WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年4月号

Webの力を引き出すCMS+αの提案 活用しないと“もったいない” Webの可能性を考えよう

どの企業も必ず持っているWebサイト。それをただ会社案内として使っていては「もったいない」と思いませんか? 多数の企業サイトを構築している株式会社インフォネット代表の岸本誠さんに、CMSを軸にしたWebサイトのビジネス活用について聞きました。

現在、多くの企業ではCMSを使ってWebサイトを管理・更新しているでしょう。しかし、ただ会社情報を公開するためだけに使っているとしたら、それは「非常にもったいない」状態であると、株式会社インフォネット 代表取締役社長の岸本さんは指摘します。

「Webでモノを買うことが当たり前になったいま、BtoCで発展してきたマーケティングテクノロジーをBtoBでも活用する流れが顕著になっています。もしWebからの問い合わせが月1件から10件になれば、大きな営業支援になるはずです」(岸本さん、以下同)

では、具体的にどのようなテクノロジーが役立つのでしょうか。

まず思いつくのはCRMやMAツールによる“接客”のカスタマイズでしょう。CRMは訪問者の行動を個別にスコアリングし、MAはそのスコアに応じてポップアップを出したりメールを送ったりします。ここにCMSを連携させることで、ページ内の画像をレコメンドしたい内容に貼り替えるなど、より自然にパーソナライズすることも可能です。しかし、成果を出すには適切にシナリオを構築し、仮説~検証のPDCAを回して精度を高めていく運用体制も整えなくてはなりません。

また、CMSに蓄積されたデータをAIチャットボットやスマホアプリ、スマートスピーカーなど、新しい接点に活かす方法もあります。こちらもただ新しさに着目したのでは本質的な価値に貢献しないものになる恐れがあります。

「私たちが最初に行うのは技術的な提案ではありません。調査・ヒアリングを重ねて顧客企業のビジネスモデルをよく理解し、そのWebサイトにおいて解決すべき課題を見つけることです」

企業のWebサイトにはどのような課題があり、どのような提案が効くのでしょうか。その事例を見ていきましょう。

 

基幹システムとの連携でWebが最速営業ツールに

例えば、製品の製造・販売を行うメーカー系企業では、ECを行っていなくても自社サイト内に製品情報ページがあるでしょう。しかし、それが基幹システムと連携されていないケースは少なくありません。基幹システムの製品データベース(DB)には社外秘の情報も多い一方で、製品名・型番・仕様書など積極的に顧客企業へ提供するべき情報もあります。

DBの情報がWebページに反映されないと、営業担当者は分厚いカタログやプリントした仕様書などの資料一式を持ち歩かなくてはなりません。その製品を求める潜在顧客が検索で見つけてくれることもありません。

「こうした場合、DBから必要な情報をCMSに送り、自動的にWebサイトに反映される仕組みをご提案します。常に最新の情報が反映されるので、営業の際はWebページを使って顧客に説明することができるようになります」

自動化は文字入力やリンク先のミス、情報解禁日時の間違いといったヒューマンエラー防止にも役立ち、内製化によるコスト削減効果も期待できます。

このような事例は多く、作業工具の製造販売などを行う(株)ロブテックスもそのひとつです。基幹システムとの連携により2,000点におよぶ製品データの更新を自動化しました。

「実は、同社から最初に聞かれたのは『サイトをカッコよくしたい』という社員の声でした。しかし、ヒアリングするうちに本質的な要望が見えてきたのです。担当者が兼務だから、人手が足りないからと、本当にやりたいことを無意識に諦めている方も多いかもしれません。しかし、テクノロジーによって実際には少ない労力でそれを実現できるかもしれないのです」

基幹システムやCMS、CRMに溜めるだけになっている情報はありませんか? それを棚卸ししてみると、営業や業務サポートに役立つWebサイトづくりの材料が見つかるかもしれません。

info01.jpg
CMSとデータベースの連動による更新自動化
CMSとデータベースの連動による更新自動化で、コストと手間を大幅に削減。人手が足りないからと諦めていることも技術で解決できる可能性がある

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年4月号

Web Designing 2020年4月号

2020年2月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

CMSはマーケティング戦力アップの最終兵器だ!

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さまざまなマーケティング戦略の「母艦」にする実践ノウハウ

攻めのCMSマーケティング2020


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

専門知識がなくてもサイトの更新や管理ができるのが特長のCMS。
顧客へ認知やエンゲージを高めるために必須であるWebサイト、
そのコンテンツを有効に活用するための基盤となるCMSは、
今後のWebビジネスの勝敗を左右する大事なポイントなのです。
さらに、今あるサイト運用上のさまざまな課題も、
CMSを理解することで解消されるのです!

Web Designing 2020年4月号では、
積極的にビジネスを展開させるためにCMSを120%活用するノウハウを
現場レベルの課題感に合わせてお伝えします。


【こんな方にオススメ!】
■とりあえずWordPressにしてみたものの、実際の運用に様々な課題が出てきた
■既存のCMSではこの度やりたい新規Webビジネスが思うように実現できそうにない
■運用の使い勝手がいいCMSが知りたい
■予算は少ないが、企業サイトだけに素人が適当に作るのは抵抗がある
■CMS構築及びWebサイト制作、そしてその後の運用まで信頼できるパートナーを見つけたい
■「自社で簡単に作れる」という触れ込みを鵜呑みにした結果、現場が混乱&疲弊している


【内容(予定)】
●[攻めの多角的発信]ワンソースマルチユースを実現せよ!
・情報発信先はWebサイトだけではない!アプリ・IoT・サイネージ etc.
・ワンソースマルチユースが考えやすいCMSは?(機能面&サポート面)


●[攻めの新ビジネス]Webビジネスの潮流にCMSで乗りこなせ!
・サブスクリプション、CX、SNS、動画、EC、AI・・・


●[攻めのマーケティング]CMSをマーケティングにフル活用せよ!
・さまざまなマーケティングツールを連携させる戦術ノウハウ


●[攻めのリニューアル]Webサイトリニューアルで収益を上げろ!
・既存サイトを「攻めのサイト」に変えるには


●[攻めの運用]効率的かつ業務改善に繋がる運営をせよ!
・多部署間連携をスムーズにするコツ

●[攻めのための守り]セキュリティを堅固にせよ!

など

この記事を見た人はこんな記事も見ています