100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

世の中すべては営業である① 営業実践編その1

【第05回】覚悟や目標は、他人に検証してもらう

2017.02.09 | 安倍幸志

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まず、小さな目標や覚悟(もちろん大きくても構いません)が出来たら、身近な人に話して、そして書き留めてみましょう。必ず、言った日付や書いた日付を記入します。ここではいつまでにやるかは、あまり気にしません(もちろん期日が書ける場合は書いたほうがいいのですが)。
目標や覚悟を決めるうえでの注意点は、約束事が続けられるようなものにすることです。例え小さなことでも、最低1か月は続ける、3か月は続ける、いや1年、はたまた一生という風にすることで、まず自分に対してしっかりと約束するわけです。
その次は、今時のやり方としては、SNSなどで宣言してもよいでしょう。ライザップではありませんが、結果にコミットしなければ、単なる口だけ野郎です。とにかく宣言してしまったら、後はやるだけです。そして、大事なのは途中経過を逐一報告することです。良くSNSなどを見ていると、コロコロやると言ったことが変わったり、中には一生やり続けますと高らかに宣言しておきながら、あとは報告も何もなし、そしてまたすぐに次のことをやり始める人がいるのですが、こうなると自分がいい加減な奴だと宣伝しまくっているようなものです。

続きをご覧いただくには、会員登録の上、ログインが必要です。
すでにマイナビブックスにて会員登録がお済みの方は下記の「ログイン」ボタンからログインページへお進みください。

  • 会員登録
  • ログイン