価値ある情報を幅広く紹介。将棋の「知りたい」はここで見つかる

マイナビ将棋編集部BLOG

将棋世界

受けの達人、そろい踏み

2015.10.28 | 田名後健吾

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん、将棋世界12月号の発売はもうすぐですよ!
本号も見どころいっぱいですが、上達系でイチオシなのが特集『受けの達人』。なんと、19ページにわたってドドーンとお届け!
「受ける青春」中村修九段と、「千駄ヶ谷受け師」木村一基八段。まさに将棋界を代表する受けの達人が語り尽くします。

中村九段「受けは神経を使うので疲れますが、駒得でちょっと優勢な局面は気分もリラックスできるし、いい手も出る。戦うのは好きじゃないんです、私」
木村八段「相手の人が何を考えているのかなって少し想像すると、将棋は奥深くなるし楽しい。受けは上達の目安なんです」

お二人の受けに対する考え方はもちろん、巨匠・大山康晴十五世名人の妙技など、図面や参考棋譜満載で紹介します。
みなさん、受けについてじっくり考えてみませんか?(田名後)
 

201510281715_1-300x0.jpg

あなたにおすすめの商品