アラカルト Mac Fan BASIC

「iPhone写真」の基本

文●中村朝美松山茂村田有紀早川厚志立体イラスト●イシカワコウイチロウ写真●黒田彰

「iPhone写真」の基本、トラブルシューティング、役立つTIPSや、合わせて使いたいソフトなどを丁寧に解説します。

iPhoneで撮った写真撮りっぱなしにしてない?

いまや、キレイな写真が手軽に撮れるカメラとして、コンパクトデジカメの座を完全に奪ってしまった感があるスマートフォン。スマホカメラ全体のクオリティが上がる中、iPhoneカメラの進化も止まるところを知りません。ポケットから取り出して、思い立った瞬間に写真や動画が撮れる機動性のよさ、そして撮影した写真をその場で加工できる点は、スマホならではのポイントです。

日常的に写真を撮る人が増えた背景には、そうしたスマホカメラの進化があります。さて、行った場所や会った人、食べたものなど日々遭遇するあれこれを撮っていると、カメラロールはあっという間に写真やビデオでいっぱいになってしまいますよね。

写真の保管方法としては、ある程度写真が溜まったらMacに取り込んでiPhoneのストレージを空ける派と、アイクラウドなどオンライン写真同期サービスを利用する派に分かれるのではないでしょうか。いずれの方法でも、iPhoneで撮りためた写真をMacで扱えるようになります。そこで今回は、「iPhoneで撮った写真や動画をMacで整理する」をテーマに、macOS標準ソフトの「写真」による整理術から共有方法、編集機能までを解説します。

 

iPhoneで撮った写真をMacで整理しよう

iPhoneで撮った写真やビデオの数が増えてくると、インスタグラムに公開しようにも、目的の写真になかなか辿り着かないといった事態に陥ることがあります。写真を整理する必要性を感じるのはそんなときですが、不要な写真を削除するにしても、アルバムを作ってまとめるにしても、iPhoneの画面でちまちま操作するのはイラっとさせられることも……。

Macの大きな画面なら、マウスやトラックパッドでダイナミックにデータを操ることができるので、写真をまとめてアルバムにドラッグしたり、不要な写真を削除したりといった操作がストレスなく行えます。また、じっくり写真を編集したいときにも、大きな画面が助けになるでしょう。もっとも、お気に入りの写真加工アプリがiOS版しかないとなれば事情は別ですが、Macの「写真」には、iOS版にはない詳細な編集機能も備わっているので、ベーシックな編集ならむしろMacに軍配が上がります。

さらに、アイクラウドフォトライブラリを利用すれば、Macで実行した整理や編集の内容がiPhoneにも反映されるので、iPhoneのカメラロールはいつもスッキリ! 年度が切り替わるタイミングで、写真のお掃除してみませんか?

 

 

  • 49924618b2d159b62ea164c08604aa3e.jpg

macOS標準の「写真」は、手動で写真や動画を整理できるだけでなく、人や撮影地で自動的にデータを抽出する機能も搭載しています。また写真のレタッチといった編集機能も用意。写真に関するオールインワン的なソフトといえます。

 

 

これだけは知っておきたいコトバ

[アイクラウド(iCloud)]

アップルが提供するクラウドサービス。アイクラウドには「アイクラウドフォトライブラリ」「マイフォトストリーム」「アイクラウド写真共有」という3つの写真共有機能が用意されています。

[写真]

写真を管理、編集する標準ソフトで、macOS版とiOS版があります。iOSデバイスの「カメラ」アプリで撮影した写真やビデオは、自動的に「写真」に保存されます。

[カメラロール]

iOS版「写真」アプリのフォルダ(アルバム)の1つで、すべてのファイルが収められた基本フォルダを「カメラロール」と呼びます。

[機械学習]

コンピュータが反復からパターンやルールを見つけ、学習する技術。「写真」の検索には機械学習のアルゴリズムが採用されているため、「青空」や「ハンバーガー」といったキーワードで検索すると自動的に当てはまる写真を抽出します。

 

 

 

 

 

【基本1】アイクラウドの写真共有機能を利用しよう

 

すべてのデバイスの写真をアイクラウドで保管する

iPhoneで撮影した写真をMacに同期するもっとも簡単な手段が「アイクラウド」です。アイクライウドには「アイクラウドフォトライブラリ」「マイフォトストリーム」「アイクラウド写真共有」の3つの共有機能が用意されています。このうちアイクラウド写真共有は、ほかのユーザとの共有が主たる機能なので、Macとの同期が目的の場合は残りの2つが候補となります。

両者の詳しい違いは、下の表のとおり。写真をMacやiPadでリアルタイムにチェックするだけなら、アイクラウドの容量を消費しないマイフォトストリームが手軽でしょう。

一方、バックアップを兼ねるならアイクラウドフォトライブラリが選択肢となります。なおMacとiPhone双方の「写真」アプリを同期させた場合は、Macの「写真」に取り込んだデジカメ写真もクラウドで保管できます。したがって容量が十分あるのなら、アイクラウドフォトライブラリはiPhoneとデジカメの両方を利用する人にもおすすめです。

iCloudフォトライブラリとマイフォトストリームの比較

  • b3ad5d2372d9531284676e6dc3192c7b.jpg

2つの共有機能を比較してみました。iCloudストレージの容量を消費するのか、数量に制限はあるのかといった相違点をチェックしておきましょう。動画データをサポートするのはiCloudフォトライブラリのみとなっています。※RAW形式の写真と、埋め込みのJPEG版をオリジナルのフォーマットで保管

 

Macでの設定

  • f0eca392adc52eb99f41a88d976672af.jpg

iCloudフォトライブラリを有効にするには、iCloudにサインインした状態で、「システム環境設定」の[iCloud]の[写真]の[オプション]をクリックします。

 

  • 4c251134dabcb10a16125630e07cea6c.jpg

[iCloudフォトライブラリ]にチェックを付けると、iCloudフォトライブラリが有効になります。

 

  • 3a752315b3bde689d9e5c8699fcb68a2.jpg

iCloudにサインイン済みであれば、「写真」の環境設定でも有効化が可能です。その際、「オリジナルをこのMacにダウンロード」するかどうかを選択できます。

 

iPhoneでの設定

  • 9a33e1ea01ada13a844d4d996d4965bb.jpg

[設定]を開き[写真]をタップします。なお、あらかじめMacと同じアップルIDでアイクラウドにサインインしておきます。

 

  • c034c05cd86ce45d1b08cc0756f40253.jpg

[iCloudフォトライブラリ]の右側のスイッチをタップします。「iPhoneのストレージを最適化」をオンにすると容量を多少節約できます。

 

ブラウザで閲覧する

  • 4770ed8d394d5292b883805d156e2d8e.jpg

アイクラウドフォトライブラリを有効にすると、icloud.comのWEBページで同期した写真を閲覧できるようになります。

 

  • ea27f7c01ac9f7f5d6b7d3af2cce7bdb.jpg

Macの「写真」によく似たインターフェイスです。WEBブラウザのこのページから写真をアップロードすることも可能です。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧