WD Online

Web Designing 2020年10月号

【コラム】あの雰囲気を、どうにかする方法 今号のお題 [オンライン配信]

さまざまな方々に、それぞれの立場から綴ってもらうこのコラム。ひとつの「お題」をもとに書き下ろされた文章からは、日々の仕事だけでなく、その人柄までもが垣間見えてきます。

コロナ禍でオンラインイベントやウェビナーが劇的に増えました。私も最近では学生向けのオンラインワークショップや、「UX MILK」のオンラインイベントなどを主催しており、その難しさに日々悩んでおります。

なかでも大きな課題となっているのは、「なんとも言えない気まずい雰囲気」です。オンラインの場づくりはリアルとは全く別物で、いろいろと試行錯誤しています。そこで今回は、オンラインイベントの雰囲気づくりにおいて「これだけはやっておくべき!」と思われる3つのことについて、ご紹介します。

まず、1つ目は「イベントはきちんと段取る」こと。段取りの悪さ、だらしなさはリアルイベント以上に目立ちます。参加者の多くはそれぞれの環境でリラックスして臨んでいる分、運営の様子を冷静な目で見ています。そのため、私が心がけているのは、最低限のファシリテーションとタイムキープです。

今は何の時間で、参加者はどうすべきかを案内して、提示した時間通りに進行すること。時間が読めない場合は十分にバッファを設け、特に終わりの時間はきっちりと守るようにしましょう。その後の予定がある人もいますし、終わりがグダグダだと嫌な空気が生まれてしまうので注意が必要です。

2つ目は「お作法・ルールを明示する」こと。オンラインイベントで最も気まずいのは、参加者が集合するタイミングです。たとえばZoomで行われるウェビナーなど、参加者が入ってきた時の「何すればいいかわからない感」ってすごいですよね。

この戸惑いの正体の一つに、コミュニティごとの雰囲気やローカルルールの存在があると思っています。それ自体が悪いのではなく、その雰囲気やルールが明かされないまま進むと、必ずや身内ノリになってしまい、結果として参加者は戸惑いを覚えるものです。

私の場合、まずは入ってきてくれた人に挨拶をし、今はまだ準備中で何時から始まるよ、だとか、本編ではこういうことが起こるからそのための準備をしておいてね、などと参加者が置いていかれないような声がけを心掛けています。もしイベントでやってほしいこと、やってほしくないこと等があれば、始まるまでに繰り返しアナウンスするといいでしょう。

3つ目は、イベント開始前の案内がてら「軽いアイスブレイクを織り交ぜる」ことです。アイスブレイクというと、会が始まってから改めて時間を取ることも多いですが、人が集まり始めた時間を活用して、場を温めるようにしています。たとえばチャット機能を使ってほしければ、その説明がてら参加者に試し書きをしてもらうだけでもアイスブレイクになります。

「皆さん今日はどこからつないでますか? チャットしてみてください」と尋ねてみたり、飲み物を用意してくださいねといった流れで「皆さんの持っているドリンクを書いてください」と促してチャットが盛り上がったこともあります。最初は絵文字のみでも、「8888」と拍手させるだけでも違います。大事なのは、参加者がなんらかのアクションを取るタイミングを用意してあげる、ということかと思います。

オンラインの雰囲気づくりというのは、必ずしも参加者全員のカメラとマイクがONでないとつくりだせないわけではありません。テキストチャットが活発になり、それを参加者が確認できる状態でも、十分に和んでいくものです。

逆に、全員が同じタイミングで声を上げて笑うことが、必ずしもオンラインの盛り上がりを意味するとも限らないあたり、まだまだ、方法や考え方がありそうです。

OnesView_sanpei_01.jpg
オンラインでのイベント開催も増えてきて、自宅のデスクが着々と配信スタジオ化しています。機材やイベントの配信方法については、先日はじめて投稿したnoteにまとめてあるので、興味のある方はぜひご覧ください!
OnesView_sanpei_il.jpg
ナビゲーター:三瓶亮
株式会社メンバーズ LXグループ所属。「UX MILK」編集長。プロデューサーとして、クリエイターの学びの体験(LX)にまつわるプロジェクトを複数手掛けています。前職はモバイルコンテンツのディレクター/デザイナー。三度の飯よりゲームとパンクロックが好き。 UX MILK:https://uxmilk.jp/ Twitter @3mp

掲載号

Web Designing 2020年10月号

Web Designing 2020年10月号

2020年8月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

リモート時代に必須!ウェビナーからのリード獲得ノウハウ

サンプルデータはこちらから

Web Designing 10月号(8月18日発売)特集

[非接触][低予算][短期間]でリード獲得!
LIVE配信&SNS動画「これで確実!」テクニック

リアルイベントの中止、対面商談の自粛などが続く状況で、「お客さんと直接会えない」時代になっています。そんな中、オンラインでできるマーケティング活動が、存在感を増していますが、何からはじめればいいのでしょう。

「直接会いに行けないならリモートで」というのが真っ先に考えられる手段です。 本特集では、広く顧客にアプローチできる「ウェビナー(Webセミナー)」を活用し、売上につなげていくためのノウハウを初歩から説明していきます。

また、予算と時間が限られている中でも、目的に合わせて施策を設計することで、大きな効果を上げることができる「SNS動画広告」。その運用方法を改めてイチからやさしく解説します。

マーケティングに大きな変化が迫られているリモート時代。非接触・低予算・短時間でできる2つの顧客アプローチ戦略によって、ピンチをチャンスに変えましょう!

----------------------------------------


Feature1:ライブを通じて顧客とつながる「ウェビナー大作戦」
セミナーと何が違う? メリットは? これだけは知っておきたいウェビナー
顧客アプローチの目的設定とウェビナーの有効性
イチから始めるウェビナー。施策設計編、準備編、開催編、ツール・機材・環境編
ウェビナーにおけるZoom、Teams活用法
開催するだけで終わりではない! 売上につなげるためのアフターケア

【コラム】ECのライブ活用。ライブコマースの魅力と実力

Feature2:最低限の予算で最大限の効果を得る「“今はじめる”SNSでの動画広告」
最新データで読むSNS動画広告。マーケ施策の中での立ち位置と消費者の関わり方
SNS・メニューごとの特性・費用を知り、低予算でもできるプランを目的別で練る!
SNS動画プロモーションで効果を上げるための内容やタイミング
サービスやツールをフル活用! 早く安く広告動画をつくるための工夫

制作の視点:リモート時代の動画づくり

(※記事内容は変更になる可能性があります)

------------------------------------------
【こんな方にオススメ!】
■ ビジネスイベントは中止になるし、未来の顧客に直接会いにいくのが難しい
■ オンラインが重要なのはわかるけれど、どんな施策を実施すればいいのかわからない
■ いろいろなウェビナーが開催されているけれど、本当に効果はあるの?
■ ウェビナーを自社でやる場合、何から手をつければいいのだろうか…
■ SNSへ動画広告を出す際、低予算・短時間でも最大限の効果を出すノウハウを知りたい
■ 非接触がキーワードになった社会で、動画のつくり方がどう変わっていくのか知りたい

この記事を見た人はこんな記事も見ています