価値ある情報を幅広く紹介。将棋の「知りたい」はここで見つかる

マイナビ将棋編集部BLOG

新刊案内

トライボーディアンって何? ~噂の3種競技について~

2015.06.19 | 島田修二

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。
先日ふいに「プルコギ」という言葉を思い出し、どういう食べ物かも知らずプルコギを食べに行った編集部の島田です。あれ、美味いです。

ここ数日皆様の話題をさらっている大会といえば?
そうです。「第1回 グロービス・トライボーディアン選手権」です。

ぐろーびす?とらいぼーでぃあん?

聞いたことのない単語が2つ並んだ、という方もいらっしゃるかもしれません。

グロービスさんは囲碁ファンの方ならおなじみで「グロービス杯」という20歳以下の囲碁の世界大会を主催されてます。第1回は日本の一力プロが優勝されたんですが、第2回は中国の方が優勝されたようです。

トライボーディアン選手権はグロービスさんに協賛していただいているので、頭にグロービスとついているんですね。

で、問題は「トライボーディアン」の方なんですが、これは簡単に言えばトライアスロンのボードゲーム版、ということです。ちなみに「トライ」というは「やってみよう!」の方じゃなくて「3」という意味だそうです。

トライアスロンは水泳→自転車→長距離走ですよね。
短いやつでも水泳1.5キロ、自転車40キロ、長距離10キロ。考えただけで疲れます。

今回のトライボーディアンは囲碁→将棋→リバーシを5セット。合計15局。頭が疲れそうです。

ただ、1日に15局もやって、総合成績で優勝した人は相当すごい人ですよね。
5万円(商品券)あげてもいいです。

そう、お金の話をさせていただきますと、今回の大会1位は5万円!2位は1万円!10位まで賞品がでるんです。10位でも3千円もらえます。

50人参加したとしても5人に一人が賞品をもらえる夢の様な大会です。
しかも参加費はタダ!!

こりゃ、とりあえずルールだけしってれば応募する一手でしょう。

ちなみに、この大会はマイナビ女子オープンの一斉予選と並行して行われます。
トライボーディアンが終わった後にマイナビ女子オープンの予選決勝の終盤戦と本戦抽選会を見てから帰る、というのも一興かもしれません。ま、それをみようとすると入場料1000円かかっちゃいますけど。

トライボーディアンといわれても具体的にイメージできない、という方も数多くいらっしゃると思います。

そこで先日社内で行ったシュミレーションの模様をご覧にいれましょう。



どうですか!この地味さ。

たくさんの人が机に座ってスマホをにらんでいる図=トライボーディアンです。

大会では囲碁→将棋→リバーシを5セットですが、シュミレーションでは3セットやりました。


その結果がこちらです。



※私以外の名前は「ぼかしツール」でぼかしておきました。

参加8人中私はなんと3位!でした。いやーうれしかった。編集部には将棋の強い人が多くて力が拮抗しているので勝ったり負けたり。その中で将棋は弱いんですが、囲碁・リバーシが圧倒的に強い人がおりまして、その人が優勝しました

本番も将棋が強い人、囲碁が強い人はたくさん来られると思います。つまりその2種目は勝ったり負けたり。そこで問題になってくるのがリバーシです。将棋・囲碁のどっちかが強くて、リバーシが圧倒的に強い人、そういう人を仮にAタイプとすると、優勝するのはAタイプの人じゃないかと私はにらんでいます。

もちろんリバーシは弱いけど将棋・囲碁は両方とも相当強い、という人もいるでしょう。そういう人をBタイプとします。Aタイプの人とBタイプの人は2種目強いという点では同じなんですが、Aタイプの人の方が優勝する確率は高いでしょう。

これを「島田予想」としておきます。
「リーマン予想」みたいでかっこいいです。

と、偉そうにいってフタを開けてみたら優勝者はBタイプだったりして。いずれにしてもどんな人が優勝するのか、とても楽しみです。

ちなみに私は将棋は有段、囲碁は5級、リバーシはルールだけです。

トライアスロンってやったことないんですが参加する人は自分の弱いところを練習するんですかね。

となると、私が参加するなら今からリバーシを一生懸命練習します。まぁ残念ながら私は運営に駆り出されるんで参加できないんですが。無念です。

基本スタンスは土曜日にボードゲームやって楽しもう!ということですから、みなさんお気軽にご応募いただきたいと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

→応募はこちらから!

あなたにおすすめの商品