安心・安全な商用CMS11:(7)SiteMiraiZ|WD ONLINE

WD Online

特集一覧 Web Designing 2021年4月号

安心・安全な商用CMS11:(7)SiteMiraiZ

「ecbeing」開発ノウハウを活かした多機能CMS

株式会社エートゥジェイ
https://www.sitemiraiz.jp/
価格:200万円~
導入実績:300サイト以上(東証一部上場企業多数)

1300サイト以上の実績を誇るECサイト構築パッケージ「ecbeing」を提供するソフトクリエイトホールディングスグループが販売・開発・サービス提供を担うCMSです。CMSとは別で契約することの多いMAやアクセス解析、Web接客機能を標準で搭載。SaaS型のため、機能は随時アップデート・追加されていきます。セキュリティも「ecbeing」同等の対策を施しており、安心してマーケティングに積極活用できます。

リード獲得までワンストップで実現

SiteMiraiZには、Webで成果を上げるためにさまざまな機能が標準で搭載されていますが、その中でも特筆すべきはMA機能。CMS単体で高クオリティの追客・接客を行うことができるため、他サービスを導入するコストを削減しつつ、リード獲得に取り組むことが可能です。マーケティング施策に臨むうえで、複数のサービスを利用しなければならないことは、コストや運用の面で負担の増加につながります。1つの製品でコンテンツだけでなくリードの管理までできる点は、大きなメリットになっています。

メールやメール開封有無といったシナリオ分岐をわかりやすいUIで設定できる
ユーザーが閲覧したページや滞在時間はもちろん、非会員であっても企業名や訪問回数が表示される
企業サイトのKPIとして設定される問い合わせフォームの入力率なども一目瞭然

企画協力 :株式会社エートゥジェイ

掲載号

Web Designing 2021年4月号

Web Designing 2021年4月号

2021年2月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

“新常態”での“新課題”を予防&対処するCMSの必須知識!

サンプルデータはこちらから

Web Designing 4月号(2月18日発売)特集

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「非接触ビジネス」で勝利する!
CMS 最新ノウハウ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

“新常態”時代のWebサイト運用には「多様なコンテンツ管理」と「セキュリティ」の意識が不可欠!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2021年に突入しても、未だ先行き不透明な“新常態”の現在。
直接的な接触を極力避けることを推奨される「非接触」前提の中、顧客とのタッチポイントとして
Webサイトの役割はますます高まってきました。

ひとえにWebサイトと言っても、PC、スマホはもちろん、さまざまなデバイスで情報を発信できるようになり、
コンテンツもテキストベースだけでなく動画やライブ配信など、さまざまな手段が主流になってきています。

そう言った中、コンテンツ管理システム(CMS)の重要度はますます高まります。
さまざまな手段で情報を受け取る顧客の状況に合わせて適切な情報を届け、それを管理するには、
CMSを上手に活用することが不可欠です。

また、
「Webサイトに異常が発生したけど、在宅勤務なので社内サーバにあるCMSが触れない!」
などなど。テレワークという新しい働き方は、新たな課題も生み出しています。

さらに今後、個人情報保護の意識も国を挙げて高まり、
一度不祥事を起こすと会社の存続に関わるほどのダメージを受ける可能性も大いに高まってきました。
社内サーバにアップデートしていないCMSを置きっ放しにして許される状況ではもはやありません。
早急に「セキュリティ」について整備しないといけない状況です。


本特集では、そんな「非接触時代のWebビジネス」を効果的に、そして課題も解決しつつ運用するための
“新常態”におけるCMS運用の必須知識を、「選択・導入・運用」「セキュリティ」「リモート体制」「動画」の側面から
見ていきましょう。

さらに、この“新常態”時代に安価・安心・安全な商用CMSも多々紹介しています。
みなさんの会社やお仕事の状況&条件に適したCMSを検討してみてください!


【おすすめピックアップ!】
●非接触ビジネスの最適解! 安心・安全な商用CMS11
●クラウド型&オンプレミス型 CMSのメリット・デメリット
●個人情報保護法改正の衝撃! CMSの最新セキュリティ
●動画・ウェビナーはCMSで効果的に仕掛けよう
など

この記事を見た人はこんな記事も見ています