WD Online

特別企画 [PR]

企業のSNS戦略を支えるソーシャルディレクター #1 ─社会人2年生がエディオンを変えた?!─ 前編

SNSをどう運用をすれば効果を上げられるのか、課題を抱えている企業も少なくないだろう。SNS運用支援を得意とするMindFree社では、「ソーシャルディレクター」という専門職を設け、若い力を積極的に登用している。その仕事ぶり、そしてそこにあるメリットとは。

企業のSNS戦略を支えるソーシャルディレクター #2-社会人2年生がエディオンを変えた?!-後編

STEP 1:Facebookをより活用するための二段階に分けた運用戦略を策定

 

73c08e0e1e002da43e2d75b0b9aff216.jpg
MindFree(株)ソーシャルディレクター
谷口 瑞稀

2015年、MindFreeに入社。学生時代からも日々SNSを使っていたことがきっかけで、MindFreeeではソーシャルメディアマーケティングチームに配属、「SNSを仕事に」する。現在は複数の大手クライアントのFacebook運用を中心に担当。日々の運用では、投稿文章のリライトや画像加工、そして投稿コンテンツの提案や戦略立案、コンサルティングまで手がける。「クライアントと二人三脚」がモットー。ちなみにプライベートではTwitterアカウントを6つ所持。本人曰く、「根っからのツイ廃です(笑)」とのこと。

マーケティングの場としても大きな注目を集めている「SNS」。ただし、成果を上げている企業はごく一部に限られている。SNSは、その特性やルールを理解し、的確な施策を打たなければ、狙った効果を得られないからだ。大手家電量販店のエディオンもまた、Facebookページの運用に課題を抱えていた会社の一つだ。

b988a4c05dad02efab534c7170edfe9f.jpg
(株)エディオンのデジタルマーケティング部、東浦大介さんと。谷口さんは東浦さんと二人三脚でここまでの取り組みを進めてきた。

同社デジタルマーケティング部の東浦大介さんは、「ファンこそ多いものの、投稿への反響が少なく、“お客様との窓口”としての役割を果たせていなかった」と話す。

MindFreeで同社のFacebook運用の支援を担当することになったソーシャルディレクター・谷口瑞稀さんはまず、二段階の運用戦略を提案した。

「エディオンさんのページの課題は、Facebook特有のエッジランクが低いために、投稿をしても、ファンの10分の1ほどにしか届かない状態になっていたことです。そこでまず、PPA広告(Page Post AD)※を配信してリーチを拡大し、その状態の改善を狙いました」

その結果、リーチ率が下がっていたページを活性化させ、ユーザーに情報の届きやすい「土壌づくり」に成功すると、続く第二段階では、投稿を読んでくれるユーザーに対して、「エディオンに対する共感」を抱かせる施策を打つことにした。そのメインの施策が、投稿の「中身」に手を入れるというものだった。

PPA広告(Page Post AD)
投稿を宣伝するためのFacebook広告のこと

fc98f57f881c15979fd7f43e912f9f83.jpg
エディオンのFacebookの変化
クリック数やコメント数などの合計数を示す「アクション数」の平均値は、施策前の3倍に。
f7914b4c2afb9b80b5b1b24f7a2d98c9.jpg
デジタルマーケティングの知見とクリエイティブの追求を武器にするソリューションカンパニー。なかでも「ソーシャルメディアマーケティング事業」は、SNSを駆使して企業の広報やブランディング、販促活動などを幅広く支援している。

企画協力:マインドフリー株式会社

この記事を見た人はこんな記事も見ています