• HOME
  • iOS導入事例
  • 無料公開中

    2016.10.23

    子どもたちの意欲や創造力を掻き立てるiPadの魔法

    東京都立石神井特別支援学校では、iPadが持つ“楽しくてワクワクできる”可能性を大切にし、障がいを抱える子どもたちの内面に働きかけるような、積極的な活用を実践している。子どもたちの心の動かすトリガーとして、iPadにかける期待は大きい。

    read more

  • 無料公開中

    2016.10.16

    ITの利活用によって「介護本来のあるべき姿を」

    介護事業を行う株式会社グレートフルでは、iPadを活用することで人材と時間の有効活用を図っている。スタッフが本来の対人支援業務に集中できるようになったことでサービス品質が上がり、仕事にもやりがいが生まれる。離職したスタッフは、7年間でわずか6人。そこには経営者、スタッフ、利用者の3者が満足する理想のカタチがあった。

    read more

  • 無料公開中

    2016.10.09

    iOSアプリで探る日本人の体型と生活習慣の関係

    早稲田大学スポーツ科学学術院の川上泰雄研究室は、ヘルスグリッド社と共同でiOSアプリ「メタボウォッチ」を開発。川上研究室は、アップルが医学研究向けに公開しているフレームワーク「リサーチキット(ResearchKit)」を利用することで、日本人の体型と生活習慣の間にはどんな関係があるのかを探求している。

    read more

  • 無料公開中

    2016.09.24

    学生の能動的な使い方を促す、“本物”のコンピュータ教育

    東京薬科大学生命科学部はインターネット創生期である1990年代半ばから、 ノート型Macの1人1台環境を実施している。以来20年以上、同学部では“本物のコンピュータ”を学ぶツールとして、Macにこだわり使い続けてきた。コンピュータを便利なもので終わらせない。Macの中身を知ることで、探究心も一緒に育てるコンピュータ教育を目指す。

    read more

  • 無料公開中

    2016.09.17

    専用アプリマーケットがトヨタグループのIT活用を促す

    株式会社トヨタデジタルクルーズは、トヨタ自動車グループ専用のアプリマーケット「D.e-Mart」を開設した。トヨタ自動社グループ会社それぞれが独自に開発してきたアプリ開発のムダをなくし、良質なアプリとの出会いの場を提供することでグループ企業のIT利用を促進していく。

    read more

  • 無料公開中

    2016.09.10

    「direct」で加速するドン・キホーテ独自の”驚安”

    「驚安の殿堂 ドン・キホーテ」では、社内専用メッセンジャー「direct」を導入している。これによるスピード経営、スピード決断を行うことで、驚安と店舗の個性的な品揃えを実現。自社の組織構造に合ったシステムを採用するにことにより、自社の強みをさらに強くしているのだ。

    read more

  • 無料公開中

    2016.08.21

    校内無線LAN工事も生徒自身で!工業高校のiPad Pro活用

    2016年4月から新設された「理数工学科」においてiPadプロのBYODを実施した千葉県立千葉工業高校。他学科においても、それ以前に共用のiPadエア導入をスタートさせるなど、着々とICT化を進めている。その環境構築においては、技術やツールに多く触れる工業高校ならではの珍しい取り組みも行われていた。

    read more

  • 無料公開中

    2016.08.14

    すべての人を幸せにする理想的な「ノーマライゼーション」

    山梨県にある私立駿台甲府中学校に一人の難聴を抱える生徒がいる。中学二年生の本山悠くんだ。障がいを抱える生徒がごく普通の学校生活を送るにはどうすればいいのか?生徒、親、学校、そして開発者が「ノーマライゼーション」という言葉で1つになる理想的な景色がそこにはあった。

    read more

  • 無料公開中

    2016.07.28

    企業戦略をも明確化したiPadによるリフォーム提案

    リフォーム事業を手掛ける静岡ガスリビングでは、営業担当者がiPadを用いてリフォーム提案を行っている。顧客に対してリフォームの完成イメージや概算金額をより正確に伝えられるようになっただけでなく、新人社員の経験や知識を補うなど、会社全体の成長戦略を支えるツールとなっている。

    read more

ページトップへ