Command+Eye

最新規格は単なる「ワイヤレス」のためではない

Bluetooth 5.0こそがHomeKitブームの火付け役

文●氷川りそな

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

昨年秋に発売されたiPhone X/8を筆頭に、Apple TVやMacなども新製品リリースごとにBluetooth 5.0へ対応している。一体、Bluetoothの新規格をサポートするメリットはどこにあるのか。実は、その恩恵をもっとも受けるのはHomeKitアクセサリなのだ。

 

ケーブルはもう要らない

ここ数年でワイヤレスな生活が当たり前になってきた。インターネットへの接続はiPhoneなら4G/LTE、それ以外ならWi-Fiを使っているし、音楽を聴くときには外出先ならエアポッズ(AirPods)、自宅ではエアプレイ(AirPlay)経由でスピーカやアップルTVから再生する、充電だって最新のiPhoneシリーズはワイヤレスだ。こういった利便性に慣れてしまうと、ケーブルが必要だった過去には戻りたくないはずだ。

このように、今やスタンダードな立ち位置を確保しているワイヤレスソリューションだが、その魅力をさらに高めてくれるのがブルートゥースだ。そもそもこの規格はデータ量の多くない通信、たとえばキーボードやマウスといった入力機器をワイヤレス化したり、電話帳や連絡先のようなシンプルなデータを手軽に交換したりするための技術として誕生した。その後バージョンを重ねるにつれて転送速度を向上させてきたが、2009年に制定されたバージョン4で進化の方向性が大きく変わった。

ここで採用されたのが、従来と比較して大幅に省電力化を実現した「BLE(Bluetooth Low Ene rgy)」という規格だ。この改善により、ブルートゥースに対応する製品が急速に増えていった。マジックキーボード(Magic Keyboard)やアップルペンシル(Apple Pencil)のバッテリが長持ちしたり、アップルウォッチでデータを同期する際に消費電力が大幅に抑えられているのもBLEの恩恵だ。

 

 

  • 55ed9843c7dd49d1aab5e999699b059c.jpg

Apple製品でBluetooth 5.0に対応しているのはApple TV 4K、iPhone 8/X、iMac Pro、MacBook Pro(2018)など。それ以外のモデルも新製品リリースごとに対応していくだろう。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧