100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本年度の調達・購買部門アンケート調査でも取り上げられていますが、昨今の調達・購買部門は原材料の市況高騰に悩んでいます。
 
昨年との比較による平均コスト上昇率は「石油・石炭製品」で47%、「鉄鋼」で35%となっており、その他の素材も含めて1年間で1・3~1・5倍程度のコストアップになっています。
 
またコスト上昇には「購入先の多様化」(58%)等の施策で対応しているが、回答企業の約半数の48%の企業が「従来よりもコスト削減効果がでていない」状況となっています。
 
冒頭に「悩んでいます」と書きましたが、正確には「悩んでいた」になりそうです。
今は全世界的に百年に一回の大恐慌だそうです。
逆に言うと百年に一回のバイヤーにとってのチャンスかもしれません。
 
この記事を書いている丁度同じ頃に新聞紙上では鉄鋼業界の「カルテル」問題が取り上げられています。
前にあるバイヤーさんから「鉄の値上げは税金と同じ」と言われましたが、全くもってけしからん話です。

続きをご覧いただくには、会員登録の上、ログインが必要です。
すでにマイナビブックスにて会員登録がお済みの方は下記の「ログイン」ボタンからログインページへお進みください。

  • 会員登録
  • ログイン