WD Online

特別企画 [PR] Web Designing 2021年4月号

オンラインでビジネスを完結できるWebサイトに ヘッドレスCMSで迅速に部分強化

対面でのビジネスがやりづらい昨今、Webサイトを活用すべく力を入れる企業が増えています。しかし、WordPressや既存システムでのサイト運用に限界を感じ、なかなか課題を解決できないということはないでしょうか。クラウド型デジタルマーケティングサービス「Cloud CIRCUS(クラウドサーカス)」では、抜本的なサイトリニューアルはもちろんのこと、部分的な強化も迅速に行うことができます。同サービスを提供するMtame/スターティアラボの金井章浩さんに話を伺いました。

CloudCircus_01a.jpg
金井章浩
CMSやMAツールの提供、またWebサイト制作や広告の運用などデジタルマーケティングの支援を行うMtame株式会社の代表取締役社長。同時に、ARや電子ブックなどのツールを提供するスターティアラボの取締役も務める。https://mtame.co.jp/

 

非接触時代のWebサイトでは見込み顧客を育成しよう

Webサイトできちんと顧客獲得や商談などを行えるようにするためには、それに対応した運用体制をつくらなければなりません。情報が少なく、ただ商品やサービスの資料と問い合わせフォームがあるだけのサイトも散見しますが、いきなり問い合わせるのはハードルが高く、ほとんどの人は離脱してしまいます。

まずは、ターゲットとなり得る人が興味を持つような情報を継続的に発信し、潜在層まで広く集客することが重要です。SEO対策やSNS、広告出稿などでサイトへ誘導するようにもしましょう。

そうして、集客した人を時間をかけて顧客育成していきます。そのためには、個人情報を取得するための敷居を下げる必要があります。例えば、役立つ業界情報を発信するメディアを運営し、更新情報を知らせるメルマガ登録を促すほか、セミナー開催や資料配布などメールアドレスを登録してもらう機会を複数用意しておきます。それを活用し、再訪を促したりマーケティングを行うことが大切です。

「Cloud CIRCUS」はWebで顧客を集め育成するためのツール群で、その中のCMS「BlueMonkey」、データベース「Plusdb」、MAツール「BowNow」を活用することで、こうしたコンテンツの発信・運用を効率的かつリーズナブルに実現し、サイトを強化することができます。

CloudCircus_02.jpg
見込み顧客を育成するサイト設計
見込み顧客を多く集めるためには、ターゲットの興味を引くであろう記事をまめに更新し、周知していくことが大切です。また、メールマガジンの登録などでメールアドレスを得る機会を複数回用意したサイト設計にします。それをマーケティング活用していくことで、時間をかけて顧客育成をします

既存サイトに必要な機能だけを部分埋め込み

Webサイトできちんと顧客獲得や商談などを行えるようにするためには、それに対応した運用体制をつくらなければなりません。情報が少なく、ただ商品やサービスの資料と問い合わせフォームがあるだけのサイトも散見しますが、いきなり問い合わせるのはハードルが高く、ほとんどの人は離脱してしまいます。

まずは、ターゲットとなり得る人が興味を持つような情報を継続的に発信し、潜在層まで広く集客することが重要です。SEO対策やSNS、広告出稿などでサイトへ誘導するようにもしましょう。

そうして、集客した人を時間をかけて顧客育成していきます。そのためには、個人情報を取得するための敷居を下げる必要があります。例えば、役立つ業界情報を発信するメディアを運営し、更新情報を知らせるメルマガ登録を促すほか、セミナー開催や資料配布などメールアドレスを登録してもらう機会を複数用意しておきます。それを活用し、再訪を促したりマーケティングを行うことが大切です。

「Cloud CIRCUS」はWebで顧客を集め育成するためのツール群で、その中のCMS「BlueMonkey」、データベース「Plusdb」、MAツール「BowNow」を活用することで、こうしたコンテンツの発信・運用を効率的かつリーズナブルに実現し、サイトを強化することができます。

CloudCircus_03.jpg
必要な機能だけ埋め込み可能なヘッドレスCMS
コンテンツ更新や記事登録ができる「BlueMonkey」、データベース「Plusdb」、MAツール「BowNow」の3つは、ヘッドレスCMSになっています。そのため、既存のWebサイトに必要なものだけを埋め込むことができます

企画協力●スターティアラボ株式会社

掲載号

Web Designing 2021年4月号

Web Designing 2021年4月号

2021年2月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

“新常態”での“新課題”を予防&対処するCMSの必須知識!

サンプルデータはこちらから

Web Designing 4月号(2月18日発売)特集

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「非接触ビジネス」で勝利する!
CMS 最新ノウハウ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

“新常態”時代のWebサイト運用には「多様なコンテンツ管理」と「セキュリティ」の意識が不可欠!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2021年に突入しても、未だ先行き不透明な“新常態”の現在。
直接的な接触を極力避けることを推奨される「非接触」前提の中、顧客とのタッチポイントとして
Webサイトの役割はますます高まってきました。

ひとえにWebサイトと言っても、PC、スマホはもちろん、さまざまなデバイスで情報を発信できるようになり、
コンテンツもテキストベースだけでなく動画やライブ配信など、さまざまな手段が主流になってきています。

そう言った中、コンテンツ管理システム(CMS)の重要度はますます高まります。
さまざまな手段で情報を受け取る顧客の状況に合わせて適切な情報を届け、それを管理するには、
CMSを上手に活用することが不可欠です。

また、
「Webサイトに異常が発生したけど、在宅勤務なので社内サーバにあるCMSが触れない!」
などなど。テレワークという新しい働き方は、新たな課題も生み出しています。

さらに今後、個人情報保護の意識も国を挙げて高まり、
一度不祥事を起こすと会社の存続に関わるほどのダメージを受ける可能性も大いに高まってきました。
社内サーバにアップデートしていないCMSを置きっ放しにして許される状況ではもはやありません。
早急に「セキュリティ」について整備しないといけない状況です。


本特集では、そんな「非接触時代のWebビジネス」を効果的に、そして課題も解決しつつ運用するための
“新常態”におけるCMS運用の必須知識を、「選択・導入・運用」「セキュリティ」「リモート体制」「動画」の側面から
見ていきましょう。

さらに、この“新常態”時代に安価・安心・安全な商用CMSも多々紹介しています。
みなさんの会社やお仕事の状況&条件に適したCMSを検討してみてください!


【おすすめピックアップ!】
●非接触ビジネスの最適解! 安心・安全な商用CMS11
●クラウド型&オンプレミス型 CMSのメリット・デメリット
●個人情報保護法改正の衝撃! CMSの最新セキュリティ
●動画・ウェビナーはCMSで効果的に仕掛けよう
など

この記事を見た人はこんな記事も見ています