WD Online

One's View コラム Web Designing 2020年6月号

【コラム】データと空気 今号のお題「データ」

さまざまな方々に、それぞれの立場から綴ってもらうこのコラム。ひとつの「お題」をもとに書き下ろされた文章からは、日々の仕事だけでなく、その人柄までもが垣間見えてきます。

テーマが「データ」ということで、デジタルマーケティングにおける数値検証の話でも細かくしようと思ったのですが、新型コロナウイルスに伴う世間の変化もあり、通常の数字とは大きく変わっています。今回は、この状況に際して、デジタルマーケ担当として感じていることを書きます。

ローソン公式Twitterのフォロワーは480万人。企業のTwitterアカウントの中では1番多くのフォロワーさんがいます。いつもは、毎週火曜日の新発売商品を拡販するためにWeb動画をつくるなど、バズる販促手法を検討していました。

しかし、会社は2月下旬からリモートワークになり、3月上旬には学校が休校になり、この原稿を書いている4月上旬にかけて一気に状況が変わりました。ローソンの社内報では中国のメンバーが頑張っている様子が紹介されています。日本のローソンもちょっと尻込みしてしまいそうな世の中の空気がありましたが、以下の3つの取り組みを実施することにしました(3月末時点)。

1. おにぎり約58万個を学童施設にランチとしてお届け
2. 休校中のお子様向けに、キャラクターぬりえの無料開放
3. 牛乳の消費支援として、ホットミルクの半額セール

これらの取り組みを実施するにあたって、Twitter上ではどう伝えたらいいのか、とても迷いました。2月中旬までは、OLさんをターゲットに「ご褒美にデザートはいかがですか?」のようなメッセージを普通に伝えていましたが、この1カ月で状況は大きく変わっています。フォロワーさんは少なからず不安を抱えているだろうし、同じメッセージであっても1カ月前とは受け取り方が異なるかもしれません。

投稿内容は、世間の空気と自社の立ち位置を踏まえて慎重に検討する必要がありました。自画自賛になってもいけないし、お客様にも、約19万5,000人いるローソンクルーにも、嫌な思いをさせてはいけません。短い文章であっても、いつも以上に時間をかけてコピーを考えます。

投稿後はリアルタイムで反応が返ってきますので、「リツイート」や「いいね!」はもちろん、リプライの内容でネガティブなものはないかとハラハラして見ています。また、エンゲージメントの数字についても社内で反応を共有しています。大変な時だからこそ、データと向き合うこと、受け手の声から世間の空気を汲み取る大切さを改めて感じました。今後も、480万のフォロワーさんがいるSNS担当として、「データと空気」を読んでローソンの取り組みをお伝えしていこうと思います。

このコラムを2016年から3年半担当しましたが、今回が最終回です。連載の開始当初は課長だった私も、今では部長になりました。自分の文章が世の中に出ていく経験は貴重だったと思います。読んでくれた読者の皆様、編集部の皆様、本当にありがとうございました。

OnesView_shirai01.jpg
大変な状況だからこそ、SNS担当としての責任をいつも以上に意識し、会社の取り組みをフォロワーの方々へ伝え続けています

 

4a9ab0291c7f3a84c72ebf34732e912a.jpg
ナビゲーター:白井明子
(株)ローソン マーケティング本部 部長  デジタルドリブンな取組の推進を担当。「Web人大賞」、日経ウーマン「ウーマン・オブ・ザ・イヤー準大賞」受賞。ACCネットワーク委員会広報チームリーダー、法政大学イノベーションマネジメント研究センター客員研究員。http://www.lawson.co.jp/

掲載号

Web Designing 2020年6月号

Web Designing 2020年6月号

2020年4月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

緊急特集【テレワーク】/世界のリサーチ結果をプレゼンやビジネスの武器にしよう!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■ Web Designing 6月号(4月17日発売)特集 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【緊急特集】テレワーク
リモートワーク・ビデオ会議の質を高めるための実践テクニック


世界の大規模なリサーチデータを集計して徹底分析!
Webビジネスの最新動向

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<概要>

--【テレワーク】-----------------------------------------------------------------------
・リモートワークが余儀無くされる状況下、何からどう取り組めばいいか困っている人へ、
 企業として長くリモートワークに取り組んできた2社のノウハウを紹介。

・どんな機器、ツール、体制がおすすめ?
・円滑に、質の高いリモートワークを実現させるための実践ポイント



-【Webビジネスの最新動向】-----------------------------------------------------------------------
・公的機関をはじめ民間企業の独自調査など、90以上の世界中のリサーチ結果を見やすく整理。
 社内外の提案などで参考資料として使える資料集。

・ツール選定などの参考資料にもなります。

・リサーチ結果から各業界のプロが現在~近未来の潮流を優しく解説。

・Webマーケティング編(マーケティング全般、SNS、動画、ECなど)
 最新テクノロジー編(AI、RPA、IoT、VR、5Gなど) 
 採用&働き方編(テレワーク、採用、キャリア育成、組織改革など)
 
・目的なくして調査の意味はない! ユーザーリサーチの心得
・「調査屋」ではなく「戦略パートナー」にする! プロにリサーチを依頼するメリットとは?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【Web Designing 6月号を読んだメリット】

・いますぐリモートワーク、Web会議などを整備するために必要な現場のノウハウがわかる
・リモートワーク、Web会議をより快適に行うための機器やツール、運用体制の参考になる

--------

・提案・プレゼンの根拠づけなどに使える
・ツール導入などの選択基準として使える
・Webビジネスの技術・働き方の潮流が把握できる
・ビジネスの最新動向を系統立てて把握できる
・リサーチ結果の数字を読み、自分のビジネスに活かせるノウハウが身に付く
・効果的なリサーチ方法、アンケートの設問の作り方などがわかる



【こんな悩みを持つ方にオススメ!】
■大事なビジネス方針を決めるのに、たった1つの調査結果だけで大丈夫かな…?
■プレゼン資料を作るのに、色々なデータをかき集める時間がない!
■マーケティング手法もテクノロジーも目まぐるしく変わっているけど、今のポイントを知りたい
■リサーチが必要なことはわかっているけど、そんな予算もないし何をしていいかわからない
■決裁者に提案を通すために効果的な数字やその見せ方が知りたい

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています