WD Online

特別企画 [PR] Web Designing 2021年2月号

アニメだから伝わるVYONDでつくるビジネス動画(概要編) リモート時代の発信力強化

オンラインの役割がますます拡大している現在。動画は人に何かを「伝える」ために外すことのできない手段となっており、積極的な制作・発信がビジネスの現場で求められています。
企画協力:株式会社ウェブデモ

VYOND_01.jpg
会えない&撮れない今こそアニメの表現力が強い
VYONDとは

米GoAnimate社が開発するクラウド型ビジネスアニメ制作プラットフォーム。わかりやすい操作性と豊富な素材・テンプレートでビジネスアニメの内製ニーズに応え、導入企業が拡大中。国内では日本公式パートナーの(株)ウェブデモが取り扱う。 https://animedemo.com/
 

コストやリスクに強く表現力の高いアニメに注目

「ニューノーマル」時代の幕開けとなった2020年。BtoBでもBtoCでも、人々の消費行動にオンラインのタッチポイントが欠かせなくなり、ブームではなく本当の意味で動画が必須のマーケティングツールとなっていることは間違いないでしょう。

動画は、適切に活用すれば強い発信力を持つコンテンツになります。しかし、課題はやはり制作コスト。スマホの撮影・編集だけで成立するタイプの動画もありますが、ストーリーやセリフで訴求するタイプの動画では、やはりプロの制作スタッフや俳優の力が必要です。加えて、今は人が集まって撮影すること自体が困難な状況です。

内製化しようにも専門性の高さゆえにハードルは高く、出演した社員が異動・退職した場合に動画を使い続けられるか、といった人的リスクも考えられます。

世界が同じような状況に見舞われる中、注目されているのがアニメーションによる動画制作です。ビジネスアニメーションツール「VYOND(ビヨンド)」はいま、そんな世界中の企業に活用されています。

 

豊富な素材とわかりやすい操作性 日本語の学習サポートも充実

VYONDは、ビジネス向けのクラウド型アニメーション制作ツールとして2007年に米国で誕生。2018年より(株)ウェブデモが日本公式パートナーとなり、国内でもユーザーが急拡大しています。

人気の理由は、わかりやすい操作性と豊富な素材で、簡単に動画が内製できること。ビジネスから生活まで多彩な舞台と小物類が用意され、人物は顔・髪型・衣装などのカスタマイズや、さまざまな表情・動作の設定が可能。シチュエーションをそのまま使えるテンプレートも豊富です。

操作性はMicrosoft PowerPointに似ていて、「シーン」に人やモノを配置し、動きや音をつければOK。カメラワークやモーションで高度な演出も可能です。

アニメーションの強みは、人物視点のストーリー表現や、サービス・システムなど形のないプロダクトの説明に適していること。また、写真や動画を取り込んだハイブリッドな表現も可能です。

ウェブデモでは「AnimeDemo」でVYONDの使い方解説や、伝え方のコツ、制作事例など、制作だけでなく動画をビジネスに活用するためのポイントも学べる情報を積極的に発信中。他にも、より専門的に学べるオンライン講座や、制作の受発注ができるポータルサイト「ProDemo」など、さまざまな形でユーザーをサポートしています。

動画はすでに特別なツールではなく、企業がWebサイトを持つことと同じくらい当たり前に使われるものになっています。自社で制作・発信できる体制は、ニューノーマル時代におけるマーケティングの心強い戦力になるはずです。

 

【「VYOND」制作体験編はこちら

掲載号

Web Designing 2021年2月号

Web Designing 2021年2月号

2020年12月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

独自アンケートで浮き彫りにする、「新常態」時代のWebビジネスの「新実態」

サンプルデータはこちらから

Web Designing 12月号(12月18日発売)特集

[非接触時代]のIT業界の今後はどうなる?
Web制作のリアル2021

年初には誰もが予想し得なかった事態になった2020年。全ての企業において例外なく、ビジネスも働き方も従来の常識が通用しなくなったと言っても過言ではありません。

リアルでの接触がしづらくなった代わりにオンラインでできるマーケティング活動が存在感が増していく中、企業のビジネススタイルは明らかに変わってきました。では現在、この状況下でも成果をあげている企業はどんな取り組みをしはじめ、どんなビジネス潮流が起きているのでしょうか。

それを知る鍵は、さまざまな企業規模、業種のデジタル施策の相談を受けソリューションを提供し続けているWeb制作会社の動向にあります。今、彼らの元にはどんな相談が舞い込み、どんな近未来のビジョンを持っているのでしょうか。

Web Designing 2021年2月号では、同誌編集部による完全オリジナルなアンケートによる大規模な調査により、2021年のWebビジネス、デジタル施策の潮流、そしてWithコロナ下での働き方まで紐解いていきます。

●様変わりしたビジネスの潮流とクライアントの悩みとその解決策
●リモートワークはWebビジネスをどう変えた?
●Withコロナ下で求められるスキルや人材とは?
●今後習得したいスキルは?
●もっとも利用されているマーケティングツールは?
●もっとも利用されているコミュニケーションツールは?
●もっとも利用されているUIデザインツールは?
●リモートワークで課題だと思っていることは?

など

編集部からのおすすめ記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています