WD Online

清水幹太のQuestion the World Web Designing 2016年4月号

クレア・グレイヴスさん(Webby Awards)|褒めて褒めて褒めまくって、歴史を刻む

いまやインターネットに関わる産業はめちゃめちゃたくさんある。Webサイトをつくる仕事があり、それを考える仕事があり、コンサルタントのようにそれについて「説明する」仕事まである。Amazonのパッケージを宅配するお兄さんですら、ある意味インターネット関係者なのかもしれない。そんななか、インターネットに関わるものを「褒める」特別な仕事をしているのが、今回話をしたクレア・グレイヴスさんだ。
Photo : Suzette Lee (PARTY NY)

deabf4acbb61f7062bcf8a5cdb05e678.jpg
Webby Awardsのオフィスには授賞式の名シーンが飾られている。筆者が持っているのは有名なバネ型のトロフィー。今年は筆者も審査に参加している

 

小学生の頃から、歴史という科目が好きで得意だった。歴史が楽しいのは、基本的に「お話」だからだ。歴史は「この人がこういうことをやったから、次にこういうことが起こった」みたいなつながりの連続だったりする。年号とか人の名前を覚えたりとかという部分ではなくて、はるか昔から現代まで、ずっとつながっている一つの物語だというところが面白い。

高校生の頃の私は、歴史学者になりたかった。今でも、じっくり歴史でも研究していれば、もうちょい落ちついた人生を送れたんじゃないかなんて思う。なにしろ自分が働くインターネットの世界は、落ち着くどころか毎日状況が変わっていく、とんでもなく落ちつかないフィールドだからだ。

「インターネットという新しいメディアが、日々どう変化していくのか、私はインターネットの歴史を見つめているのよ」

クレア・グレイヴス(Claire Graves)は、楽しそうに言う。新しいメディアの中で、人がどのように振る舞って、それが何につながるのか。彼女はまさに、私が歴史という分野に見出していた「物語」をインターネットに感じ、それを楽しんでいるらしい。

「インターネット界のアカデミー賞」などとよく言われるWebby Awards(ウェビー賞)。筆者がその存在を知ったのは、もう10年も前になる。西田幸司さんが、伝説の個人サイト「raku-gaki.com」で、日本人として初めてWebbyを受賞した。当時アシスタントですらなかった私は、そのニュースをちょうど本誌(WD)で知った。そんなものが世界に存在するのか! と驚き、どんな賞なのかを一所懸命調べたものだ。

4ec23ab6e5f19efad61fec784718e568.jpg
泣く子も黙るWebby Awardsのサイト。初めてこのサイトにアクセスしたときは、事務局に行ったり審査したりするようになるとは想像していなかった
http://webbyawards.com/

Webbyは広告賞などのように特定の領域だけではなく、インターネット全体を対象にしたアワードだ。WikipediaやTwitterからちょっとした個人サイトまで、ボーダーレスに素晴らしいインターネットクリエイティブを表彰する。

クレアはそのWebby Awardsを率いるマネージング・ディレクター。全体を統括するリーダーだ。もともとはオーストラリアのアデレードの出身だ。

「17歳でアデレードを出て、イギリスに渡って大学で歴史を専攻したの」

そう。やっぱり歴史なのである。変化を見つめることが、彼女の根本的な要素としてあるらしい。同時にこの時代の常として、彼女もインターネットに出会い、ノックアウトされた。

「ネットが好きすぎて、POKEというロンドンのデジタルエージェンシーに入って、そこでプロジェクトマネージャーをやっていたわ」

クレアは、まず「つくる」ところに身を投じた。10年少し前、当時のデジタル広告の領域は、まさに最高に面白い領域だった。Flashでさまざまな表現をつくることができるようになり、実験的な作品がものすごい勢いで生まれ続けた。インターネットに荒々しい夢があった時代だ。

そして、そんなカオスで自由なインターネットの時代から、いろいろなものがテンプレート化されたソーシャルメディアの時代になった。それについてどう思う? と聞いてみた。自由なあの頃のネットが好きだったんじゃないの? という意味だ。

「予測できないものに出会うようなことは起こりにくくなったわね。だけど、インターネットの普及率は『まだ』人類の半分でしかなくて、これからさらに進化していく。10年後は今よりももっと多くのものがつながるようになって、また社会は変わる。それはとても素敵なことよね」

4eb1e211f53d634c75d4f018a221ed7b.jpg
オフィスの入口には「INTERNET」のネオンが輝く。全体的にネット愛に満ち満ちている

クレアは歴史家だ。変わり続けていくインターネットという「物語」は、その状態がどうあれ、とてもエキサイティングな存在なのだ。実際問題、このへんの話をするクレアの声は愛に満ち満ちている。インターネットを優しい目で見つめる女神である。

筆者がWDでWebby Awardsの存在を知ってから10年。そのWDで今、Webby Awardsの中の人の記事を書いている。これも変化であり、物語なのかもしれない。その間に、関わった仕事が何回かWebby Awardsを受賞した。

5fef16d17323268b939f319106568657.jpg
Webby Awardsは、授賞式で受賞者が「5ワードスピーチ」をする習わしがある。5ワードの英文で喜びを表現するというもの。筆者が数年前出席した際は、「Sorry. I can't speak English.」と言ってわりとウケた
https://youtu.be/kLAOj7Zxwmw?list=PLWeKJ75kFs5SQprtthUj7pfnaUy8kBoQL

「褒める、祝うのが私たちの仕事。本当にすごい作品を目にして、それをつくったすごい人たちを祝う。こんなに楽しいことはないわよ。あなたもその一人よ」

いやー、そんなことないッスよ、なんて言いながら、まんまと喜んでしまった。

賞なんていうものは誰か他の人の価値観がつくるもので、大事なのはつくったものがどれだけユーザーに作用するかだ。だけど、クレアが刻んでいく物語の一員になれることは、とても愉快なことだなと思う。なにしろ、それは私たちが大好きなインターネットの歴史なのだから。

b034968b8e5d21438f89eb0e5b7d5ad7.jpg
クレアと愛犬のOmar。休日はもっぱらOmarと遊んだり、サーフィンをしたり、ヨガをしたり、アクティブに過ごしているとのこと。見習わなくては

 

清水幹太のQuestion the World
30代後半になってニューヨークに移住した生粋の日本人クリエイター清水幹太(PARTY NY)が、毎月迎えるゲストへの質問(ダベり)を通して、Webについて、デジタルについて、世界を舞台に考えたことをつづっていくインタビューエッセイ。

 

Text:清水幹太
Founder/Chief Technology Officer/PARTY NY 1976年東京生まれ。2005年より(株)イメージソースでテクニカルディレクターを務める。2011年、クリエイティブラボ「PARTY」を設立。企画からプログラミング、映像制作に至るまで、さまざまな形でインタラクティブなプロジェクトを手がける。現在はニューヨークを拠点に広告からスタートアップまで幅広い領域にチャレンジしている。

掲載号

Web Designing 2016年4月号

Web Designing 2016年4月号

2016年3月18日発売 本誌:1,530円(税込) / PDF版:1,200円(税込)

ECサイト、次に打つべき6つの施策/Adobe Animate CC

サンプルデータはこちらから

■ 特集:ECサイト、次に打つべき6つの施策
 自動化・効率化‥‥。あなたのサイトを儲かるサイトに!

自動化と効率化が鍵。儲かるサイトはこうつくる!
「ECショップの売り上げが伸びない!」「それどころか、毎日の作業に押しつぶされそう」といった悩みを持つ店長さんやショップの運営担当さんは数多くいらっしゃるはず。そこで彼らの声にじっくりと耳を傾けてみると、「集客」「決済」「ステップメール」「チャット」「多店舗展開」「倉庫・物流」の6つにポイントがあることが見えてきました。
儲かっているショップは、この6ポイントをよくよく見直し、ツールなどを使いながら、自動化・効率化しているのです。本特集は、悩めるショップの皆さんはもちろんのこと、サイトの制作に携わるWeb制作者の皆さんにも読んでいただき、一丸となって「売れるECサイトづくり」に勤しんでいただくための内容になっています。さあ、はじめましょう!

 【Introduction】中小ECサイト運営者が、今取り組むべき6つの施策
 手間のかかるSNSマーケティング、本気で取り組むならツールが役立つ
  プロが薦める最新デジタルツールレポート1:コムニコマーケティングスイート
 カード決済をしない顧客に最適な支払い方法を提供する「導線」を
  プロが薦める最新デジタルツールレポート2:Amazonログイン&ペイメント
 シナリオに沿って内容を変え、自動送信する「ステップメール」
  プロが薦める最新デジタルツールレポート3:アスメル
 【Column】中小のECサイトにこそ、マーケティングオートメーション導入を
 Webにおける「おもてなし」の接客を実現する「チャットツール」
  プロが薦める最新デジタルツールレポート4:Zopim
 モール間の管理・連携を自動化してくれるツールがすごい
  プロが薦める最新デジタルツールレポート5:ネクストエンジン
 使いやすく独自色の強い新しい物流サービスに注目を
  プロが薦める最新デジタルツールレポート6:オープンロジ

■ 集中企画:Adobe Animate CCの全貌とその戦略
 “Flash”がHTML5時代に生まれ変わった! リッチコンテンツ作成ツールの必要性を解説

リッチコンテンツツールとしてWebシーンの一時代を築いてきたAdobe Flash Professionalが約3年ぶりのメジャーバージョンアップを行い、2016年2月、その名称を「Adobe AnimateCC」として正式に公開されました。「なぜ、今、Flashをバージョンアップするのか」「何ができて、どのような需要に対応しているのか」など、その全貌と、これからの展望について解説していきます。

■ WD SELECTION
Prius I.D./relax×LEGACY『relax』特別復刊プロジェクト/ホンダオートテラス presents 中古車グランプリ/リベロジック株式会社/727看板物語/アニメ『ヒストリカル』/IJC MUSEUM IS JAPAN COOL ?/KPP 5th Anniversary Special Website/PS4「進撃の巨人」(Yahoo! JAPAN PR企画)/GIANT MINI4WD PROJECT/un-T factory! NAGOYA /NON-GRID Inc./SAVASミルク「よみがえれ、運動部魂! 部活ワザ選手権」

■ ビジネス・EC
 □ ECサイト業界研究
  ファーストタッチポイント:リピーター獲得のポイントは「ダンボール」にあり

 □ 月刊店舗設計
  ブランドショップAXES:細かな改善を積み重ね、売上を半年間で150%向上

 □ モバイルビジネス最前線
  monomy:日本のモノづくりを変える? 新スタイルのアクセサリー通販アプリ

 □ 知的財産権にまつわるエトセトラ
  動物が描くアート作品と著作権

 □ Bay Area Startup News
  ニッチな製品でも、世界には需要がある! クラウドファンディングで海外進出

■ マーケティング・プロモーション
 □ サイト改善基礎講座
  アクセスログに統計解析を用いてユーザー像を導く

 □ ハギハラ総研
  ネット利用時間という考え方はいずれなくなる

 □ デジタルプロモーションの舞台裏
  ど真ん中の商品訴求でビール・酒類商戦を勝ち抜く

 □ 行動デザイン塾
  “脳内カレンダー”活用のススメ

 □ 課題解決のためのUI実装講座
  ページ遷移をなくして離脱を防げ! 無限スクロールの活用方法

 □ 解析ツールの読み方・活かし方
  過去パターン依存から脱却し、新たな顧客層を掘り起こす

■ クリエイティブ・コラム
 □ ナビゲーターが選ぶ注目のデジタルコンテンツ
  [バズ施策]マス→ネットでバズらせる:引越し侍TVCM by 眞鍋海里
  [デジタルプロモーション]PR成功の黄金律:Intelligent Parking Chair by 築地 Roy 良
  [Webサービス]声で伝えるストーリー:Adobe Voice by 土屋尚史
  [IoT]本当に意味のあるものは、いつだってシンプルだ:Calender Watch by 神谷憲司

 □ モノを生むカイシャ
  シフトブレイン:本当の仲間たちとたどり着いた「働き方」の追求

 □ 清水幹太の「Question the World」
  褒めて褒めて褒めまくって、歴史を刻む:クレア・グレイヴス

 □ ツクルヒト
  「圏外」から伝えつづけるリアル:都築響一(編集者)

 □ 最果タヒの「詩句ハック」
  第22回 自動返詩

 □ デザインにできることMonologue
  Vol.147 2001年から旅して

 □ エキソニモのドーン・オブ・ザ・ボット
  人工知能は超知能、そして“悟り”へ‥‥。人間とBOTの対談も今月でログアウト!

■ インフォメーション
 □ Topics
  TABO/Japan Growth Hacker Awards 2016/Phantom 4

 □ Movement&News
  横尾芸術の本質は“ 引用” にあり「横尾忠則 迷画感応術」/「私」とは誰だろう? 世界と自分との新たな関係性を探る展覧会/玉木宏からピース又吉、メーテルまで! 展覧会は音声ガイドで選ぶ? ほか
  【2015年日本の広告費】連続増加の牽引役はインターネット広告、運用型広告はさらなる拡大/“ グロースハッカー”が語るカイゼンの極意/IBMとソフトバンク、Watson日本語版APIを提供開始 ほか

この記事を見た人はこんな記事も見ています