Command+Eye

アプリデザイナー・ディレクターを目指す人は要チェックのワークショップ

Keynoteでアプリのプロトタイプを作成しよう

文●山田昇

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

各地のApple Storeでは、Apple製品を活用するための各種ワークショップが開催されている。6月から、その新プログラムとして「How To :キーノートでアプリケーションのプロトタイプを制作しよう」というワークショップがスタートしており、その内容を体験してきた。

 

キーノートでできるのか?

全国のアップルストアでは、「トゥデイ・アット・アップル(Today at Apple)」という無料のワークショップが開催されている。ベーシックなものからビジネス向けのものまで実にさまざまなプログラムがあるが、6月からの新プログラムに「キーノートでアプリケーションのプロトタイプを制作しよう」というものが追加された。プレゼンスライド作成アプリのキーノート(Keynote)で、本当にアプリのプロトタイプを制作できるのか興味が湧き、実際にセミナーを体験してみた。

このワークショップで使用したのはiPad版のキーノート。キーノートは、iOSのコアシステムをフル活用したアプリのため、プロトタイプ作成に向いているのだという。また、アップルはキーノート向けのテンプレートとしてiOS 12のインターフェイスデザイン用リソースも配布しており、それを使うことで効率的にプロトタイプの作成が行えるようになる。

また、キーノートでは、スライド内のオブジェクトに対して次のスライドへのリンクを設定できる。これを使うことで、特定のボタンをタップすると次の画面に飛ぶという、プロトタイプの構造シミュレーションまで行えるようになる。

ワークショップ中には、キーノートのテクニック紹介もたびたび行われた。たとえば、配置した写真サイズと四角形オブジェクトのサイズを合わせるには、片方の指で写真をタップしながら、別の指でオブジェクトのサイズ調整を行うと自動で調整できるという。こうしたアプリのテクニックを学習するだけでも参加する価値があるのではないだろうか。

 

 

  • 435028fb4c133b2dbc80fd279c5e936d.jpg

Keynote用テンプレートとして配布されているデザインリソースは、AppleのWEBサイトから誰でもダウンロード可能だ。【URL】https://developer.apple.com/design/resources/




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧