WD Online

Web Designing 2021年8月号

【コラム】バンドのMCから学ぶ心得 今号のお題 [ファシリテーション]

さまざまな方々に、それぞれの立場から綴ってもらうこのコラム。ひとつの「お題」をもとに書き下ろされた文章からは、日々の仕事だけでなく、その人柄までもが垣間見えてきます。

音楽や演劇など、人前で表現をするような活動をされている方は、往々にして司会やファシリテーションもうまい印象があります。

かく言う私も、学生時代から今に至るまでバンド活動をしてきているのですが、勉強会やイベントなどでファシリテーションをする時に、その経験が活きていると感じることがあります。そもそも音楽をやっている故の声量であったり、人前に出ること自体に慣れているという点も大きいですが、20年近い活動のうちに改善していったテクニカルな面もあります。

というのも、私は決して喋りがうまい方ではなく、むしろ精力的にバンド活動をし始めた頃は業界の偉い人に「曲はいいのにMCがダメ、ライブではあまり喋らないほうがいいよ」とまで言われてしまうような人間でした。そうは言われても、ライブでお客さんとの意思疎通をはかりたいという気持ちが捨てきれず、結局、下手ながらもMCをどうにか良くしようと四苦八苦し、今では場を和ませられることもあるくらいには話せるようになりました。

何が改善されたのか、特に体系立てて考えたこともなかったので、いくつか、「過去にやらかしていたこと」と「それに対して実践してきた改善策」を挙げてみたいと思います。

若い頃、自分は落ち着いたナチュラルなキャラでいきたいと思っていたのか、ライブでも地声でボソボソ喋ってしまっていました。今聞くと単純に聞こえづらいですし、思っていた以上にネガティブな印象を与えます。キャラかどうかは関係なく、前に立つ人間は思っている以上に「声のトーンを上げる」必要があります。そうすると自分がこの場を仕切っているんだ、という覚悟と意識が自分と周囲に伝わり、場が締まります。

また、場がもたないせいか、やたらとお客さんに話題を振る時期もありました。お客さんとの関係性もできておらず、盛り上がってもいないのに、お客さんの反応を待ってシーンとしてしまう、という気まずい状況です。たまにビジネスシーンでも見かけますが、場が温まっていなければ「むやみにオーディエンスに振らない」のが吉です。オーディエンスに場の行く末をゆだねるのは危険な賭けなので、そこには絶対に逃げない、という腹のくくり方が大事です。

昔の自分はとにかく独りよがりな進行もしていました。その場にいるオーディエンスのことを一切考えず、自分の用意した台本にただただ従い、さながら機械のようなMCでした。若いし経験もないから仕方ない部分もあるのですが、「オーディエンスの顔や仕草をよく観察する」ことが大事です。伝わっていなければ立ち止まるなど、状況に対応した人間らしい対応というのがあれば、卓越したトークスキルがなくても、多少はオーディエンスと繋がることができるはずです。ビジネスにおけるファシリテーションでも、場の些細な空気を感じ取り、フォローしたり舵切りをすることが大事です。

これらの改善策はほんの一例ですが、こうした細かいトライアンドエラーを繰り返してきました。正直、正解なんてないと思いますし、いつまで経っても満足は得られません。ですので、ファシリテーションに対してアドバイスを求められると、決まって「場数を踏むしかない」とだけ言ってきました。

今こうして細かい点をまとめてみても、結論は同じです。どれも場数を踏まないとよくならないので、苦手意識のある方は、一つでも多く実践の場を用意し、課題を一つずつつぶしていってみてはいかがでしょうか。

OnesView_sanpei.jpg
ステージで人前に立って、MCで場を仕切るという経験が、まさか仕事で役立つ日が来るなんて、あの頃はまったく考えていませんでした。MCが苦手だった僕も場数を踏み、いまとなってはオーディエンスともつながれるようになりました Photo:Airi Okonogi
OnesView_sanpei_il.jpg
ナビゲーター:三瓶亮
株式会社メンバーズ LXグループ所属。「UX MILK」編集長。プロデューサーとして、クリエイターの学びの体験(LX)にまつわるプロジェクトを複数手掛けています。前職はモバイルコンテンツのディレクター/デザイナー。三度の飯よりゲームとパンクロックが好き。 UX MILK:https://uxmilk.jp/ Twitter @3mp

掲載号

Web Designing 2021年8月号

Web Designing 2021年8月号

2021年6月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

Web会議がうまく進まないのには理由がある!ファシリテーションの鉄則

サンプルデータはこちらから

Web Designing 8月号(6月17日発売)特集

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

即効! 利益直結! 誰でもできる!

Web会議強化計画

【ファシリテーション入門】

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

会議前準備~会議中~会議後、有意義な会議をしたいあなた。
13のファシリテーションノウハウを知っておけば誰でもできます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

半ば強制的にテレワークやWeb会議の準備を整えた2020年。
そろそろオンラインを介したコミュニケーションには慣れてきた方は多いかと思います。
ただ、慣れてきたのはいいのですが、そこから新たな課題も生まれてきています。

「オンラインだと、言いたいことが伝わらない」
「オンラインだと、会議がうまくいかない」
「オンラインだと、商談もスムーズにいかない」

リアルで顔を合わせていた頃とは違い、明らかにやりとりの情報が制限されている環境の中、
なかなか望む結果に至らないとお悩みの方は多いのではないでしょうか。

その悩み、実は考え方とノウハウを知っていれば誰でも解消できます!
しかも、それにより結果的に会社やチームの業績アップにもつながるのです。

Web Designing 2021年8月号では、
最近話題に上がることも多くなった「ファシリテーション」の知識をベースに、
オンライン会議や商談、プレゼンテーションをより効果的に行うためのノウハウを伝授します。

会議前の準備から会議中の振る舞い、会議後の成果の活かし方まで、
時系列に沿ったよくある悩みに置き換え、Q&A形式で大事なポイントを押さえていきます。
このポイントをひととおりマスターすれば、オンラインのコミュニケーションはむしろ大きな武器になるはずです。


■内容
・「ダメ会議要素」を撲滅!
  空中分解
  ビッグワード
  消化不良
  ダンマリ
  面従腹背

・ファシリテーターの基本姿勢
  非日常性
  協同性
  民主性
  実験性

・「問い」の良し悪しが結果を決める
  足場の問い
  中心の問い
  まとめの問い

・「仕込み」8割、「さばき」は2割

・オンラインプレゼンテーションは「1スライド1メッセージ」が鉄則

・会議資料・議事録の作り方・共有方法

・ビジネスチャットでの進め方
など

この記事を見た人はこんな記事も見ています