WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年6月号

隠れ情弱を卒業せよ データの活用、本当にできていますか?

あなたが見ているそのデータは、本当に価値のあるものでしょうか。正しく現状を表しているものでしょうか。誰かにとって都合よく編集された、まやかしなのではないでしょうか…。「データリテラシー」という言葉がありますが、正しいデータを収集し、読み解き、その本質を理解するためには十分な知識が必要となります。ただただグラフや表にアクセスできるだけでは、情報を使いこなしたとは言えないのです。今回の特集では、さまざまなデータを紹介していきますが、まずはポイントとなる視点を4つ紹介します。情報をつかいこなす「強者」を目指し、まずはここからスタートしましょう。
Illustration:國廣稔

正しい情報こそ飯の種。トレンドはデータで掴め!

ネットが発展し、多種多様な情報が行き交う今の時代は、自身の行動を定める指針として、さらには人を説得するためのエビデンスとして、データの重要性がますます高まっています。予想を超えた事態が次々に起こる今はなおさら、冷静に、そして客観的な目でデータを見る力を身につけたいものです。

下で紹介している本特集の記事では、専門家が2020年初頭のWebマーケティング分野のデータを分析してくれています。その目線に注目しながらデータを読んでみてください。

 

使える? 使えない? 最新技術トレンドはデータで掴め!

革新的で斬新な技術が登場した時の、人々の反応の仕方は大きく二つに分かれると言われています。ひとつは、新しいことは良いことだと跳びつく人。もうひとつは、疑うばかりで距離を置く人。例えばAIやIoT、5Gといった最新技術や電子マネーのことを思い浮かべてみるとわかりやすいでしょう。

これが個人の嗜好や生き様の話であればどちらでも問題ありませんが、ビジネス活用の場合、そうはいきません。正しく状況を認識して採り入れるべきは採り入れ、疑わしいものとは適切な距離置く必要があります。

そこで役立つのがデータです。客観的で公平な情報を手にすることができれば、しっかりとした判断ができるはずです。

 

人々の心の深いところはデータで見つけ出せ!

ちょっといいカッコをしようと、話を盛ってしまったなんていう経験、皆さんにもあるんじゃないでしょうか。その逆に、周囲に配慮するために、話を控えめにすることもあるでしょう。人間は周囲との関係性の中で生きていますから、その言動が、心の奥で思っているとおりのものとは限りません。だからこそ大切なのがデータです。表面的な言葉や行動からは見えてこない本音が、数字の蓄積の中から顔をのぞかせます。本誌の読者にとって、そうした人にまつわるデータが活きるポイントのひとつは、採用や転職といった領域でしょう。求職者が心の奥深いところで何を求めているのか、逆に企業がどんな人を求めているのか。そうした情報を探るためのデータ活用術を身につけましょう。

 

プロの力でデータの質を高めよ!

本当に欲しいデータがない! そうお嘆きの方はプロに調査を委託してみてはどうでしょう。ひとくちにプロと言っても、さまざまなタイプがいます。昔ながらの足を使ってていねいに調査するプロ。ネット技術を活用して大量のデータを収集しているプロ。さらにはAIなどの最新技術を活用して、思わぬ角度からデータを導き出すプロもいます。あなたが必要としている情報を見つけ出し、用意してくれるプロは必ずいるでしょう。ただし、その際に大事なのはプロに何を依頼するのかをはっきりさせること。そのプロセスを省いてしまうと、どれだけ優秀なプロに依頼しても、適切なデータを手にするのは難しいでしょう。あなた自身も調査にしっかりと向き合う。そんな心持ちが大切なのです。

掲載号

Web Designing 2020年6月号

Web Designing 2020年6月号

2020年4月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

緊急特集【テレワーク】/世界のリサーチ結果をプレゼンやビジネスの武器にしよう!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■ Web Designing 6月号(4月17日発売)特集 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【緊急特集】テレワーク
リモートワーク・ビデオ会議の質を高めるための実践テクニック


世界の大規模なリサーチデータを集計して徹底分析!
Webビジネスの最新動向

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<概要>

--【テレワーク】-----------------------------------------------------------------------
・リモートワークが余儀無くされる状況下、何からどう取り組めばいいか困っている人へ、
 企業として長くリモートワークに取り組んできた2社のノウハウを紹介。

・どんな機器、ツール、体制がおすすめ?
・円滑に、質の高いリモートワークを実現させるための実践ポイント



-【Webビジネスの最新動向】-----------------------------------------------------------------------
・公的機関をはじめ民間企業の独自調査など、90以上の世界中のリサーチ結果を見やすく整理。
 社内外の提案などで参考資料として使える資料集。

・ツール選定などの参考資料にもなります。

・リサーチ結果から各業界のプロが現在~近未来の潮流を優しく解説。

・Webマーケティング編(マーケティング全般、SNS、動画、ECなど)
 最新テクノロジー編(AI、RPA、IoT、VR、5Gなど) 
 採用&働き方編(テレワーク、採用、キャリア育成、組織改革など)
 
・目的なくして調査の意味はない! ユーザーリサーチの心得
・「調査屋」ではなく「戦略パートナー」にする! プロにリサーチを依頼するメリットとは?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【Web Designing 6月号を読んだメリット】

・いますぐリモートワーク、Web会議などを整備するために必要な現場のノウハウがわかる
・リモートワーク、Web会議をより快適に行うための機器やツール、運用体制の参考になる

--------

・提案・プレゼンの根拠づけなどに使える
・ツール導入などの選択基準として使える
・Webビジネスの技術・働き方の潮流が把握できる
・ビジネスの最新動向を系統立てて把握できる
・リサーチ結果の数字を読み、自分のビジネスに活かせるノウハウが身に付く
・効果的なリサーチ方法、アンケートの設問の作り方などがわかる



【こんな悩みを持つ方にオススメ!】
■大事なビジネス方針を決めるのに、たった1つの調査結果だけで大丈夫かな…?
■プレゼン資料を作るのに、色々なデータをかき集める時間がない!
■マーケティング手法もテクノロジーも目まぐるしく変わっているけど、今のポイントを知りたい
■リサーチが必要なことはわかっているけど、そんな予算もないし何をしていいかわからない
■決裁者に提案を通すために効果的な数字やその見せ方が知りたい

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています