• HOME
  • iOS導入事例
  • 無料公開中

    2016.12.23

    「農業のGoogle」を目指すファームノートの挑戦

    10月6日に千葉県幕張で開催されたCEATEC JAPANのカンファレンスにおいて、ファームノート代表小林晋也氏が「ファームノートの挑戦」と題する講演を行った。

    read more

  • 無料公開中

    2016.12.16

    ベンチャー精神とiPadで創り出す新しい教育のカタチ

    教育の現場におけるアップル製品の最新導入事例をレポート。

    read more

  • 無料公開中

    2016.12.09

    米国の病院に見る医療系アプリの導入

    米国では、日本国内よりも早くからiOSデバイスやアプリが医療現場に導入されている。その利用方法は、日本の医療現場でも参考にしてもらいたいものばかりだ。

    read more

  • 無料公開中

    2016.11.23

    仕掛人は大学生協。先輩から後輩へiPad活用の継承

    鳥取大学医学部では、iPadによって先輩から後輩へノウハウを伝授する取り組みをスタートさせた。

    read more

  • 無料公開中

    2016.11.16

    iOSから広がる医療系アプリ制作のチャンス

    アップルが公開している3つのキット(ヘルスキット、リサーチキット、ケアキット)は、医療関係者にとって常に注目すべき項目である。特にこれから医療系アプリの制作を考えている人にとっては欠くことができないものだ。どのようなアプリにこれらのキットが用いられているのかを詳しく見ていこう。

    read more

  • 無料公開中

    2016.11.09

    ジェットスターが叶えるオーダーメイドの空の旅

    ジェットスターでは、地上スタッフやキャビンクルー、パイロットにiOSデバイスを配付している。

    read more

  • 無料公開中

    2016.10.23

    子どもたちの意欲や創造力を掻き立てるiPadの魔法

    東京都立石神井特別支援学校では、iPadが持つ“楽しくてワクワクできる”可能性を大切にし、障がいを抱える子どもたちの内面に働きかけるような、積極的な活用を実践している。子どもたちの心の動かすトリガーとして、iPadにかける期待は大きい。

    read more

  • 無料公開中

    2016.10.16

    ITの利活用によって「介護本来のあるべき姿を」

    介護事業を行う株式会社グレートフルでは、iPadを活用することで人材と時間の有効活用を図っている。スタッフが本来の対人支援業務に集中できるようになったことでサービス品質が上がり、仕事にもやりがいが生まれる。離職したスタッフは、7年間でわずか6人。そこには経営者、スタッフ、利用者の3者が満足する理想のカタチがあった。

    read more

  • 無料公開中

    2016.10.09

    iOSアプリで探る日本人の体型と生活習慣の関係

    早稲田大学スポーツ科学学術院の川上泰雄研究室は、ヘルスグリッド社と共同でiOSアプリ「メタボウォッチ」を開発。川上研究室は、アップルが医学研究向けに公開しているフレームワーク「リサーチキット(ResearchKit)」を利用することで、日本人の体型と生活習慣の間にはどんな関係があるのかを探求している。

    read more

ページトップへ