100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

すぐに役立つクラスづくりの基本レシピ

【第13回】基本レシピ<13>市販教材を上手に使う方法とは?

2017.04.13 | 林 敏也 | 眞舘良郎

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドリル、テスト、学習帳など、出版社が発行している教材を市販教材と呼びます。
市販教材は子どもの実態に合っていない、教材作成の力量がつかない、などの理由で敬遠している先生もいるようです。
しかし、市販教材の多くは、子どもや先生が使いやすいように研究開発してできたものです。出版社が学校現場の実態と関係なく勝手につくったものではありません。
ですから、指導内容に合わせて有効に使うことをお勧めしたいと思います。

続きをご覧いただくには、会員登録の上、ログインが必要です。
すでにマイナビブックスにて会員登録がお済みの方は下記の「ログイン」ボタンからログインページへお進みください。

  • 会員登録
  • ログイン