100冊以上のマイナビ電子書籍が会員登録で試し読みできる

目指せ購買改革! ~会社を強くする調達・購買部門の作り方~ 第二巻

【第13回】第六十話 トヨタの強さはクレドにある

2016.12.05 | 野町直弘

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
先日、日本能率協会さんが主催する「2008調達・購買革新大会」でトヨタ自動車の調達担当常務の方の特別講演を聞く機会がありました。
たいへん感銘を受けましたので今回はその話をしたいと思います。
 
タイトルは「調達におけるトヨタウェイ」というものでしたが、内容としては「トヨタは特別なことをやっているわけではない。色々な活動をしているが、それはどんな会社でもやっていること。トヨタの調達の強さは単にそれを『地道に、愚直に、徹底的にやりきる』こと」だとおっしゃっていました。
 
以前、「GEとトヨタ」という世界的な超優良企業二社の違いと共通点について書いたことがありますが、その時に私は二社の共通点は「当たり前のことをやる、決められたことをやる力」だと述べましたが、正にこの文化は今も全く変わらないな、と痛感しました。
 
一方で今回のご講演の中で、もう一つ新たな発見をしました。
それは「クレド」です。
 
「クレド」というと聞きなれない言葉かと思いますし、トヨタ自動車さんの中で「クレド」という言葉は使っていないと思います。
「クレド」で有名なのは米国の製薬メーカーであるジョンソン&ジョンソン社の事例です。

続きをご覧いただくには、会員登録の上、ログインが必要です。
すでにマイナビブックスにて会員登録がお済みの方は下記の「ログイン」ボタンからログインページへお進みください。

  • 会員登録
  • ログイン