WD Online

データのミカタ Web Designing 2019年8月号

「ギガ充」あっての動画マーケティング データアナリスト萩原雅之氏による統計コラム

自社サイトであれ、広告であれ、ユーザーが動画をストレスなく見られることは、動画マーケティングにとっての必要条件だ。リーチ(到達度)とフリクエンシー(接触頻度)、すなわち、より多くの人により多くの時間見てもらうことで、動画ビジネスは拡大する。そのボトルネックになっているのは契約通信量の問題である。

MMD研究所が2018年11月に実施したスマートフォンユーザー対象の調査によると、1カ月あたりの契約容量は3GB以下が35%を占め、実際の使用量は3GB以下が47%となっている。YouTubeなどの高画質(720p)動画は1GBで90分程度、中画質(480p)は3~4時間と言われている。月3GBの契約であれば、動画を見られるのは1日10分から30分程度にすぎない。これではいかにも物足りない。

また、「通信契約容量を節約している」にあてはまるとの回答も半数以上を占める。実際、動画はWi-Fi環境でしか見ないという若者は多い。利用量の上限を考えながら利用するのは、本来は不自然なことだ。例えば、テレビを見るのに月間の利用時間に上限があり、そこに達すると画質が低下すると考えてみてほしい。容量の節約のため止めておこう、といった心理になることは容易に想像できる。

今年の携帯電話キャリアの新プランは「ギガ」を巡る競争がいっそう激しくなっている。慢性的な「ギガ不足」に悩まされるソフトバンクのCM「ギガ国物語」も話題になった。「ギガ死」「ギガ充」という言葉が一般的になるほど、すべてのユーザーにとって最大の関心なのである。

新通信規格の5G(第5世代移動通信システム)が本格的に普及するまでは、キャリアにはより大容量、低料金のプランを提供できるよう頑張ってもらうしかない。そのための競争なら歓迎だ。

Mikata01.jpg
契約と利用の分布を比較すると、全ユーザーが必ずしも契約容量を使い切るわけではないが、上限を気にしつつ利用量を把握、管理している様子がうかがえる。サンプルサイズは n=10,000(小数点以下任意の桁を四捨五入して表記のため、積み上げ計算すると誤差が出る場合あり)
出典 : MMD研究所による調査(2018年12月20日にリリース)
https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1762.html
Text:萩原雅之
トランスコスモス・アナリティクス取締役副社長、マクロミル総合研究所所長。1999年よりネットレイティングス(現ニールセン)代表取締役を約10年務める。著書に『次世代マーケティングリサーチ』(SBクリエイティブ刊)。http://www.trans-cosmos.co.jp/

掲載号

Web Designing 2019年8月号

Web Designing 2019年8月号

2019年6月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

動画を作った! そのあとどうするの?

サンプルデータはこちらから

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「つくるだけ」では役に立たない!

Web動画を課題解決につなげる
必勝方程式

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

数年前より、Webマーケティング界隈では動画を使った施策が主流となってきました。
主要SNSプラットフォームも軒並み動画への動きを活発化させ、
インスタグラムストーリーやFacebook LIVE、TikTokなどさまざまなサービスが登場しており、
「動画は当たり前」という状況はますます加速しています。

これまでは「動画をつくる」ということに関してお金と時間、人手がかかり大きな障壁となっていましたが、
今ではスマホ1つで撮影でき、動画制作が手軽にできるツールも揃ってきました。
これで動画を使ってWebビジネスができる!…ちょっと待った!大事なことを忘れていませんか?

その動画、どう使ったらビジネスの課題解決に役立ちますか?
「動画をつくる」だけでは儲かりません。
それを本来の自分たちのビジネスの目的や課題(集客、商品売り上げUPなど)に結びつけて初めて意味があります。

せっかくつくった動画をどのプラットフォームに公開したらいいか、
動画を視聴した人にどんなアプローチをすれば購入まで誘えるか、
動画視聴者の動向をどんな数字を見て、どのように判断すればいいか…。

本特集では、せっかくつくった動画を120%ビジネスの結果に結びつけるために必要な考え方、
すべきことなどを系統立てて整理しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
集客や販売促進といった「外向け」の動画活用から、採用、研修、インナーブランディングといった「内向け」の
動画の効果的な活用法まで網羅!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



【本号を読むメリット】
・動画を使った効果的な取り組みや戦略の立て方がわかる
・「動画をつくる」「動画を活用する」「動画を運用する」それぞれの目的で効果的な知見を得られる
・動画そのものだけに注目するのではなく、動画をビジネスのピースの一つとして、俯瞰的なビジネス施策のイメージがつかめる



【こんな方にオススメ】
■動画を作成したけどイマイチ期待する結果が出ていない企業Web担当者
■動最近話題の動画系サービスをマネタイズにつなげたい企業担当者
■動画作成は得意だけど、それを効果的に活用する施策提案までできるようになりたい制作会社
■動画施策を提案したいけど、決裁者に費用対効果がうまく説明できない担当者

この記事を見た人はこんな記事も見ています