだけをスリープさせる「Doze」の2つのモードを選べます。「スリープしないタイマー」は5分、10分、15分、30分、1時間から選べるほか、任意の時間を手入力で指定することも可能です。

メニューバーのアイコンを右クリックしてモードを切り替えたり、電源アダプタが接続されているときと接続されていないときとで、設定を自動的に切り替える機能も非常に便利。なお、MacBookファミリーのディスプレイを閉じた場合は、本ソフトがどんな設定になっていても、強制的にスリープモードに入ります。

 

2つのスリープ抑止モード

  • 4b1608b93f01383d894d02061b48b824.jpg

モードの切り替えはウインドウからも行えます。ディスプレイもスリープさせない「Buzz」と、ディスプレイだけはスリープを許可する「Doze」の2つのモードから選べます。用途によって使い分けましょう。

 

制御方法をカスタマイズ

  • 0971bddfd3b0c96a3760af6682f54127.jpg

設定画面で、制御方法をメニューバーかウインドウ(または両方)を選べます。中央の[Right-click~]をオンにすると、メニューバーの右クリックで「Buzz」→「Doze」→「オフ(スリープ許可)」を切り替えられます。

 

任意の時間を手入力で設定

  • cfec64c89524a07f321ee26056f8d18c.jpg

スリープ抑止時間は5分、10分、15分、30分、1時間の5つから選べますが、メニューバーから[Custom]を選択すると好みの時間を設定できます。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧