価値ある情報を幅広く紹介。将棋の「知りたい」はここで見つかる

マイナビ将棋編集部BLOG

新刊案内

激指13が50手で負けた日・・・、その全棋譜

2014.08.13 | 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

窓の外はもう…、お盆です。

 
みなさんこんにちは。
将棋書籍を編集しております、河内です。
 
すでに、お気づきの方もいるかと思います。
私は水曜日担当なのです。
 
水曜日の編集部ブログは、
気軽に読んでください。
 
いきなりどー…っ
 
じゃじゃーん!
↑はネット担当が上げたブログです。
激指13の七段+に勝った「小学3年生の子」の紹介をしています。

本日はその時のおはなしを。
 
当日、私は彼(ソフト担当)と一緒に体験コーナーで、
子ども相手にガヤガヤと楽しんでおりました。
 
「勝ったら何もらえるのー」
「勝ったら、お兄さんがチューしてあげる」
「うわー、いらねー」
などなど、
子どもの喜ばせ方は心得ております。
 
子どもが何度挑戦しようが、
「うちの激指様が負けるはずがない」
ひそかに思っておりました。
 
「後手番でもいい?」
「いーよー」
 
後手番を選んだ少年は、
ちょーちょーちょー早指しで指し手を進めていきます。
 
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩
▲2五歩 △8五歩 ▲7八金 △3二金
▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8六歩
▲同 歩  △同 飛 ▲3四飛
 
 
そうなのです、少年は横歩取りに局面を誘導したのです。
ここからも少年の指し手は早いっ!
(10秒将棋にもかかわらず、1秒指し!)
 
△8八角成▲同 銀 △2八歩 ▲同 銀
△4五角
 
 
ななななんと、知る人ぞ知る△4五角戦法を選んだのです!
 
しかししかし、
△4五角戦法は後手無理筋とされているはず。
激指様も最善とされる定跡を知っています。
(私はうろ覚えですが・・・)
 
▲2四飛 △2三歩 ▲7七角 △8八飛成
▲同 角 △2四歩 ▲1一角成
 
 
激指様、さすがでございます。
これで勝ちでございます。
 
△3三桂 ▲3六香 △8七銀 ▲6八金
△7九飛 ▲4八玉 △7八銀不成
 
 
「うわー、パクったー!不成にしちゃったー」
そうなんです。
この少年、
「パクった」「パクってる」などとよく言うのです。
私の知っている「パクる」とは、
「盗む」の意味・・・
あるいは「パクられる」で、警察に捕まるの意味・・・
 
「ねえねえ、パクるってなーにー、流行ってるのー」
悪い大人(私)が
10秒将棋で奮闘する少年のジャマをします。
 
▲3三馬 △同 金 ▲2一飛 △6二玉
▲3一飛成△6七銀成▲4二龍 △5二金
▲5一銀 △6一玉 ▲6二歩 △7二玉
▲5二龍 △6八成銀▲6一歩成△8三玉
まで50手で後手の勝ち
 
 
 
投了図、どーーーーーーんっ!
じゃなかった
じゃじゃーーーーーーんっ
 

 
何が起こったのか、
ワタシニハワカラナイヨー
 
とにかくとにかく、
激指様は、どこかで間違えたはず。
あるいは少年が強いのか・・・
 
少年の名前を覚えておこう。
 
小窪 碧 (小3)
 
彼は、やがて奨励会に入り・・・
数年後にはプロになって・・・
 

本を書いていただきませんでしょうか、小窪先生!
 

以上、編集部の現場から、じゃじゃーん河内がお伝えしました。
 
最後にじゃじゃーーーんっ!
 
 
 
△4五角戦法の詳しい変化が載っています。
ぜひぜひ、お買い求めを。
 
「パクる」って結局、どういう意味なんだろ・・・

あなたにおすすめの商品