「AIサイネージで非接触操作&検温が可能に」「撮影なしで活用できる高解像度バーチャルモデルが登場」|WD ONLINE

WD Online

Topics! Web Designing 2020年10月号

「AIサイネージで非接触操作&検温が可能に」「撮影なしで活用できる高解像度バーチャルモデルが登場」

今号では、非接触で顧客接点をもつための施策として、ウェビナーやSNS動画広告を取り上げますが、あらゆる場面で非接触を実現するためには、テクノロジーが大きな役割を果たしています。ここでは、そんなトピックを2つ紹介します。

AIサイネージで非接触操作&検温が可能に

株式会社ティファナ・ドットコムが提供し、交通機関や商業施設などに設置されているAI接客システム「AIさくらさん」は、2020年4月に非接触操作機能、6月にサーモグラフィーによる検温機能に対応した。このバージョンアップにより、AIさくらさんが導入されたデジタルサイネージでは、前に立つだけで検温できるほか、手をかざすことで操作が可能になる。これまで搭載していた音声操作にも引き続き対応するため、画面に触れない形による操作手段が増えるとともに、感染症対策にも役立てられるようになった。

(編集部)各商業施設や店舗が新型コロナウイルスの感染拡大防止に努める中で、スタッフが来店客の検温を行う場面が見られます。そうした取り組みがAIで実現できることで、店頭での人員配置が不要になるため、感染リスクの面でもコストの面でもメリットがありそうです。

感染症拡大防止を意識したバージョンアップが実施されたAIさくらさんく
https://tifana.ai/

 

撮影なしで活用できる高解像度バーチャルモデルが登場

ストックフォトサイトを運営するイメージナビ株式会社は、AIが自動生成した人物画像の販売およびオリジナルモデルの生成を行うサービス「INAI MODEL」を6月より開始。AI開発を行う株式会社データグリッドの協力によって、従来の合成技術では困難だった、長辺4,200ピクセルの高解像度な画像生成が可能になっているという。イメージナビは、Web広告やポスターでの利用を想定しているほか、バーチャルモデルについて「契約期間を気にする必要がない」「歳をとらない」「スキャンダルのリスクがない」「撮影コストが削減できる」といったメリットを挙げている。

(編集部)昨今の状況では、なるべく撮影などの対面機会を減らしたい要望もあるでしょう。そういった意味では、バーチャルモデルをビジネス活用する需要も高まるかもしれません。肖像権がクリアである点も大きいです。

ストックフォトとして販売される画像の一例。オリジナルモデルのオーダーも受け付けている
https://imagenavi.jp/topics/inaimodel/

掲載号

Web Designing 2020年10月号

Web Designing 2020年10月号

2020年8月18日発売 本誌:1,560円(税込) / PDF版:1,222円(税込)

リモート時代に必須!ウェビナーからのリード獲得ノウハウ

サンプルデータはこちらから

Web Designing 10月号(8月18日発売)特集

[非接触][低予算][短期間]でリード獲得!
LIVE配信&SNS動画「これで確実!」テクニック

リアルイベントの中止、対面商談の自粛などが続く状況で、「お客さんと直接会えない」時代になっています。そんな中、オンラインでできるマーケティング活動が、存在感を増していますが、何からはじめればいいのでしょう。

「直接会いに行けないならリモートで」というのが真っ先に考えられる手段です。 本特集では、広く顧客にアプローチできる「ウェビナー(Webセミナー)」を活用し、売上につなげていくためのノウハウを初歩から説明していきます。

また、予算と時間が限られている中でも、目的に合わせて施策を設計することで、大きな効果を上げることができる「SNS動画広告」。その運用方法を改めてイチからやさしく解説します。

マーケティングに大きな変化が迫られているリモート時代。非接触・低予算・短時間でできる2つの顧客アプローチ戦略によって、ピンチをチャンスに変えましょう!

----------------------------------------


Feature1:ライブを通じて顧客とつながる「ウェビナー大作戦」
セミナーと何が違う? メリットは? これだけは知っておきたいウェビナー
顧客アプローチの目的設定とウェビナーの有効性
イチから始めるウェビナー。施策設計編、準備編、開催編、ツール・機材・環境編
ウェビナーにおけるZoom、Teams活用法
開催するだけで終わりではない! 売上につなげるためのアフターケア

【コラム】ECのライブ活用。ライブコマースの魅力と実力

Feature2:最低限の予算で最大限の効果を得る「“今はじめる”SNSでの動画広告」
最新データで読むSNS動画広告。マーケ施策の中での立ち位置と消費者の関わり方
SNS・メニューごとの特性・費用を知り、低予算でもできるプランを目的別で練る!
SNS動画プロモーションで効果を上げるための内容やタイミング
サービスやツールをフル活用! 早く安く広告動画をつくるための工夫

制作の視点:リモート時代の動画づくり

(※記事内容は変更になる可能性があります)

------------------------------------------
【こんな方にオススメ!】
■ ビジネスイベントは中止になるし、未来の顧客に直接会いにいくのが難しい
■ オンラインが重要なのはわかるけれど、どんな施策を実施すればいいのかわからない
■ いろいろなウェビナーが開催されているけれど、本当に効果はあるの?
■ ウェビナーを自社でやる場合、何から手をつければいいのだろうか…
■ SNSへ動画広告を出す際、低予算・短時間でも最大限の効果を出すノウハウを知りたい
■ 非接触がキーワードになった社会で、動画のつくり方がどう変わっていくのか知りたい

この記事を見た人はこんな記事も見ています