WD Online

特別企画 [PR] Web Designing 2020年12月号

クライアントの世界観を建物やドメイン名にまで行き渡らせる Webサイトの構築・運用からドメイン名の選定までー注目の制作会社の視点を探る

京都を拠点にするエコノシスデザインは、Webサイトを中心に、幅広い領域のデザインを手がけている。同社がクライアントから支持される理由に、高いトータルブランディング力がある。どのようにしてブランド構築をしているのだろうか。ディレクターの木下裕司氏に話をうかがった。

企画協力:株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

クライアントの本質を見つけ出しトータルでブランディング

エコノシスデザインは、Webサイトだけに留まらず、ロゴやパッケージ、ときには建築物にまで関わるほど、トータルでブランディングを手がけている。そのブランド構築は、本質を見抜くことからスタートしていくという。

「ブランディングがうまくできない原因は、自社の強みや価値を整理できていないことにあります。我々は、クライアントや業界について調査し、商品やサービスを体感し、主観と客観両方の視点でアイデアを考え、それらの材料を基に会話をしていくことで本質を見つけていきます。その作業に多くの時間を割くので、『まだデザインに入らないのですか?』と言われることもあるほどです」

さらに心がけているのが「デザイナーのエゴでデザインを押し付けないこと」だ。

「重要なのは、トータルで見たときにユーザーがどういう印象を抱くかです。サイトを見て良い印象を与えても、実際の製品や店舗などとイメージがかけ離れていると、ギャップからマイナスの印象になってしまいかねません。クライアントの本質をきちんと捉えたうえで、その世界観が伝わる方法を考えて、効果的に具現化できるデザインを探るようにしています」

そうしたブランド構築力が発揮されたのが「松井アーキメタル」の案件だ。同社は、創業70周年を機に社名変更、本社の移転を行うことになった。エコノシスデザインでは、Webサイトなど広報物の制作はもとより、ロゴ制作、社名の提案、新工場を手がける建築家の紹介など、トータルでリブランディングを実施した。Webサイトは、松井アーキメタルの強みである職人や丁寧さをアピールするデザインにしたという。

JPRS_01.jpgJPRS_02.jpgJPRS_03.jpg
松井アーキメタル
建築資材の卸売りや、成形加工などを手がける松井アーキメタルのコーポレートサイト。長年に渡って京都でビジネスを展開してきた歴史ある企業だが、70周年を迎えたタイミングで社名も含めたリブランディングを実施。エコノシスデザインは、新社名の提案や、Webサイトやロゴなどの広報物の制作を担当。また、新しい工場建築に際して建築家を紹介するなど、まさにデジタルからリアルまで総合的にブランド構築に携わった。「社名の“M”と建築資材の形から着想を得た」というロゴデザインも秀逸だ

 “クライアントの世界観を表現”という点においては、「A.C.E.波多野一級建築士事務所」のリニューアル事例も秀逸だ。クライアントが設計する建築のように、5年後10年後に見ても古く感じられないサイトを制作。はやりの技術を使うよりも読みやすさを意識し、その分フォントやレイアウトなど細部には徹底的にこだわったところ、問い合わせ数が倍増した。

JPRS_04.jpg
A.C.E.波多野一級建築士事務所
京都を拠点に活動する一級建築士・波多野崇氏の事務所サイト。「家の建築を依頼する一般の方々にとって、建築士に問い合わせをするのはハードルの高い行為です。そのハードルを少しでも下げるために、デザインやコンテンツはもちろん、ドメイン名にも気を配りました」と木下氏。親しみやすいデザインで、「家づくり入門」という建築にまつわる疑問を解消するコンテンツも用意している

また、トータルでブランディングを行った神戸のバーベキュー場「KOBE WEST WINERY & BBQ」の事例では、楽しげな雰囲気をイラストで表現したり、食材のシズル感や賑わい感の撮影に長けた海外のカメラマンに撮影を依頼したりするなど、さまざまな手段を駆使してクライアントの世界観を表現している。

JPRS_05.jpg
KOBE WEST WINERY & BBQ
神戸ワイナリー内にあるバーベキュー場のWebサイト。こちらもWebサイトの他にビジュアルアイデンティティから各種広報物、パッケージデザインなどトータルでブランディングを手がけた。提案にあたり、日本中のバーベキュー場やターゲット層について調査し、膨大な量の資料を用意して話し合ったという。「実際に現地に行って確かめたいと思ってもらえるよう、説明をし過ぎないサイトにしました」と木下氏

 

ドメイン名もクライアントの世界観を表現する要素に

エコノシスデザインでは、ドメイン名を提案する際には、JPドメイン名を勧めるという。

「信頼感があり、日本をアピールできるからです。また、スタンダードなドメイン名であることで、訪問者に安心感を与え、きちんとしたWebサイトだという印象になるのではないかと思います」

さらに、状況に応じて「.co.jp」と「.jp」を使い分けているという。

「松井アーキメタルのようなBtoBや規模の大きい企業の場合は、企業らしさを押し出す『.co
.jp』が適していると思います。一方、A.C.E.波多野一級建築士事務所のように個人で活動している場合や、KOBE WEST WINERY & BBQのようなレジャー施設は、カジュアルさや親しみやすさのある『.jp』が合っているのではないかと思います」

つまり、ドメイン名もクライアントの世界観を表現する要素の一つだと捉えているのだ。

最後に今後の展望をうかがった。

「これまでも仕事の1割ほどは海外案件でしたが、今後はさらに割合を増やしていきたいです。そのため、外国人スタッフや海外生活経験のあるスタッフを増やしています」

数多くの“世界観”をデザインしてきたエコノシスデザインが、“世界”でどんな表現をしていくのか、楽しみだ。

JPRS_06.jpg
株式会社エコノシスデザイン 木下裕司氏
豊富な実績と知見を武器に、企業のブランディングをサポートするデザイン事務所。京都だけではなく、関西や東京、さらには海外にもクライアントを有する。スタッフの副業も奨励しており、それぞれが独自の働き方をしながらスキルを磨いているhttps://www.econosys.jp/

企画協力:株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

掲載号

Web Designing 2020年12月号

Web Designing 2020年12月号

2020年10月17日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

リモート時代に業務を加速させる![図解]ビジネスツールガイド・Microsoft Teams使いこなし小冊子付き!

サンプルデータはこちらから

Web Designing 12月号(10月17日発売)特集

8人のプロに聞く、Withコロナ時代に手放せない強力ツール
超図解!Webビジネス33ツール


あなたの会社にピッタリなツールが「素早く」見つかる!

年末から年明けに向けて今までの「新型コロナ」自粛で溜まり溜まった業務やノルマを、一気に巻き返さなければいけない企業は多いことでしょう。また、未だ収まりそうにない事態に不安のある中、動ける今のうちにしっかりと準備をしておきたいと考える会社、チーム、個人の方がほとんどだと思います。そこで大きく力になってくれるのは、デジタルをベースとしたツールやプラットフォームです。

しかし、すべての人にピッタリな「万能薬ツール」があるわけではありません。それぞれの業種やミッション、チーム&個人の状況により合う合わないがあります。できるだけ早い時間に、できるだけ時間的・人的コストをかけずに「最適なツール」を見つけ出せないものでしょうか。

そこで本号では、「自社に最適なツール」を素早く見つけ出すための選び方を紹介します。

「企画立案」「チームビルディング」「プロジェクトマネジメント」「制作」「解析」と、Web制作をはじめとしたデジタル施策の大筋の流れに従い、IT分野で活躍するプロフェッショナルにおすすめツールを理由とともに紹介していただきます。

ツールの機能やおすすめのシチュエーションなどを、ポイントを一言で簡潔に説明するので、じっくり読み込む必要はなく、誌面を眺めるだけで自然と自分(自社)に合いそうなツールが把握できます。

数あるツールに迷っている方、導入のために多くの関係部署や上司を説得しなければいけない方! 本号で意思決定→本格導入までをスピードアップさせてください!

●STEP1. プロジェクト運営×ツール <関係者の意思疎通をスムーズにしたい!>

●STEP2. 企画立案×ツール<アイデア出し・ブレストの質をあげたい!>

●STEP3. 設計&実装×ツール<共同作業の「二度手間」を無くしたい!>

●STEP4. 解析&改善×ツール<客観的&的確な判断材料が欲しい!>

●[16ページスペシャル!]一歩先ゆく「Adobe XD」使い方ガイド

【特別付録小冊子】
使いこなし度100%アップ!
Microsoft Teams 徹底活用ブック

知ればさらに生産性が上がるTips&連携ツール

リモート時代に企業での活用が目まぐるしく広がった「Microsoft Teams」を、さらに快適&効率的&生産的に活用するための「プラスα」を凝縮した小冊子です。

やりとりが効率化するTipsはもちろん、Teamsを活用したWeb会議にあると便利なマイクやカメラなどの周辺機器、Teamsを会社の代表電話にする!といったTeamsと連携できるツール紹介など知っていると確実に業務がはかどる情報を丁寧に解説しています!

この記事を見た人はこんな記事も見ています