100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

目指せ購買改革! ~会社を強くする調達・購買部門の作り方~ 第二巻

【第20回】第六十七話 ウエッジシェアリングと物を買う無駄の排除

2017.03.30 | 野町直弘

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
最近「製造業の派遣切り」の問題がどこのTV番組や国会中継でも大きな問題として取り上げられています。ある番組では今こそ「ワークシェア」だけでなく「ウエッジシェア」を考えるべきであるという論調もありました。
 
「ウエッジシェア」とは賃金を減らし、多くの人で賃金をシェアすることで失業者を出さないようにしていくという考え方です。私自身この言葉を知らなかったのですが、実は日本企業はこの「ウエッジシェア」を今までも多用してきているのでは、という印象を持ちました。
 
あくまでも何かの統計資料などで裏付けをとった話ではなく、私の実感によるものなので間違っているかもしれませんが、その前提で聞いてください。
 
90年代前半のバブル崩壊以降、日本経済は金融不況に陥りました。
元々、銀行、保険、証券会社が高給で有名だったと記憶しています。私の大学卒業時には優秀な学生は殆ど金融に就職するような状況でした。実際にメーカーに就職した私の給与と金融に就職した友人の給与を比較すると1・5~1・7倍程度も友人の方が高かった記憶もあります。
 
金融機関は金融不況を乗り越えるために大幅な「ウエッジシェア」をしました。実際に友人からは「30代前半から給与は下がる一方」という話を聞いたことがあります。金融機関の派遣社員採用が一気に増加したのもそのころ。つまり金融機関は90年代の金融不況を乗り越えるために、正社員の絞り込みと正社員の「ウエッジシェア」を行い、どうにかこの危機を乗り切ったのです。

続きをご覧いただくには、会員登録の上、ログインが必要です。
すでにマイナビブックスにて会員登録がお済みの方は下記の「ログイン」ボタンからログインページへお進みください。

  • 会員登録
  • ログイン