WD Online

特集一覧 Web Designing 2020年2月号

人間性と柔軟性を重視したチームづくり コンセプトはトップダウン、タスクはボトムアップで実現

2019年11月23日、24日の2日間、東京国際フォーラムにて開催されたデザインカンファレンス「Designship」。大盛況を収めたこのイベントの背景には、一般社団法人デザインシップ 広野萌さんのサービス構築の知見が生きていた!

Designship
https://design-ship.jp/

“デザイン”の今までとこれからのあり方を考えた

デザインシップとは、デジタルデザイン、プロダクトデザイン、グラフィックデザインという3つのデザイン領域を融合させ、その最前線で活躍する人々の体験や話を共有するカンファレンス。2018年から開催され、今年で2回目を数える。なぜそれぞれの領域でスキルを極めていくようなものではなく、融合する場が必要だったのか?

「世界は今、第3次産業革命が終わり、第4次産業革命に移ろうとしています。これまではグラフィックデザイナーは広告を、デジタルデザイナーはUIをつくれたらいいと役割が分かれていました。しかし第4次産業革命の時代では “リアルな製品”と“デジタルサービス”が融合していくうえに、技術はどんどんコモディティ化していくためサービスや法人が持つ“ブランド”が競合優位性を発揮するようになります。そのため、その3つを対象とするプロダクト・デジタル・グラフィックのデザイナーは融合していくべきだと考えました」(広野萌さん、以下同) デザイナーに必要な場とはどんなものか考えた広野さん。エンジニアが主役のカンファレンスである、Android技術の情報共有とコミュニケーションを目的とした「Droidkaigi」やiOSに関する「iOSDC」のデザイン版のようなものがいいと思い至った。

 

3人の理事が、自然発生的に役割を分担した発足当初

DroidkaigiやiOSDCの形式に魅力を感じたのは、単に海外の事例を学ぶ勉強会や著名人の基調講演を聞くだけの講演会ではないから。現場で頑張るクリエイターが、意見やスキルを共有するのはすばらしいと感じていた。

「思いついた瞬間に、一般社団法人デザインシップで理事を一緒にしてくれている2人の仲間にFacebookでメッセージをしたら、“いいね”がすぐに返ってきました。その翌日に、まずは名前を決めたかったので集まって。リーダーシップやオーナーシップのデザイン版で、“デザインシップ”に決定。オンラインで商標が取れるサービスを利用して、その場で商標登録しました」

ここまで走りだしてはいたが、どのようなカンファレンスにするのか言語化されたものはなかった。ただあったのは、ベンチマークしているのがDroidkaigiやiOSDCなので、「1年に1回実施する」「500~1,000人規模で集客する」「第一線の話を聞きたいから、スピーカーは公募にする」ということ。それを具体化していくにあたり、TEDのようにまるで映画館や、劇場でひとつのショーを観ている気分になるような場を用意したい。そのためには、多くの資金が必要なので協賛金を募らなければ…など、やるべきことが見えてきた。

「初回なので、ワクワクするクリエイティブと、確固としたコンセプトが必要だと感じました。コンセプトは私が、クリエイティブはもうひとりの理事が担当。ティザーサイトを準備している一方で、別の理事が先行してスポンサー集めに奔走するなど、役割分担ができていました」

コンセプトを載せただけのティザーサイトが公開されたときには、すでに10社のスポンサーが決定。Twitterでも反響があり、核となるメッセージを発信することの大切さを痛感した。

Designship_01.jpg
これからの産業におけるデザインのあり方
これからの時代に求められるのは、隣のデザイン領域を最低限理解し、共にひとつのものづくりをしようとする姿勢。互いがなにをしているのかを知らないまま、一緒にものづくりをするのはとても危険なことなので、今こそデザイン領域の融合が必要だという

続きを読むためにはログインが必要です。
マイナビBOOKSの「WD Online全文購読サービス」(有料)をご利用ください。

マイナビBOOKSへの新規会員登録もこちらから。

定期購読者はオンライン版が読み放題 !!
雑誌『Web Designing』の定期講読者には、
WD Onlineの全文購読サービスを無料でご提供しています。
詳しくは「定期購読のご案内」をご覧ください。

掲載号

Web Designing 2020年2月号

Web Designing 2020年2月号

2019年12月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

効果的なコミュニケーションを生む“ベストチーム”のつくりかた

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

予定通りに進まないWeb制作の壁を突破せよ!

失敗しない
Webビジネスのプロジェクトマネジメント

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Webビジネス、ひいてはWebサイト制作のプロジェクトにおいて、「当たり前」でありながらも最大の難関と言えるのが、
「予定通りに完遂する」ではないでしょうか。

クライアントと制作サイド、どちらも大勢の人間が関わり、多くのステークホルダーが存在するWebのプロジェクトでは、
全員の共有がうまくいかなかったり、責任の所在が曖昧になったり、立ち上げ当初には思いもよらなかったトラブルが発生したりと
スムーズに進めることが難しくなってきます。

しかし、スピードが勝負のWebビジネスの世界において、プロジェクトの遅れは致命傷になりかねません。
また、万が一プロジェクトがうまくいかないと、利益の損失、機会の損失はもちろん信頼の損失にも繋がります。

そこでWeb Designing2020年2月号では、

「なぜ、プロジェクトはうまく進まないのか」

を掲げ、その原因の中でも特に重要な
「スケジュール」「コミュニケーション」にフォーカスして
機会損失・利益損失・信頼損失の事態にならず成果をあげる「失敗しないプロジェクトマネジメント」のコツを
お届けします。



【こんな方におすすめ】
◎クライアントワークで上流から関わる制作会社のディレクター、デザイナー
・企業のIT推進担当、Web担当者、マーケター


【内容(予定)】
●プロジェクトの流れを把握しよう
●失敗しない「ゴール設定」
●失敗しない「チーム作り」
●失敗しない「状況把握」
●失敗しない「内外調整」
●失敗しない「成果・評価」

●定例会議がグレードアップする「プロジェクトスプリント」
●PM担当者のための理想のPDCAサイクル
●目的が途中でブレないために「なぜ」を追求せよ

●プロジェクトを円滑に進める最強ツール活用術
Backlog/Googleスプレッドシート&Microsoft Excel/Trello/Slack/Chatwork

●Webビジネスのプロジェクトマネージャー育成/採用講座

●動画のプロジェクトマネジメント
●SNSのプロジェクトマネジメント

『Web Designing』2020年2月号の連載記事「知的財産権にまつわるエトセトラ」に誤りがございました。
下記の通り訂正し、読者ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

129ページ右段上から3行目について
(誤)市立芸大
(正)造形芸大

この記事を見た人はこんな記事も見ています