Command+Eye

「アレクサ、おやすみ」でテレビや照明、エアコンなどを一斉にオン/オフしたい

Amazon Echoでスマートホーム化! 試してわかった2つの問題点

文●牧野武文

Mac Fan独自の視点で、アップル周辺の最新ニュースや話題に切り込む!

Appleのホームスピーカ「HomePod」の日本発売を待ちきれず、スマートスピーカ「Amazon Echo」を購入した筆者。「家電製品のIoT化」を夢見て、Amazon Echoとスマートリモコンを使って、自宅の家電のIoT化に挑戦してみた。声で家電が操作できる快適さは得られたものの、実際に使用してわかった問題点があった。

  • 9f4267b9d3ab4c02885ffbc56ab56790.jpg

photo●beeboys

 

 

部屋がデバイスになる感覚

なかなか日本での発売日が決まらないアップル純正ホームスピーカ「ホームポッド(HomePod)」。まだかまだかと待ち続けていたものの、辛抱できずに他社製スマートスピーカである「アマゾン・エコー(Amazon Echo)」や「グーグル・ホーム(Google Home)」に浮気をしてしまった人もいるのではないだろうか。実は筆者もその1人で、セール価格に釣られて、たまらずアマゾン・エコーを購入してしまった。

使ってみて実感したのは、スマートスピーカを操る際の「音声インターフェイス」(アマゾン・エコーでいうと「アレクサ」)は、一度体験すると戻れなくなるということだ。マイクの感度が優れているので、本体に向けて命令するという感覚はすぐに消え、「部屋に命令をする」という、部屋そのものがデバイスになっている感覚になる。音楽やニュースは簡単に聞けるし、アマゾン・エコーはアイクラウドにも対応しているため、スケジュールの確認・追加もできる。

 

家電を声で制御

アマゾン・エコーを使い始めてからやってみたくなったのが「家電のIoT化」だ。「アレクサ、灯りを点けて」「アレクサ、冷房をオン」などと声で家電が制御できたら、利便性はもちろん、未来感が味わえる。

問題は、まだスマートスピーカに対応している家電がさほど多くなく、選択肢が極めて少ないということだ。そのため、現状でもっとも現実的な方法は、スマートスピーカ対応の赤外線スマートリモコンを購入することであろう。これならば「アレクサ、テレビを点けて」と言うだけで、スマートリモコンからテレビ用の赤外線信号が放射され、テレビがオンになる。

我が家では、テレビ、レコーダ、エアコン、扇風機、シーリングライトが赤外線リモコンに対応しているので、スマートスピーカ対応のスマートリモコンを設置することで、アマゾン・エコーから制御できるようになるというわけだ。

 

音声で家電を操れるか

スマートスピーカ対応の赤外線リモコン型スマートリモコンは、市場に数種類の製品が発売されていて、価格も5000円から1万円程度と手頃だ。筆者が購入したのはラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX3」。これはWi-Fi接続に対応しており、iPhoneやスマートスピーカからWi-Fi経由で信号を送り、それに応じて赤外線信号を放射し、家電を操作するという仕組みだ。このようなスマートリモコンにできることは大別して3つある。

1つ目はiPhoneがリモコン代わりになること。専用アプリがあり、その中にリモコンが表示されるので、iPhoneを家電リモコンとして使えるようになる。

2つ目は外出先からiPhoneを使って家電を制御できることだ。iPhoneからはネットワーク経由でスマートリモコンに信号を送れるので、外出先から家電を操作できるようになる。消し忘れて外出してしまったときや、帰宅前にエアコンを点けたいときなどに便利だ。

3つ目はスマートスピーカから音声で家電を制御できるようになること。アマゾン・エコーの場合、「アレクサ、冷房をつけて」と言うだけでエアコンを操作できるようになる。

さらに、アマゾン・エコーの場合、「定型アクション」という機能がある。これは、ある言葉に反応をして事前に設定した複数の命令を実行するという機能だ。筆者は「アレクサ、おやすみ」と言うだけで、テレビ、レコーダ、エアコン、扇風機、灯りを消し、最後にアレクサが「おやすみなさい!」と言う、定型アクションを設定した。

 

 

  • b25d8f301021ee6c257311d71291528c.jpg

Amazon Echo

【発売】Amazon
【価格】1万1980円
【URL】https://www.amazon.co.jp/dp/B071ZF5KCM/

筆者は数多あるスマートスピーカの中から「Amazon Echo」を購入した。以前は「購入リクエスト」を送ってから購入という招待制が取られていたが、現在は通常購入できる。

 

 

  • d9c53a7c097e7d8b017710a759fe777f.jpg

RS-WFIREX3

【発売】ラトックシステム
【価格】7000円前後(オープン価格)
【URL】http://www.ratocsystems.com/products/subpage/smartphone/wfirex3_tokutyo.html

スマートリモコンにはラトックシステムの「RS-WFIREX3」を選択した。周囲、上方に赤外線信号を放射する設計で、設置場所を選ばず、部屋の家電製品を操作できるようになる。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧