100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

一生役立つゴルフクラブの見極め方④

【第19回】重いヘッドはボール初速を上げられるが、反面ヘッドスピードの低下を招く

2017.03.01 | マーク金井

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近はヘッドの重さをアピールするドライバーが増えてきました。PINGのドライバーはどのモデルも「重ヘッド」を謳っていますし、ゼクシオはモデルチェンジでヘッドを6g重くしたと謳っています。弾道調整機能付きだと、テーラーメイドのR11s、R11Jはヘッドが重くなっています(メーカー側はアピールしてませんが)。その一方で、ヘッドを軽く作っているドライバーは、その「軽さ」を謳っているモデルは少数派です。軽いヘッドを謳い文句にしているのは長尺仕様の「eggバード」ぐらいです。

さて、このヘッド重量。

重ヘッドはその重さを強くアピールしているのに、軽ヘッドはその軽さを強くアピールしていない‥‥。理由として一番考えられるのは、インパクトは衝突現象だからでしょう。例えは悪いですが、信号で止まっている軽自動車に大型トラックが衝突すると、軽自動車は大きく弾き飛ばされます。逆に停止している大型トラックに軽自動車が衝突しても、大型トラックはほとんど動きません。この違いは、当たるものと当てられるものとの重さの関係によります。同じ速さで衝突した場合、衝突するものの重さが重いほど、当てられた物体は速い速度で押し出されます(光文社カッパブックス、ゴルフの科学、河村龍馬著 から引用)。

続きをご覧いただくには、会員登録の上、ログインが必要です。
すでにマイナビブックスにて会員登録がお済みの方は下記の「ログイン」ボタンからログインページへお進みください。

  • 会員登録
  • ログイン