プロダクト&リリース iなmono HARDWARE

JBLの最新ヘッドフォン「T450BT」

文●古田 誠

5000円台でワイヤレスサウンドを楽しめます。JBL、音に対するこだわりは入門機でも手を抜いていません。

こだわり抜いた入門機

iPhoneに付属するイヤフォンは非常に良くできていて、それだけで不自由はないはず。とはいえ、サードパーティ製品も気になります。特に、スピーカが大きめのオンイヤータイプのものを装着している人を見かけると、「どんな良い音で音楽を楽しんでいるのだろうか」とうらやましくなります。ああ、もっと迫力サウンドを気軽に楽しんでみたい。そんなサウンドの違いに気づき始めた人の入門機が、この「JBL T450BT」です。

最大の売りは、なんといっても低価格なこと。5000円台でワイヤレスサウンドを楽しめます。音響メーカー・JBLの作るヘッドフォンですから、音に対するこだわりは入門機でも手を抜いていません。JBLサウンドともいえる突き抜けたような明るいサウンドと、演奏者が目の前にいるかと錯覚するほどの再現性の良さは健在です。カラーは白と黒の2種類で、プロっぽく見える黒もいいのですが、白もなかなか捨てがたい。充電には付属のマイクロUSBケーブルを使いますが、ヘッドフォン側の端子口を探すのに苦労しました。元々説明書なんて読まないタイプなのでなおさらです。右ヘッドのカップ上部に見つけたときは、思わず声を上げちゃいました。

 

LEDランプが美しい

  • 42469f8fdc0865088f8c53f66a806d1c.jpg

右カップ下部にある真ん中のボタンを長押しすると、ペアリング開始。青色LEDランプがホワイトボディに好対照で美しいです。

 

コンパクトに収納できる

  • 509aac0a46985e8f7628829d97d86ff2.jpg

収納時は左右のカップハウジング部分がヘッドバンド内に納まる仕組みで、かなりコンパクトになります。持ち運びにも便利。

 

接続もストレスフリー!

操作ボタンはすべて右カップの外周縁に集中しています。これは、ハーマンインターナショナルの一員「AKG(アーカーゲー、いわゆる赤毛ね)」のブルートゥースヘッドフォンと同じ設計で、慣れている人にとっては非常に扱いやすい。音量調節のほか、再生などの操作も一度覚えれば指先で追うだけですべての操作をボタンを見ずに行えます。

カップ下部の丸いボタンを長押しすると、手元のiPhoneとブルートゥースでペアリング。初回はiPhoneの「設定」アプリにある[ブルートゥース]で本製品を選ぶ必要がありますが、2回目以降はボタンを長押しするだけで一発でつながります。

コストパフォーマンス抜群で音も最高。それでも、もし高いと感じる人は、ワイヤレス機能を削った「T450」がおすすめ。有線接続ながら、3110円という低価格でいとも簡単にJBLサウンドを入手できます。昔、オーディオファンだった人にはにわかに信じられない価格ですが、技術の発達で本当に良い時代になったと感謝しております。

 

左右を示すRとLの刻印

  • e2076f9d3e63e432c74eb66c380ee04d.jpg

ヘッドカップとヘッドバンドの接続部分の付け根に「R(右)」「L(左)」を示す刻印がありますが、デザインと一体になっていて正直わかりにくい…。そんなときは、「操作ボタンが外周縁にある側が右耳」と覚えておけば間違わずにすみます。

 

[SPEC]
【発売】ハーマンインターナショナル 【価格】5270円 【Size】170(W)×70(D)×120(H)mm(最小収納時) 【URL】http://jbl.harman-japan.co.jp/product.php?id=t450bt

 

【その他スペック】
【重量】155g 【備考】通信方式:Bluetooth 4.0 対応プロファイル:A2DP v1.2、AVRCP v1.4、 HFP v1.5、HSP v1.2 ユニット:32mm径ドライバ 周波数特性:20Hz~20kHz 感度:102dB/mW インピーダンス:32Ω 充電時間:約3時間 音楽再生: 最大約11時間

 

465f97bf61127cc14d3fb423e297421b.jpg

私が紹介します!
古田 誠

毎日新聞、和歌山放送、相愛大学講師。業界Macな会会員。ライター歴40年目に。



同カテゴリ記事一覧