アラカルト 今さら聞けないMacの常識・非常識

Macの保証期間がわからない場合はシリアル番号を使ってチェックすべし!

文●中村朝美

わかっているつもりでも、人に尋ねられるとあやふやになってしまう知識というのは、意外と多いのではないでしょうか。そこで、今さら人に聞けないようなMacに関わる知識や疑問を再確認してみましょう。

【常識1】Macの保証期間がわからない場合は
シリアル番号を使ってチェックすべし!

皆さんは自分のMacをいつ購入したか覚えているでしょうか? 購入時期を把握していない場合、いろいろと不便なことが起こってしまいます。その最たる例が、保証期間でしょう。購入時期を覚えていないと、自分のMacが保証期間内なのかどうかわかりません。

そんなときはシリアル番号を使って、自分のMacが保証期間内なのかを確認しましょう。

まず、アップルメニューにある[このMacについて]を開きます。ここでは、「Mac mini Server(Late 2012)」のようなMacのモデル名やOS Xのバージョン、搭載しているプロセッサ、メモリなどを確認することができます。サポートを受けるときはこれらの情報も必要になるので、合わせてチェックしておきましょう。記載されているシリアル番号はドラッグすると選択できるので、そのまま[コマンド]キー+[C]キーでコピーします。

次にWEBブラウザでアップルの「保証状況とサービス期間を確認する」のWEBページを開き、シリアル番号をペーストします。表示されているコードを入力して[続ける]をクリックすれば、現在のサポート状況が一目瞭然です。

しかし、シリアル番号をコピー&ペーストしてチェックできるのは、もちろんそのMacが動いているときのみです。なので、故障時などにも確認できるように、あらかじめMacをマイサポートプロファイルに登録しておくとよいでしょう。アップルIDに関連づけることで、シリアル番号の入力を省くことができます。なお、アップルオンラインストアで購入した場合は自動的に追加されるので登録は不要です。

  • 4dbbd43af9ab1213aa7a545bcb98a72d.jpg

(1)アップルメニューから[このMac]についてを選んで、シリアル番号をコピーします。同時に搭載しているプロセッサなども確認しておくとよいでしょう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧