Command+Eye

大手3キャリアの作るメッセージアプリの実力はいかに

iOS版「+メッセージ」リリース LINEの牙城を崩せるか?

文●らいら

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が6月、無料メッセージアプリ「+(プラス)メッセージ」のiOS版をリリースした。電話番号だけで長文のメッセージや画像のやりとりができ、スタンプやグループトークにも対応する。既存のメッセージアプリを置き換えて使うメリットはあるのだろうか。

 

制限多いが期待大

iPhoneユーザが使うメッセージアプリの定番といえば、純正アプリやLINE、SNSのメッセージ機能といったところだろう。そこに新たに加わろうしているのが、大手3キャリアが共同で提供するメッセージアプリ「+(プラス)メッセージ」だ。アンドロイド端末向けには、今年の5月上旬からすでに配信が始まっており、6月下旬に アップストア(App Store)でiOS版の提供がスタートした。

 

%2Bmessage.jpg +メッセージ

【開発】NTT DOCOMO, KDDI, SoftBank  【価格】無料
【場所】App Store>ソーシャルネットワーキング

 

このアプリを一言で表すなら、「SMSの機能拡充」である。SMSは「ショートメッセージサービス」の略で、電話番号を使用するのが特徴だ。iPhoneのメッセージアプリでは、グリーンの吹き出しで件名がつかないものがSMSとなる。文字数によって3~30円の送信料がかかるほか、他社端末への送信は全角70字の文字制限がある。画像および動画の送受信もできず、現代のメッセージサービスとしては使い勝手が非常に悪い。

そこで、SMSの利便性を向上させ、電話番号のみでリッチなコミュニケーションを可能にするのが「プラスメッセージ」だ。文字制限は最大全角2730字まで引き上げられ、写真や動画、スタンプのやりとりにも対応。他社サービスと遜色ない仕上がりとなっている。本誌読者向けには、「アップルユーザ以外も使えるiメッセージ」と表現するとわかりやすいかもしれない。

現段階では認知度が低くまだ利用者が少ないうえ、LINEと比べて圧倒的な優位性がないため、乗り換える必要性を感じないのが正直なところだ。しかし、SNSやレビューの反応を見ると、意外と評価は悪くない。実際に使ってみると、初期設定が簡単、UIがシンプル、現段階ではスタンプがすべて無料など、たしかにメリットも多いのだ。不明な差出人からのメッセージは一目瞭然で、メニューから迷惑メッセージ報告も簡単にできる。

 

シンプルなトーク画面

  • 001.jpg

送信が完了しており相手が未読の場合は、トーク横にチェックマークがつき、既読になるとダブルチェックマークとなる。

 

電話番号を使用

  • 002.jpg

+メッセージは端末に登録している連絡先と連係して使用する。連絡先に登録しており、アプリ未使用のユーザにはアプリ上から招待をかけることも可能。

 

スタンプは無料

  • 003.jpg

リリースしたばかりということもあり、7月15日時点でスタンプストアに用意されているのは500個程度だが、すべて無料で使える。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧