WD Online

特別企画 [PR] Web Designing 2021年4月号

3つの安心で成果につながる「SiteMiraiZ」 Webサイトがビジネスを牽引する時代

株式会社エートゥジェイが提供する「SiteMiraiZ(サイトミライズ)」は、さまざまなECサイトの売り上げに貢献してきた充実のマーケティング機能と、堅牢なセキュリティがウリのCMSです。お客様の「よくあるお悩み」「陥りやすい課題」にこのCMSがどう応えているのでしょうか。今回は大きく3つの「お悩み」にフォーカスし、同社代表取締役社長 飯澤満育さんに伺いました。
Illustration●鈴木順幸

株式会社エートゥジェイ
https://www.atoj.co.jp/
CMS「SiteMiraiZ」やクラウドEC「メルカート」を使ったサイト構築提案を行う。コンテンツマーケティングや広告など構築後の運用支援も得意とする。
https://www.sitemiraiz.jp/

Q1・新常態でWebサイトをビジネスに活かしたいけど、具体的にどうすれば成果が出るのか…

A・充実の営業支援機能で、マーケティングをサポートいたします

往訪での営業活動が難しくなった昨今、Webサイトでの営業活動は必要不可欠です。しかし、ただ公開しただけでは成果が得られません。運用面はもちろん、集客やエンゲージメント向上などお客様とのタッチポイントとして十二分に機能させる必要があります。

SiteMiraiZは、メールマーケティングやWeb接客など、デジタルマーケティングをサポートする機能も豊富に搭載しております。基本的な企業情報に留まらず、Webサイトを新たな「営業拠点」として活用していくことをお考えの企業様に最適です。

AtoJ_01.jpg
 
AtoJ_03.jpg
さまざまなマーケティング施策をサポートする機能を搭載し、実施レポートをわかりやすく可視化。成果につながる継続的な改善を支えます。

Q2・CMSを導入したはいいけど、使いこなせるか不安…

A・「ワンストップ」体制で使い方からトラブル相談まで迅速に対応いたします

CMS構築だけでなくデザインやコンテンツ制作、保守運用、そしてデジタルマーケティングまでのワンストップ体制ですので、構築から運用に至るほとんどのトラブルやお悩みに対応できます。さらに、SEO、広告運用、コンテンツ制作といったマーケティング施策のお手伝いまで「一から十まで」お任せください!

AtoJ_04.jpg
 

Q3・情報システム部のセキュリティチェックが厳しいのですが、大丈夫ですか?

A・大手企業も太鼓判!情報漏洩を防ぐ強固な管理体制を敷いております

SiteMiraiZは専門のエンジニアが常にテスト・修正を行っているため、お客様はここに神経を遣うことなく安心してビジネスに集中できます。また、サーバはECサイトも運用可能なセキュリティ環境で管理され、アクセスは厳重に制限されています。セキュリティに厳しい企業様の要件にも十分にお応えしております。

AtoJ_05.jpg
 

Webビジネスで成果を出す7つの提案とSiteMiraiZでできること

鍛えられた機能性・安全性・運用力で、ビジネスを支えます

SiteMiraiZは、国内No.1シェアを誇るECサイト構築パッケージ「ecbeing」から生まれました。作業効率が重視されるEC業界からの要望に応え続け磨かれた機能性、機密情報を扱うためのセキュリティは大前提。マーケティングをサポートする機能も豊富です。SiteMiraiZはお客様の実現したいビジネスの目標を達成するための「基礎体力」になります。

AtoJ_06.jpg
 
AtoJ_a.jpg

企画協力:株式会社エートゥジェイ

掲載号

Web Designing 2021年4月号

Web Designing 2021年4月号

2021年2月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

“新常態”での“新課題”を予防&対処するCMSの必須知識!

サンプルデータはこちらから

Web Designing 4月号(2月18日発売)特集

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「非接触ビジネス」で勝利する!
CMS 最新ノウハウ

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

“新常態”時代のWebサイト運用には「多様なコンテンツ管理」と「セキュリティ」の意識が不可欠!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2021年に突入しても、未だ先行き不透明な“新常態”の現在。
直接的な接触を極力避けることを推奨される「非接触」前提の中、顧客とのタッチポイントとして
Webサイトの役割はますます高まってきました。

ひとえにWebサイトと言っても、PC、スマホはもちろん、さまざまなデバイスで情報を発信できるようになり、
コンテンツもテキストベースだけでなく動画やライブ配信など、さまざまな手段が主流になってきています。

そう言った中、コンテンツ管理システム(CMS)の重要度はますます高まります。
さまざまな手段で情報を受け取る顧客の状況に合わせて適切な情報を届け、それを管理するには、
CMSを上手に活用することが不可欠です。

また、
「Webサイトに異常が発生したけど、在宅勤務なので社内サーバにあるCMSが触れない!」
などなど。テレワークという新しい働き方は、新たな課題も生み出しています。

さらに今後、個人情報保護の意識も国を挙げて高まり、
一度不祥事を起こすと会社の存続に関わるほどのダメージを受ける可能性も大いに高まってきました。
社内サーバにアップデートしていないCMSを置きっ放しにして許される状況ではもはやありません。
早急に「セキュリティ」について整備しないといけない状況です。


本特集では、そんな「非接触時代のWebビジネス」を効果的に、そして課題も解決しつつ運用するための
“新常態”におけるCMS運用の必須知識を、「選択・導入・運用」「セキュリティ」「リモート体制」「動画」の側面から
見ていきましょう。

さらに、この“新常態”時代に安価・安心・安全な商用CMSも多々紹介しています。
みなさんの会社やお仕事の状況&条件に適したCMSを検討してみてください!


【おすすめピックアップ!】
●非接触ビジネスの最適解! 安心・安全な商用CMS11
●クラウド型&オンプレミス型 CMSのメリット・デメリット
●個人情報保護法改正の衝撃! CMSの最新セキュリティ
●動画・ウェビナーはCMSで効果的に仕掛けよう
など

この記事を見た人はこんな記事も見ています