アラカルト Macintoshビギンズ

~ 拡張性・高速性と背中合わせの落とし穴 ~

SCSIデバイスの天国と地獄

文●大谷和利

Blast from the past ── あの頃の懐かしい思い出

ハードディスク時代にマッチしたバス規格

初代Macintoshは、プリンタや通信用のモデムなどの周辺機器を外部接続するために比較的低速なシリアルポートを利用していた。シリアル接続タイプのハードディスクもあるにはあったが、スポーツカーで細い路地を走るようなもので実用的とは言い難かった。そこで、1986年にMacintosh Plusをデビューさせるにあたり、AppleはSCSI(スカジー)と呼ばれる高速パラレルバス規格を採用した。

Small Computer System Interfaceの略であるSCSIは、パーソナルコンピュータなどの小型計算機システム向けのインターフェイス規格であり、ハードディスクメーカーのシーゲイト・テクノロジー(当時はシュガート・テクノロジー)が開発したSASI(Shugart Associates System Interface)をベースに拡張したものだ。

SCSIでは、入出力の要求を行う機器を「イニシエータ」、その要求を受けて結果を返す機器を「ターゲット」と呼び、バス上に複数のイニシエータが存在していても構わない。つまり、コンピュータと周辺機器の間に主従関係を作らず、接続されたすべてのデバイスが対等に扱われることが特徴で、普通はコンピュータがイニシエータとなり、周辺機器はターゲットとして機能する。この点では、Macも例外ではなかった。

そして、SCSI-1の8ビット幅のバスは、最大8つの機器接続に対応できたが、Mac内のインターフェイスボードがその1つにあたるため、実際にサポートできる周辺機器は7台であった(参考までに、USBは1バスあたり127台接続可能である)。




続きを読むためにはログインが必要です。
月額720円ですべてのコンテンツの閲覧が可能になります。
下のボタンより、お申込手続きを行ってください。

  • ログイン
  • 会員登録

同カテゴリ記事一覧