100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

ゴッド・ポーカー

【第16回】第四章・反撃(3)

2017.05.18 | 松井久尚

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「こんなに動いてくれていたんだな。お前も戦ってくれていたなんて、ありがとう」
 もうプライドも何も捨てて、心に抱いた感情をそのまま言葉にした。兄弟に対してプライドなんて物を当てはめた時点でずれていた。
「……何を言っている。僕は家族のためにやっているだけだ。僕も家族の一人だからね」
 陸はそうつぶやいて、小さく笑った。陸の子供のような笑顔を見たのは、もう十年ぶりぐらいだろうか。
 俺は陸の笑顔が好きだったことを思い出した。周りの肉は一回り少なくても、あいつの笑顔は、俺のそれとそっくりだと、今初めて気づいた。
「言っとくけど、まだ作戦はここからだよ」
 陸は続けた。俺はゆっくりうなずき、真面目な顔に戻して耳を傾ける。

続きをご覧いただくには、会員登録の上、ログインが必要です。
すでにマイナビブックスにて会員登録がお済みの方は下記の「ログイン」ボタンからログインページへお進みください。

  • 会員登録
  • ログイン